サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

潜行捜査(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/08
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51666-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

潜行捜査 (双葉文庫)

著者 安東 能明 (著)

大晦日に発覚した一家皆殺しという残虐な犯罪。その捜査本部で重要な任についた幸本は、捜査方針の対立から、本部付を解任されてしまう。それから五年、膨大な物証に振りまわされ、事...

もっと見る

潜行捜査 (双葉文庫)

730(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

潜行捜査

583(税込)

潜行捜査

ポイント :5pt / 紙の本より147おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大晦日に発覚した一家皆殺しという残虐な犯罪。その捜査本部で重要な任についた幸本は、捜査方針の対立から、本部付を解任されてしまう。それから五年、膨大な物証に振りまわされ、事件は迷宮入りの様相を呈してきた。所轄署の生活安全課へと異動となった幸本は、捜査本部と異なる視点で、事件を追っていた。そして偶然に手に入れた犯人の指紋。タイムリミットは十日。幸本執念の単独捜査は実を結ぶのか!?【「BOOK」データベースの商品解説】

大晦日に判明した一家惨殺事件。その捜査本部で重要な任についた幸本は、捜査方針の対立から本部付を解任されてしまう。5年後、事件は迷宮入りの様相を呈してきた。単独捜査を続ける幸本は、偶然犯人の指紋を手に入れ…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/05/09 13:41

投稿元:ブクログ

#読了。初読み作家。
年の瀬に練馬区にて一家3人が殺される事件が勃発。警視庁捜査一課の幸本は捜査本部に入るが、上層部の捜査方針と対立し本部を追い出される。事件が解決しないままの5年後、杉並署にて勤務していた幸本は、別の事件から犯人と思われる指紋を入手する。ただ1人立ち向かう幸本だが・・・
どこかで似たような話を・・・と思ったら、未だ解決されていない「世田谷一家殺人事件」がモデルだろう。最後の方まで読み進めないと動機や犯人がつかめなかった。本部が縮小されたとはいて残っている中、1人で捜査にというのは多少無理があるような気もするが、トリックも面白くテンポよく読むことが出来た。

2015/01/13 22:26

投稿元:ブクログ

面白かったです。安東能明の小説は初めて読みましたが、読みやすく、良かったです。
大晦日に起こった一家3人殺害事件。現場には多くの遺留品と指紋が残されていた。事件の解決、犯人逮捕は時間の問題と思われていた。捜査の中心にいた幸本は、捜査方針の対立から、捜査から外されてしまう。
5年後、所轄署の生活安全課に異動していたが、ある事件の現場から5年前の指紋が見つかり、独自に捜査を始める。
それまで、家庭を顧みなかった幸本は、独自の捜査で妻にも手伝ってもらうことで、家族の輪も取り戻す。
最後には指紋のトリックを解き明かし、犯人を追い詰めていく。

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む