サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 壊滅騎士団と捕らわれの乙女 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 2(一迅社文庫アイリス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 一迅社
  • レーベル: 一迅社文庫アイリス
  • サイズ:15cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7580-4562-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 2 (一迅社文庫アイリス)

著者 伊月 十和 (著)

黒十字騎士団団長ヴィンセント王子の屋敷に滞在中の田舎貴族の娘フィーリア。ある日、姉の結婚を知った彼女は、贈り物をしようと働くことを決意!折よく、フィーリアを愛するあまり、...

もっと見る

壊滅騎士団と捕らわれの乙女 2 (一迅社文庫アイリス)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

壊滅騎士団と捕らわれの乙女: 2

540(税込)

壊滅騎士団と捕らわれの乙女: 2

ポイント :5pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「壊滅騎士団と捕らわれの乙女 2」が含まれるセット商品

商品説明

黒十字騎士団団長ヴィンセント王子の屋敷に滞在中の田舎貴族の娘フィーリア。ある日、姉の結婚を知った彼女は、贈り物をしようと働くことを決意!折よく、フィーリアを愛するあまり、誘拐犯の城を破壊したり、騎士団に厳重な警護を命じるヴィンセントはいない。早速行動したのだけれど―。私がヴィンセントの気を引こうと、わざと事件に巻き込まれてるって、勘違いだから!!一途すぎる王子の大迷惑な溺愛ラブコメディ第2弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

黒十字騎士団団長ヴィンセント王子の屋敷に滞在中の田舎貴族の娘フィーリアは、結婚する姉に贈り物をしようと働くことを決意。彼女を愛するあまり、誘拐犯の城を破壊するヴィンセントが不在中に行動したのだけれど…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

また攫われてるよ

2016/05/02 01:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全然素直にならず、逆にとんでもない口の悪さでフィーリアを怒らせるヴィンセントは相変わらずです。そしてまたもや攫われてしまうフィーリアも。
攫われた先の扱いが良すぎて太ってしまったというのが笑えますが。
クロッシアが建物の外観から中の見取り図を描き起こせるという才能を発揮し、フィーリア救出作戦に貢献しますが、この人も相変わらず、お嬢様より建物!気持ちがいいくらいぶれない趣味一筋の男。いっそすがすがしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/01 20:10

投稿元:ブクログ

相変わらずのヴィンセントですが、フィーリアの前では憎まれ口を叩くのに、フィーリア以外のところではフィーリア一筋なんですよね。なんでもっと甘い言葉が吐けないだろう。

フィーリアも外側から固められている感じはしますけど、ヴィンセントがもしかしたら自分のことをほんとに好きなのかも?くらいには思ってきたみたいなんだし、「残ったらもらってやる」みたいな言い方をしないで普通にプロポーズしたら、もっと先に進めそうなんですけどね。

さて、今回もフィーリアは攫われてますが、攫った相手はヴィンセント信者みたいなもので、フィーリアはわずか数日で太るくらいVIP待遇でした。そんな生活してるとは思っていないヴィンセントはもんもんと救出作戦を練ってましたんで、突然現れたあと、あれ?今回は普通に脱出?って思っていたら、やっぱり彼らしい脱出してました。ホント魔王です(^.^)

家に帰ってから信者の印がないかを確認させてやるとフィーリアに言われて、珍しくうろたえるヴィンセントはなんかかわいかったです。フィーリアが攻めてたじたじのヴィンセントをもっと見たかったりして。

それにしてもカラーイラストのシーンはなかったなぁ。
ヴィンセントの服装から、舞踏会のときだとは思うんですけど、このときは大げんかの上、ヴィンセントの求婚?をフィーリアが断ってたし、うーん、ヴィンセントの妄想でしょうか。
ちょっと残念でした。

2014/08/21 15:22

投稿元:ブクログ

今回も、かなり屈折した愛情表現をしてくれるヴィンセントの溺愛っぷりと、それに気がつかず反発するフィーリアとの掛け合いが、楽しい作品となっております。
タイトルを忠実に、今回も捕われてくれるわかりやすい展開。とはいえ、続刊に続く布石な一面があるため、ラブ面などの読後の満足度はちょっと低め。
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3833.html

2014/06/23 16:16

投稿元:ブクログ

フィーリア頑張れ(笑)もうヴィンセント他から離れられると思ったら大間違いだよね。今回ので新たな護衛集団までもがフィーリアに付いてしまったし。そういや、扉絵みたいなシーン無かったよね。ヴィンセントやったね!と思いながら読んでたけど、あれってヴィンセントの妄想?(笑)