サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

デカルト哲学(講談社学術文庫)
デカルト哲学(講談社学術文庫) デカルト哲学(講談社学術文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-292231-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デカルト哲学 (講談社学術文庫)

著者 小泉 義之 (著)

近代哲学の祖として知られるデカルト。彼が到達した高み、そして彼以後の近代哲学の歴史・通念を検討しながら、デカルト哲学を読み直す。現代的課題とも結びつけ、「賢者の生」を示し...

もっと見る

デカルト哲学 (講談社学術文庫)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

デカルト哲学

810(税込)

デカルト哲学

ポイント :7pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代哲学の祖として知られるデカルト。彼が到達した高み、そして彼以後の近代哲学の歴史・通念を検討しながら、デカルト哲学を読み直す。現代的課題とも結びつけ、「賢者の生」を示した醍醐味あふれる一冊。〔「デカルト=哲学のすすめ」(1996年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

デカルトといえば、「我思う故に我在り」。西洋近代哲学の生みの親、というのが通り相場です。とにかくすべてのものを疑ってみる。いかにもありそうなものも、じつは私が邪悪な神によってそう思い込まされているだけかもしれない。この徹底的な懐疑(=方法的懐疑)によっても、どうしても疑いえないものがある。それは、今そう考えている私は存在するということだ。おおざっぱにいえば、これが「我思う、ゆえにわれあり」で、これがたしかに近代哲学の出発点になりました。
しかし、デカルト哲学の魅力は、そのような教科書的な知識にあるのではない。
著者は、主著『省察』を中心に丁寧に読み解きながら、デカルトの思考の意味を析出していきます。そこには、世俗道徳を脱し、最高善を求める、孤高の哲学者のすがたが浮き上がってきます。
戦争、宗教、病気といった、きわめて今日的な課題も、おのずからデカルト哲学の思索と重なり合っていく。そのあざやかな展開は、まさに、哲学をすることの最良の果実といえます。【商品解説】

目次

  • 序章 思想を捨てる
  • 第一章 離脱道徳――精神的生活と世俗的生活
  • 第二章 懐疑――世俗的生活からの脱落
  • 第三章 死にゆく者の独我論
  • 第四章 哲学者の神
  • 第五章 最高善と共通善――善く生きること
  • 終章 魂の不死、私の死

著者紹介

小泉 義之

略歴
1954年、札幌市生まれ。1988年、東京大学大学院博士課程退学。現在、立命館大学教授。専攻は、哲学、倫理学。主な著書に、『兵士デカルト』(勁草書房)、『ドゥルーズ哲学』(講談社現代新書)、『弔いの哲学』『生殖の哲学』(河出書房新社)、共著に『ドゥルーズ/の現在』(平凡社)など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読みやすい哲学入門書

2014/05/29 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:turkey - この投稿者のレビュー一覧を見る

哲学あるいはデカルトの思想について知りたい人の入門書。
平易な文章で記されていて読みやすい良書。
4点つけてもよかったのですが、個人的に(本書で著されている限りの)デカルトの思想内容にいまひとつ共感しきれなかったので、1点減点させてもらいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する