サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 「うつ」は病気か甘えか。 今どきの「うつ」を読み解くミステリ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

「うつ」は病気か甘えか。 今どきの「うつ」を読み解くミステリ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/04
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/307p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02565-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

「うつ」は病気か甘えか。 今どきの「うつ」を読み解くミステリ

著者 村松 太郎 (著)

主観至上主義、ストレス神話、ニセ医者・ニセ患者、裁判所における診断などを取り上げ、現役医師が、「うつ」は病気か甘えかという禁断の問いに挑む。症例JEを題材にした講義も収録...

もっと見る

「うつ」は病気か甘えか。 今どきの「うつ」を読み解くミステリ

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

「うつ」は病気か甘えか。 今どきの「うつ」を読み解くミステリ

1,296(税込)

「うつ」は病気か甘えか。 今どきの「うつ」を読み解くミステリ

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

主観至上主義、ストレス神話、ニセ医者・ニセ患者、裁判所における診断などを取り上げ、現役医師が、「うつ」は病気か甘えかという禁断の問いに挑む。症例JEを題材にした講義も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村松 太郎

略歴
〈村松太郎〉慶應義塾大学医学部精神神経科准教授。国立療養所久里浜病院精神科医長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/26 20:26

投稿元:ブクログ

甘えなんじゃないかと思われる原因に、休職中に遊びに行ったり旅行したりしてそれを隠そうとせず話題に出す、ということがあるけれど、普通の感覚でいくと、仕事をズル休みして遊びに行った話をベラベラ話したりはしないだろうので、やっぱり普通ではない=健康ではない=病気なのである。
うらやましいというより、可哀想である。

2014/11/22 19:04

投稿元:ブクログ

著者の語り口はところどころユーモアもあり,くすりと笑えるところが何度もありました。

肝心のうつは病気か,甘えかというのは,医者である著者にも結論が出ないというのがその結論のようです。

とにかく,うつという概念が爆発的な広がりを見せており,そのことに関して問題提起したというのが本書の真の目的であると考えました。
「うつ」の今を知ることができるという点で,読んで損はない本です。

2014/04/28 11:25

投稿元:ブクログ

本書で繰り返される「『うつ』は病気か甘えか」の問い。 周囲に「うつ」と診断されている方がいる人は、少なからず思った事がある問いではないだろうか。
ことさらに冷たく厳しくしたいわけではない。できれば理解したい。でも、ふとよぎるタブーとも言える問い。
本書を読むことで、少しだけ理解が広がった気がする。

2014/07/16 11:02

投稿元:ブクログ

多くの方が抱いているであろう疑問(あるいは憤懣)を、精神科医がこれでもかというくらいに掘り下げていく本です。

わたしも読書家の端くれである以上、意見が合わない人の話にこそ耳を傾けるべきだという自分の中のモラリストが背中を押す一方、だがしかしこの本はさすがに・・と逡巡すること数週間。やっと読みました。

他のレビューでも書いた通り、わたしはこの問題について、「もし詐病だとしても、世の中タダのランチはない、つまり疾病利得とともにそれなりのリスクもあるのだから、好きにさせればええじゃないか」という立場です。というか本書の記述に従うとわたし自身も「灰色うつ病」になるので、自己正当化も兼ねた見解ではあります。

副題に「ミステリ」とある通り、この謎は実に根が深いです。そもそもこの問い自体がある種のタブー扱いになっているので、本当のところは極めて見えづらい。しかし本書は現場に接している精神科医が本音で語りつくすので、なにもかもが圧倒的にリアルです。変な新聞記者の妄言とは解像度が違う。

本書の最大の特徴は、この問いをタブー化した最大の問題、すなわち「自殺(およびそれに伴う訴訟)」について正面から向き合っていることだと思います。あの痛ましい(?)「電通事件」をベースに、「ストレス(過労)⇒うつ病⇒自殺」というストーリーの妥当性を冷静に検証していくあたりがすごい。潔い。

もちろん矛先は「患者」だけではなく、医師や治療者、製薬会社にも向けられます。ヒポクラテスバイアス、ハンマーバイアスという耳慣れない概念もおもしろい。精神医学以外の世界にも応用が利く議論になっています。

わたしがどうしても同意できなかったところは、"甘えなら、対応として必要なのは治療ではなく適度な厳しさである"(P.205)という箇所。甘えている人を追い出したいという気持ちは分かりますが・・ガツンと言って追い出すというだけではさすがに狭量に過ぎるような・・。わたしは多少税金や保険料が上がろうとも、もう少しゆるーい世の中になることを希望するものです。

最後に申し述べておくと、病気かどうかはともかくとして、現在「落ちている」という方(特に希死念慮・自傷癖のある方)にはまったくおすすめできません。わたしも体調の良い日を選んで読んだのですが、丸一日この本のことばかりぐるぐる考えて、焦慮の中で何も手がつかず眠れもしないという結構な時間を過ごしました。一方的に責められているような気分になりますので、それに耐える覚悟が必要です。

(2014/8/10)

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む