サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ああ玉杯に花うけて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ああ玉杯に花うけて(講談社文芸文庫)
ああ玉杯に花うけて(講談社文芸文庫) ああ玉杯に花うけて(講談社文芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-290226-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ああ玉杯に花うけて (講談社文芸文庫 少年倶楽部名作選)

著者 佐藤 紅緑 (著)

新聞小説、新劇、俳句、翻訳等ですでに活躍していた五十代の大家が、「自分の任ではない」と固辞したものの、同郷の編集者の「子供は国の宝だ」との熱意にほだされ、昭和二年、『少年...

もっと見る

ああ玉杯に花うけて (講談社文芸文庫 少年倶楽部名作選)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ああ玉杯に花うけて 少年倶楽部名作選

1,404(税込)

ああ玉杯に花うけて 少年倶楽部名作選

ポイント :13pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

新聞小説、新劇、俳句、翻訳等ですでに活躍していた五十代の大家が、「自分の任ではない」と固辞したものの、同郷の編集者の「子供は国の宝だ」との熱意にほだされ、昭和二年、『少年倶楽部』に連載した初の少年小説。旧制中学を舞台に、友情やいじめ、貧困、暴力、師弟愛等、現代に通じる人生の問題を真贄に描き、時代を超えて訴えかける、青春文学の金字塔。【「BOOK」データベースの商品解説】

新聞小説、新劇、俳句、翻訳等で活躍していた50代の著者が、昭和2年『少年倶楽部』に連載した初の少年小説。旧制中学を舞台に、友情やいじめ、貧困、暴力、師弟愛等、現代に通じる人生の問題を真摯に描いた青春文学。【「TRC MARC」の商品解説】

昭和2年に『少年倶楽部』に連載され、大反響を呼んだ少年小説の金字塔。いじめや暴力、友情等、普遍的テーマに切り込む爽やかな傑作【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/08 13:22

投稿元:ブクログ

清々しい少年文学。正直に真っ当な生き方をした者が幸せになれるという、気持ちのいい終わり方でした。忠君、忠孝といった戦前の価値観がよくうかがえる作品でもありました。当時の教育の雰囲気も、その一端を見ることができるものでした。政党に関しても、あまりいい書かれ方がしてないのが、当時の一般的風潮なのか、作者の主観なのかはわかりません。まさに世間は大正デモクラシー華やかなりしころでしょうが‥‥

2015/01/14 02:01

投稿元:ブクログ

戦後を支えた当時の30〜40代が幼い頃読んでいたという本。代表的日本人(斎藤孝)で紹介されていたので読んだ。チビで貧乏な主人公がいじわるな周りの人たちに侮辱されてもなお、ひたむきにがんばっていくという話。現代の漫画やアニメにはあるあるなストーリーだが、当時の生活感、考え方は全然今と違う。正義、年上を敬うこと、娯楽に目移りせず勉学に真面目にはげむこと、境遇に関係なく努力することの大切さ