サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. オセアニア芸術 レッド・ウェーヴの個と集合

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

オセアニア芸術 レッド・ウェーヴの個と集合
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/04/07
  • 出版社: 京都大学学術出版会
  • サイズ:22cm/326p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-87698-476-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

オセアニア芸術 レッド・ウェーヴの個と集合 (プリミエ・コレクション)

著者 渡辺 文 (著)

オセアニアという非西洋地域で芸術を追求しようとする、境界領域における人びとの、地域的アイデンティティと独創性の相剋。フィジーの若い画家たちの葛藤と創作の日々を人類学者が克...

もっと見る

オセアニア芸術 レッド・ウェーヴの個と集合 (プリミエ・コレクション)

6,156(税込)

ポイント :57pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オセアニアという非西洋地域で芸術を追求しようとする、境界領域における人びとの、地域的アイデンティティと独創性の相剋。フィジーの若い画家たちの葛藤と創作の日々を人類学者が克明に綴る。約130点の図表も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

南太平洋のフィジーでオセアニア芸術を創出しようとする「レッド・ウェーヴ・アーティスト」たちの実践を、同世代の人類学者が綴った民族誌。オセアニアらしい絵とは何か。集合芸術と個人性の高いアートは両立可能か。「でこぼこ道」を歩んできたという彼らにとって描くことにはどんな意味があるのか。芸術がうまれる場に立ちあえる本。【商品解説】

目次

  • 第1章 芸術を人類学的に論じる
    • 1 個と集団をめぐる芸術の人類学
    • 2 本書の構成と調査の概要
  • 第2章 芸術、文化、ローカリティの共謀
    • 1 伝統の復興・創出とオセアニアの現代芸術
    • 2 フィジー概説−植民地経験、多民族国家の挑戦
    • 3 フィジーにおける芸術
    • 4 オセアニア・センターへの道
  • 第3章 芸術の家
    • 1 オセアニアをさがして−「海に浮かぶ島々」から「島々の浮かぶ海」へ

著者紹介

渡辺 文

略歴
〈渡辺文〉1981年大分県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。博士(人間・環境学)。同大学大学院人間・環境学研究科研究員、立命館大学非常勤講師。専攻は文化人類学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/03/11 09:17

投稿元:ブクログ

京都大学学術出版会:プリミエ・コレクション
「シリーズタイトルは、「若い知性のデビュー作」を意味します。大学院重点化以降、新しい活況を呈した研究領域の最新作を京都大学の出版支援制度を受けて刊行しています。本シリーズからは、渋沢・クローデル賞、サントリー学芸賞をはじめとした数々の受賞作が生まれています。」
http://www.kyoto-up.or.jp/jp/premiere.html

京都大学学術出版会のPR
「南太平洋のフィジーでオセアニア芸術を創出しようとする「レッド・ウェーヴ・アーティスト」たちの実践を、同世代の人類学者が綴った民族誌。オセアニアらしい絵とは何か。集合芸術と個人性の高いアートは両立可能か。「でこぼこ道」を歩んできたという彼らにとって描くことにはどんな意味があるのか。芸術がうまれる場に立ちあえる本。」

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む