サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発売日:2014/05/01
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/238p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601805-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫)

著者 青木 祐子 (著),11 (イラスト)

「助手求む。内勤・外勤・特殊業務あり。髪は茶色、目は黒が望ましい。クレセント私設事務所所長L・C」。19世紀、ロンドン。とある事情で求職中だった少女マイアは、新聞に載って...

もっと見る

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。

486(税込)

八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。

ポイント :4pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「助手求む。内勤・外勤・特殊業務あり。髪は茶色、目は黒が望ましい。クレセント私設事務所所長L・C」。19世紀、ロンドン。とある事情で求職中だった少女マイアは、新聞に載っていた求人広告に応募した。奇妙な理由で採用されたマイアだったが、そこはレヴィン・クレセントと名乗る、黒髪碧眼の美青年貴族が経営する謎めいた探偵事務所で…?ヴィクトリアン・ミステリー!【「BOOK」データベースの商品解説】

19世紀、ロンドン。元メイドの少女マイアは、新聞に載っていた求人広告に応募した。奇妙な理由で採用されたマイアだったが、そこはレヴィン・クレセントと名乗る、美青年貴族が経営する謎めいた探偵事務所で…?【「TRC MARC」の商品解説】

【内勤・外勤・特殊業務あり/掃除・料理・洗濯・縫い物等、出来る方歓迎】。ロンドンで求人広告に応募した少女マイア。そこは黒髪碧眼の美青年が経営する私設事務所で? ヴィクトリアン・ミステリー!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/09 17:20

投稿元:ブクログ

前作「ベリーカルテットの事件簿」の姉妹編。
今作の主人公はとある事情で休職中の少女マイア。新聞広告に載っていた求人広告に応募したけれど、その採用基準はかなり変わっていた。骨格!?特殊常務??採用されたクレセント私設事務所で助手として働き始めたマイアは事務所の所長である美青年貴族レヴィンと共に依頼を解決しようと動き始めるが・・・。

著者あとがきから、ベリーカルテットを書いていた時期に思いついたとあったので時間軸は一緒ですし、某小説家探偵ロイの名前も出てきました。あっちが表なら、こっちは裏。読んでみて納得しました。あっちも面白いけれどこっちもなかなか面白かったです。2話収録されています。マイアとレヴィンの2人の方が事件に対して活発に動いてる気がしました(笑)特にマイアは忙しそう。変装したり、事件に関係してる屋敷とか場所を訪れたり。
これは続編出るのかな?それとも次回作は新しいシリーズなのかしら??どうなんだろう。。。

2014/05/09 08:26

投稿元:ブクログ

ベリーカルテットが表でこちらが裏というのに納得。キャラクターはこっちのほうが好みかな。どっちも平行して続いてくれれば嬉しいです

2014/10/14 00:14

投稿元:ブクログ

ヴィクロテ以外ののお作の中では一番おもしろかったかな?
ヒロインのマイアがしっかりしてるのに爽快な性格で
読んでいてスカッとします。

青年貴族レヴィンの探偵事務所に助手として
採用されたマイア。

以前の勤め先で主の息子と恋に落ち、捨てられてしまった
彼女は、なんとなく胡散臭いと思いながら、貴族の令嬢が
持ち込んだ失恋を晴らす依頼のため、令嬢の替え玉を
演じ…。一件落着のあとは元の勤め先で持ち上がった
騒動を収めます。

現実的で、でも女の子らしくて、なよなよしていないマイア。
聡明な女の子が自力で事件の謎を解いて行くのが爽快です。

レヴィンはこういう感じの青木さんのお話によく出てくる
美貌の男性。対等にマイアにモノを言うのがいいですが。
さて、今後彼らはどんな恋模様を描くのでしょう。

シリーズ化が前提だと思うので楽しみです。

2014/06/29 17:35

投稿元:ブクログ

読み切りで二話入ってます。ヴィクトリア朝末期、勤労少女、探偵事務所、変わりものの美青年貴族、といろいろ詰め込んでみました。強気な女の子はけっこうひさしぶりです。
(後書きから抜粋)

探偵貴族は裏から仕掛ける仕置き人的な方向の探偵
http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3730.html

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む