サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

利休の茶杓
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390065-0
  • 国内送料無料

紙の本

利休の茶杓 (とびきり屋見立て帖)

著者 山本 兼一 (著)

五十本の茶杓の中に一本だけあるという、「ほんまもん」の利休の茶杓。はたしてゆずは目利きできるのか―?道具屋若夫婦の奮闘を描く“はんなり”系時代小説「とびきり屋見立て帖」シ...

もっと見る

利休の茶杓 (とびきり屋見立て帖)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

五十本の茶杓の中に一本だけあるという、「ほんまもん」の利休の茶杓。はたしてゆずは目利きできるのか―?道具屋若夫婦の奮闘を描く“はんなり”系時代小説「とびきり屋見立て帖」シリーズ第四弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

50本の茶杓の中に1本だけあるという「ほんまもん」の利休の茶杓。はたしてゆずは目利きできるのか…。全6編を収録した、“はんなり”系時代小説第4弾。『オール讀物』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

新撰組や憂国の志士が闊歩する幕末の京都。若夫婦の真之介とゆずは、その地で道具屋「とびきり屋」を営んでいる。ある日真之介は道具の競り市で「茶杓箪笥」を買って店に持ち帰った。「茶杓箪笥」はその名のとおり茶杓を収める箱で、仕切りに一つずつ茶杓が収められていたが、一つだけ中が空いているものがあった。そこにあるべき茶杓をめぐり、新撰組の芹沢鴨、茶の湯家元の若宗匠、もとの「茶杓箪笥」の持ち主、そしてゆずの間で騒動が持ち上がる。 そこにあるべき茶杓はあの利休居士のものというが、真相は? 物を見立てる不思議と喜びを描く「とびきり屋見立て帖」、惜しくも急逝した著者が遺したシリーズ第四弾。表題作を含めた傑作連作短篇6本を収録。【商品解説】

収録作品一覧

よろこび百万両 5−45
みやこ鳥 47−88
鈴虫 89−125

著者紹介

山本 兼一

略歴
〈山本兼一〉1956〜2014年。京都市生まれ。同志社大学文学部及び芸術学専攻卒業。「弾正の鷹」で小説NON短編時代小説賞、「火天の城」で松本清張賞、「利休にたずねよ」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (11件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

骨董を扱うお店のほのぼの時代小説

2015/08/29 10:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

けっこうおもしろかった。なぜ経験ない若夫婦のところにこんなに高価な器が来るのかとか、何でもうまくまとまりすぎとか、思うところがないでもないが、そういった甘さは小説の中のお約束と割り切るべきなのだろう。そこに目をつむれば、なかなか楽しい作品。茶碗や自在などの骨董に関する薀蓄も過度ではなく適当に入っていて、うなずきながら読める。
ただ、一般庶民の、しかも女のゆずが、桂小五郎と対等に話している場面などはさすがにちょっと白ける。この雰囲気の話に、別に幕末の著名人は出さなくてもいいのでは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/15 12:36

投稿元:ブクログ

シリーズ第4弾。
魅力的なお道具の数々を、ゆずたちとともに味わった気持ちになれる。
最後はほっこりするので、読んでいて心地がいい。
順調なからふね屋だが、政治では対立が明らかに。
筆者の死去でこれがシリーズラストに。
この先も読んでみたかった。

2014/06/10 19:13

投稿元:ブクログ

「とびきり屋見立て帖」第4弾。
表題を含む短篇6本。
著者が急逝したため、ゆずと真之介らとびきり屋の面々や、幕末の志士たちとの絡みが見届けられなくて残念。

2014/08/10 17:42

投稿元:ブクログ

古道具の薀蓄が興味深く、真之介と、ゆずのラブラブっぷりも良い感じです。
幕末の情勢が剣呑になってきて、今後の展開が気になるだけに・・・・残念です。

2014/10/22 19:28

投稿元:ブクログ

好きなシリーズだっただけにもうからふねやの面々に会うことができないのだなぁと思うと、寂しい。
仕方のないことだけど、もっと続きが読みたかっただけに残念…。

2014/08/23 00:35

投稿元:ブクログ

山本兼一さん亡くなったんだよね。
このシリーズ好きだったから残念。
しかし、この話に出てくる芹沢鴨はいいとこなしだなぁ。

2014/07/18 04:44

投稿元:ブクログ

読み終わってしまった。。。

1~3巻目で基礎固めが終わったところ。よろず道具屋から、ほんとに良いものだけを扱う本物の道具屋へと生まれ変わった、とびきり屋。そして長州が攘夷派の三条実美と共に都落ち、京の町がいよいよ幕末に向けてと大きく動き出していく。でも、この巻で終了???
最終話が表題「利休の茶杓」というのも、代表作「利休にたずねよ」を想起させ、あぁ、これで終わり、とも思わせる・・

が! どこにも最終巻とは書いてない。巻末のお話は2013年12月の「オール読物」に連載されたもの。翌14年2月に作者が急逝したが、連載に向けて残した原稿があるのかもしれない。年に3,4本ほどのペースの連載だから、1巻分の6話は残ってないかもしれないけれど、なんらかの形で読んでみたいものです。

ゆずの母親との確執も解決してないし、この巻で番頭と女子衆との結婚話も浮上する。その番頭伊兵衛には、なにやら過去がありそうなので、スピンオフ的なエピソードも今後書けそうでもある。
もちろん、幕末に向けて、薩長同盟なんて大事件も待ち構えているのだから、長州をサポートしている、とびきり屋は、きっと大忙しとなるはず。いろいろ、あれもこれもと描いて欲しい背景が浮かんでくる。

読み進むにつれて楽しさが増してきただけに、ホント、惜しいなぁ。。。。

2016/10/02 21:28

投稿元:ブクログ

山本兼一さんを初めて知ったのは「利休にたずねよ」でした。
その時にお茶の世界の奥深さ、利休の考える美、に惹かれました。

この作品は、茶道具が好きで茶道具の販売をしている夫婦が、お店に持ち込まれた道具から引き起こされる事件を解決していくお話。
茶道具を愛でる夫婦の言葉の端々、夫婦が周りの人に対して愛情深く接する姿勢に、ほっこりしました。

2015/11/14 14:51

投稿元:ブクログ

とびきり屋第4作。夫婦の二人も店のみんなもどんどん良くなってきたのに最終巻となってしまったのは残念。

2015/03/22 21:27

投稿元:ブクログ

幕末にさしかかった頃の京の道具屋を切り盛りする夫婦の話。新撰組の近藤勇屋芹澤鴨が来店し何かと厄介事を押し付けてくるが、そんなスパイスがないとしまらないほどのほんわかした雰囲気で占められている。江戸時代だと戦国のようなスケール感やスペクタルや切れ味がないなぁ~。

2014/07/30 08:25

投稿元:ブクログ

とびきり屋見立て帖シリーズ4弾 ゆずと真之介夫婦がほほえましくしている姿が好きで読み続けていましたが もう続編を読めないなんて残念です。山本さんのご冥福をお祈りします。

2016/06/09 19:31

投稿元:ブクログ

もっと読みたいシリーズだった。作者の知識が豊富で興味深かったし、幕末の京都の市井の人々の暮らしぶりがイキイキと描かれていて楽しかった。作者の急逝を残念に思う。ご冥福をお祈りします。

2016/09/03 12:05

投稿元:ブクログ

妹より譲受本。 
とびきり屋見立て帖 シリーズ
私は時代物はあまり読まないですが、妹からくるこの本は好きです。

夫婦仲がよい真之介さんとゆずさん、そして奉公人さん達の成長も描かれていました。

作者の急逝が残念ですし、もう次が読めないと思うと残念です。
ご冥福をお祈りします。

2016/07/31 21:07

投稿元:ブクログ

新撰組や憂国の志士が闊歩する幕末の京都。若夫婦の真之介とゆずは、その地で道具屋「とびきり屋」を営んでいる。ある日真之介は道具の競り市で「茶杓箪笥」を買って店に持ち帰った。「茶杓箪笥」はその名のとおり茶杓を収める箱で、仕切りに一つずつ茶杓が収められていたが、一つだけ中が空いているものがあった。そこにあるべき茶杓をめぐり、新撰組の芹沢鴨、茶の湯家元の若宗匠、もとの「茶杓箪笥」の持ち主、そしてゆずの間で騒動が持ち上がる。 そこにあるべき茶杓はあの利休居士のものというが、真相は? 物を見立てる不思議と喜びを描く「とびきり屋見立て帖」、惜しくも急逝した著者が遺したシリーズ第四弾。表題作を含めた傑作連作短篇6本を収録。

2014/12/30 10:32

投稿元:ブクログ

単行本のタイトルになった「利休の茶杓」よりも「ものいわずひとがくる」の方が面白かった。このタイトルが1から10までの符牒に使えるくだりもシャレている。