サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 「あまちゃん」はなぜ面白かったか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「あまちゃん」はなぜ面白かったか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/27
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390060-5
  • 国内送料無料

紙の本

「あまちゃん」はなぜ面白かったか? (本音を申せば)

著者 小林 信彦 (著)

個人主義に徹する作家はひとり社会を観察し続け、面白いものを見逃さない…追悼や読書も。「週刊文春」連載単行本化第16弾。【「BOOK」データベースの商品解説】「あまちゃん」...

もっと見る

「あまちゃん」はなぜ面白かったか? (本音を申せば)

1,890(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

個人主義に徹する作家はひとり社会を観察し続け、面白いものを見逃さない…追悼や読書も。「週刊文春」連載単行本化第16弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

「あまちゃん」の年2013年。大事な人は亡くなり、時代は停滞しているけれど、たまには楽しい日々もあるさ…。時代を観察し続ける小林信彦による、『週刊文春』連載のクロニクル(年代記)的時評を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

たまには楽しい日々もあるさ。好評連載第16弾

「あまちゃん」の年2013年。それ以外にも映画も本も面白いものは無数にあった。大事な人は亡くなり、時代は停滞しているけれど。【商品解説】

著者紹介

小林 信彦

略歴
〈小林信彦〉1932年東京生まれ。早稲田大学文学部英文学科卒業。翻訳推理小説雑誌編集長を経て作家になる。「日本の喜劇人」で芸術選奨文部大臣新人賞、「うらなり」で菊池寛賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/21 04:30

投稿元:ブクログ

 小林信彦の「週刊文春」連載エッセイ16度目の単行本がかかげる『「あまちゃん」はなぜ面白かったか?』(文藝春秋 刊)なるこれ見よがしの書名は、“羊頭狗肉” とまで決めつけはしないまでも、看板に何やらうさん臭さが感じられる。2013年分およそ50回の連載中、NHKの高視聴率ドラマ『あまちゃん』を見出しにかかげた回はわずか3回のみ。たったこれだけで上記の書名はいくらなんでも、ヒット商品誕生秘話のたぐいをやたらと読みあさるビジネスマンを釣り上げてやろうという水増し商法とさえ思える。
 とはいえ私は上の見解を、否定的感情とともに書いているのではない。むしろ、小林御大と文春の編集者に対して「あいかわらずお人の悪い方たちだ」という微苦笑とともに、俗世間に差し向けたサディスティックなユーモアとして受け止めているのである。このタイトルを思いついた編集子を前に、小林御大が屋形舟の上でイヤらしい笑顔を浮かべつつ、「おぬしもワルよのう」とのたまわっているのが目に見えるようである。
 「小林信彦があまちゃん本を出したぞ」と早合点して本書をレジに運んだ人たちは、期待を大いに裏切られるだろう。じつを言うと『あまちゃん』に関する記述は、本書のなかで最も精彩を欠いた部分でさえある。獅子文六への参照が、多少なりとも大御所の知恵を醸してはいるが…。しかしきょうびのインターネット時代では、この程度の感想・分析はあまたのブログ等でいくらでも読める。

 その代わり、福島原発の収束不能への不安と焦燥、東京オリンピック招致への違和感、安倍政権による「戦後レジームからの脱却」に対する怒り、大島渚の死(同年生まれ)のショック、宮崎駿『風立ちぬ』に対する擁護etc.、小林信彦らしい堂々たる真っ当さが貫かれている。誰もがお気軽に戦後民主主義の限界を揶揄して得意になっている現代にあって、もはや貴重な書き手であると言わねばならないのは残念なことである。
 そしてなんと言っても、健在の毒舌ぶり。「アメリカのコメディアンたち」という回では、こう書かれている。「ジェリー・ルイスは若さと服の着こなしが良いだけの、つまらないコメディアンだった。(中略)…ジェリー・ルイスはひとりで〈底抜け映画〉を演じつづけたが、六〇年代後半から人気が下り坂になり、一部のフランスの映画批評家だけが高く評価していた。ぼくは『底抜け大学教授』(六三年)あたりで観るのをやめた。」

2014/07/23 09:26

投稿元:ブクログ

古い映画の話が諾々と続いてて辟易とするのだが、辛抱強く文字を追うだけの形で読み進める。2013年は結局「あまちゃん」の年だった。それだけは記憶に収まる。

2014/06/01 17:38

投稿元:ブクログ

「週刊文春」に連載中のエッセイ第16弾。
これで2013年は「あまちゃん」の年であったことが後世にも残るであろう。

2014/08/08 22:52

投稿元:ブクログ

タイトルにつられて手にしたけど、「週刊文春」連載の「本音を申せば」をまとめたもので、本作が16冊目なのだそうだ。初めて読んだ。
小林信彦の映画や文芸ものを評する力量は飛び抜けている。
「あまちゃん」の成功は、音楽の使い方と音楽が分かっている人間が制作に携わっていたからだとする分析はさすがだ。

2014/09/26 15:15

投稿元:ブクログ

映画や芸能一般に精通していて、毎年刊行されているらしい。
次回から読みたし。
でも存命だったやなせたかしや、青島幸夫をともラジオ局で合ったとか…。著者も80を過ぎているとのこと。
まだまだ元気で執筆を続けてほしい。

夫婦の醍醐味?は”あそこのパカっと開けたとこに入ってるあれとって”といのも通じるところだってところに納得。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【たまには楽しい日々もあるさ。好評連載第16弾】「あまちゃん」の年2013年。それ以外にも映画も本も面白いものは無数にあった。大事な人は亡くなり、時代は停滞しているけれど。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む