サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

皿と紙ひこうき(講談社文庫)
皿と紙ひこうき(講談社文庫) 皿と紙ひこうき(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277840-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

皿と紙ひこうき (講談社文庫)

著者 石井 睦美 (著)

陶芸家の小さな集落で育った高校一年生・由香の日常は、“かっこいい転校生がやってくる”という噂で急に騒がしくなる。だが、東京から来た転校生の卓也は、いつまでも周囲と距離をと...

もっと見る

皿と紙ひこうき (講談社文庫)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

皿と紙ひこうき

756(税込)

皿と紙ひこうき

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

陶芸家の小さな集落で育った高校一年生・由香の日常は、“かっこいい転校生がやってくる”という噂で急に騒がしくなる。だが、東京から来た転校生の卓也は、いつまでも周囲と距離をとり続けていた。由香が、卓也と初めて言葉を交わした頃、学校で血まみれのうさぎが見つかる。心の底に埋もれた甘苦い“あの頃”の物語。第51回日本児童文学者協会賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本児童文学者協会賞(第51回)】陶芸家の小さな集落で育った高校一年生・由香は、東京から来た転校生・卓也と同じクラスになる。だが卓也はいつまでも周囲と距離をとり続けていた。由香が卓也と初めて言葉を交わした頃、学校で血まみれのうさぎが見つかり…。【「TRC MARC」の商品解説】

陶芸家の小さな集落で育った高校1年生の由香。東京から来た、かっこいいけど無口な転校生と心は通うのか。思春期の機微を描く物語。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

都人パラシュート作戦

2016/09/09 06:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

やさしい文の裏に、深い文化的背景がこっそり書かれています。テクノクラート集落の女の子のお話ですが、その母親が、東京出身で、都人文化を地元文化の中に持ち込んでいる。

もともと、テクノクラートは、生産物の出来に合わせて文化を組み立てるので、子供の面倒を見なくていい男たちが、一日24時間/週7日仕事場に張り付いて技術を伝承している。一子相伝ですね。そこに、都人が母娘伝承と上昇志向を持ち込むと、一人娘とか賞状とかいった新しい価値観が入り込むので、出来上がりの質が落ちるし、対応を間違うと技術そのものが失われてしまう。特に陶芸とか、紙に書けない技術の伝承では取り返しがつかないことになる。

一方で、それぞれの集落には定員があって、例えば、皿山では12家族、親子3代として、70人強のスペースしか無い。で、東京からヒトが入ると、そのヒトのスペースを作るために、元いた地元民が出ていくんだけど、出てく先は、近くの都市か東京、つまり都人文化圏になってしまう。結果、内と外から、地元民集落の存続がおびやかされるって感じです。

あと、母親が都人文化の人だと、母親の影響で娘も地元民から微妙に浮いてしまう。で、親の地元文化に影響されて東京で浮いてしまうような子がいると、お互い気になる。ここから新しい中間文化が生まれるかもしれないし、都人文化に取り込まれるかもしれない。次のお話ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/22 11:27

投稿元:ブクログ

大分県日田市の山間部、陶芸一家の愛娘の健全な生活を営む日記。瑞々しい筆致。甘やかすぎない作風。
高校まで、バスで片道50分。その間も、親類の人生について考えを巡らせたり、詩集を読んだり。
高校一年生の少女の生き方に背筋を正されるものがある。少しぜひ再読したい。