サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

双薔薇の匣(花丸文庫BLACK)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: 花丸文庫BLACK
  • サイズ:15cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-85122-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

双薔薇の匣 (花丸文庫BLACK)

著者 藍生 有 (著),笠井 あゆみ (イラスト)

村の敬虔な神父であるビオラは、夜ごと悪魔に犯されるという淫夢に悩まされ続けていた。ある晩、貴族の放蕩息子・ルーフスが殱悔のため教会を訪れる。告白を真面目に聞くビオラを、ル...

もっと見る

双薔薇の匣 (花丸文庫BLACK)

710(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

双薔薇の匣【イラスト入り】

710(税込)

双薔薇の匣【イラスト入り】

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「双薔薇の匣」が含まれるセット商品

双子シリーズ (花丸文庫BLACK) 9巻セット(花丸文庫BLACK)

双子シリーズ (花丸文庫BLACK) 9巻セット

商品説明

村の敬虔な神父であるビオラは、夜ごと悪魔に犯されるという淫夢に悩まされ続けていた。ある晩、貴族の放蕩息子・ルーフスが殱悔のため教会を訪れる。告白を真面目に聞くビオラを、ルーフスは強引に組み敷いて犯した。罪を激しく後悔するビオラの元へ、巡回の神父サフィルスがやって来る。サフィルスはなんと、ルーフスとまったく同じ顔かたちをしていた。実はルーフスとサフィルスは双子の淫魔で、1人前となるために「器」であるビオラが必要なのだと言う。2人は交互に、時には一緒にこの世のものとは思えない快楽をビオラの体へ植えつけるが…!?【「BOOK」データベースの商品解説】

敬虔な神父ビオラは、教会の懺悔室でルーフスに犯される。後悔するビオラのもとへやって来たのは双子の淫魔サフィルス!【「TRC MARC」の商品解説】

敬虔な神父のビオラは、教会の懺悔室で貴族の放蕩息子・ルーフスに犯される。
罪を犯し後悔するビオラのもとへやって来たのは、ルーフスと同じ顔をした神父・サフィルス。我々は双子の淫魔と言い…!? 2014年5月刊【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

神父受け

2016/03/20 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どんぐり - この投稿者のレビュー一覧を見る

双子シリーズ
今回の受けビオラは敬虔な神父さま。

中世風なので神や悪魔、迷信のたぐいが、現実だった時代。
国の外れののどかな農村で、捨て子のビオラは先代の神父さまに『性欲は罪である』と教えられ育てられた。
なので、二十歳になっても自分でしたのも数回、それどころか罪悪であると考えているビオラが、犯され歓喜してしまうところが、今回のポイントでしょうか。

双子がビオラを抱く理由が、ちょっとご都合主義かなと。それでも愛があるようだし、何よりビオラがOK出しているので、良しとします。

見どころ(読みどころ)は、二輪の薔薇の使い方。
あれも二輪差しっていうのかなぁ…
どこに差したのかは読んでみて下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

粗野攻・敬語攻×天涯孤独美人受の3P

2015/10/30 07:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

秋の笠井あゆみさん挿絵祭にて購入。
うーん。ひたすらヤっているほぼエロオンリー小説なのはよいのですが、特にひきこまれることもなく、イラスト目当てで途中で読み飛ばしながら読みました。
表紙みたままの3Pもので粗野攻と敬語攻がいるのに二人性格やHの仕方の差がほとんどなくって、話もほとんどないので、二輪挿しするためだけに二人いるようなところがあるなーと。
挿絵もいたしているシーンが多いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/28 15:50

投稿元:ブクログ

敬虔な神父が双子の淫魔に犯されて…という、エロ双子もの第2シーズン3作目。もう、双子ものはいいかなぁと食傷気味になりつつも、ふと笠井あゆみセンセの美麗なイラストに目が吸い寄せられ、気がついたら購入していました…
双子ものでファンタジーは目新しく楽しかったです。
それに神父受設定は禁忌感とフェチ感にあふれていて、萌えました。花丸BLACKらしいエロス。

ファンタジーといっても、設定がそれっぽいという程度に考えておいたほうが無難です。
舞台は多分中世ヨーロッパの片田舎にある教会で、主人公はその教会の若く美しい敬虔な神父。
清らかな神父さまのビオラが、エロ魔人な貴族の放蕩息子ルーフスと巡回の神父サフィルスからあれこれエロく開発されまくります。
要するにエロファンタジーですね。前編エロエロですが、あまりにもイラストがきれいでそっちに気を取られてしまい見とれること数多く。
藍生センセと笠井センセのコラボ作品といってもいい感じの仕上がりです。

エロ的には、やっぱりマストの二輪挿しもちゃんとありながらの安定の3Pがいい出来。
目玉は何といっても薔薇のイケバナでしょうね~ww
あと、シッポ攻めで淫魔らしい萌えツボをおさえてるところとか。
イラストもしっかりあってサービス満点です。

双子の性格の書き分けがきちんとしていて対照的なのはいつもどおり。
ヤッてるだけなんだけど、描写力があるので思わず引きこまれます。こういう背徳的な雰囲気に浸りたい時にエロ特化で確実に楽しめるかんじです。
体位は複雑だけど、ストーリーはシンプル!
楽しめました。

2014/07/03 23:15

投稿元:ブクログ

神父と神父と村の貴族の話。


ビオラは湖の近くに住み始めた貴族の男・ルーファスに犯されるが身体は馴染んでしまう。
そうこうするうちに循環の神父が来たが彼がルーファスに瓜二つで、しかも同じように身体を繋げられてしまい、、。

2014/07/23 18:16

投稿元:ブクログ

うーん…3Pありきでネタを造ってしまうと、今回のようにどうとでもなるトンデモ設定に行き着いた…?エロス行為に無理やり理由を付けた感じ。双子の淫魔が完璧になるための器?が神父の受け。モブレも嫌いじゃないけど、必要…?

藍生先生の作品は似たようなcp多いなぁ。もしや双子含めた3Pなシリーズもの?ならば、設定も不自然じゃなく、オオ!今回そうきたか!と思ったら良いのかな(自分のような新規者には置いてきぼり感)でもこの設定って需要あるのかなぁ…。

2015/05/18 08:40

投稿元:ブクログ

笠井さんの絵に惹かれて。作者も言ってる通りただひたすら双子エロでした。折角の神父設定をもっと生かしてほしかったかなぁ。あと最後に受けにも角生えちゃったのはよくわかんなかったよ!挿し絵は期待以上に美しかったです。