サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

将棋ボーイズ(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/05
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42178-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

将棋ボーイズ (幻冬舎文庫)

著者 小山田 桐子 (著)

勉強も運動も苦手な歩は、なんとなく将棋部に入部する。そこには、亡父の願いと周りの期待に悩む天才・倉持がいた。そんな時、県大会の団体戦メンバーが呼び上げられる。落ちこぼれと...

もっと見る

将棋ボーイズ (幻冬舎文庫)

745(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

将棋ボーイズ

708(税込)

将棋ボーイズ

ポイント :6pt / 紙の本より37おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

勉強も運動も苦手な歩は、なんとなく将棋部に入部する。そこには、亡父の願いと周りの期待に悩む天才・倉持がいた。そんな時、県大会の団体戦メンバーが呼び上げられる。落ちこぼれと本気になれないエースが、タッグを組んで奇跡を起こす!?僕らの未来を決めるのは、大人でも偏差値でもない―実在の将棋部をモデルにした絶対感動の青春小説!!【「BOOK」データベースの商品解説】

勉強も運動も苦手な歩がなんとなく入部した将棋部には、亡父の願いと周りの期待に悩む天才・倉持がいた。県大会の団体戦で、落ちこぼれと本気になれないエースがタッグを組んで…。実在の将棋部をモデルにした青春小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

感想

2014/09/23 08:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yuu - この投稿者のレビュー一覧を見る

将棋をテーマにした部活物語。
2人の人物を軸に話が進んでいき、成長がみれる面白い作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/30 21:52

投稿元:ブクログ

落ちこぼれの歩と天才倉持の二人の視点で語られる高校将棋部の青春物。顧問の先生の指導が素晴らしく、部の雰囲気がすこぶるいい。楽しくさくっと読める。

2015/04/12 13:56

投稿元:ブクログ

高校の将棋部を舞台にした小説。

途中から「中学生日記」を見ている気分で読んでいました。終わりまで読んで実在する高校の将棋部が舞台とのことで納得しました。主人公たちの元となった彼らにとってはすこしくすぐったい本なのではないかと思います。

将棋を深くわかってなくても面白く読めました。専門的なことに関してはさり気なく説明が入っているので読みやすかったです。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4855854.html

2014/08/14 22:31

投稿元:ブクログ

主人公たちの将棋に対する情熱が、それぞれの在り方で高まっていく感じが面白かった。
ただ、主人公二人の視点が交互に描かれていますが、才能があるがゆえの葛藤を掘り下げていくか、自分に自信の持てない初心者の少年が将棋の腕を上げていくに従ってアイデンティティを確立していく過程を丁寧に描写するか、のどちらかに絞って読者が感情移入させる対象を、一人に集中させて欲しかったとも思う。
重すぎないほうがいいという方もいらっしゃるだろうし、好みの問題なのだということは分かっているが……。
二人のそれぞれの葛藤や成長を、同じ分だけ描こうとして、結果的にどっちつかずになってしまった印象を受けた。

2014/07/15 15:07

投稿元:ブクログ

盛岡の高校がモデルの小説です^ ^ 自分は将棋は全くわかりませんが、羽生さんの本をはじめ、将棋にまつわる物語は大好きですp(^_^)q この小説は男子高校生の熱さ、バカさ、爽やかさが、すごく素直に表現されていて、読後感がスッキリします。夏の本、かな(^ν^)

2014/04/13 14:34

投稿元:ブクログ

いやあこれは映画化されるのは時間の問題。高校将棋部を部隊とした青春小説。なんとなく地味で暗いイメージがある将棋部だが高校選手権となると超ハイレベル。はい主人公は嵐の誰かかな?

2014/04/18 17:28

投稿元:ブクログ

「これはアマチュア高校生版3月のライオンか!」と驚かされた高校将棋部の青春を描いたドキュメンタリー「奇跡の高校将棋部」と、我が県にある私立高校将棋部をモデルにして書かれた青春将棋小説。
勉強も運動もイマイチな子も、幼児期から天才と称された子も、将棋盤に向かえばフェアでいられる。一見対照的だけど、実はどこか似ているところがある二人の少年は、それぞれの悩みを抱えながらも突き進む。勉強や家族のことはもちろん心配だけど、対局に向かうこと、そしてそこで勝つことが何よりの喜びであるからだ。3年間という短い間で、自分の全てを打ち込み、そこで得たものを次へ進む活力にできることが、なんとも眩しく羨ましい。

2016/03/09 22:57

投稿元:ブクログ

将棋以外の雑音を殆ど交えずに高校生の青春を描ききったところに清々しさを感じました。
高校将棋部もいう響きから連想しがちなオタクっぽさもなく、良い意味で予想を裏切られたなぁ。

2014/07/12 08:36

投稿元:ブクログ

「将棋」をテーマにした青春小説。「盤上のアルファ」とは違い、爽やか。棋譜の説明は少しイメージしづらいところもあったけど、将棋の奥深さは伝わった。東北のある実在校をモデルにしているそうな。

2014/12/29 23:03

投稿元:ブクログ

高校生たちの熱い思いは伝わってきたが、それぞれの話を広げすぎて、収拾がつかないまま物語が終わってしまったような…。
将棋の試合の描写にもう少し力を入れてほしかったかな。

2015/10/04 02:43

投稿元:ブクログ

将棋部のはなし。

努力家な秀才と、飽きっぽい子と、天才の孤独派と、その仲間たちのはなし。

三年を濃縮してるしその他の学校行事まっっったくでてこない。
でも、3年間だけでものめり込むものを見つけた子はいいね。それが、人生の道ではなくて、結局趣味にできる範囲のものだとさらにいいと私は思う。のちのちも趣味で続けたり再開したりできるといいと思う。

2014/05/05 20:27

投稿元:ブクログ

岩北高校将棋部.期待の大きさに悩む天才エースの倉持,自分に自信が持てない将棋初心者の歩は共に1年.それぞれの悩みを抱えながら成長していく青春物語.実在の将棋部をモデルにした小説だそうです.題材は違うけれど,百田尚樹さんのボックスを思い出しながら読んでいました.将棋好きの方におススメします.

2014/05/03 15:44

投稿元:ブクログ

高校の将棋部をテーマにした青春小説。将棋をした事がないため、将棋のルールがわからないのでかなり苦戦。将棋というものの奥深さがわかる作品だった。

2015/07/17 15:29

投稿元:ブクログ

将棋を小説で読むのは難しい……! 特に詰め将棋の初級がやっと解けるレベルの私のような初心者では何をやっているのかちんぷんかんぷん。といっても、将棋を知っている必要はないです。将棋部の高校生たちの青春物語です。文章の感じからいっても高校生までの学生向けかな。モデルになった高校?の先生が書いた本もあるみたいなので、そっちも読んでみたいです。

2016/07/26 10:33

投稿元:ブクログ

やわらかめの小説。


著者:小山田桐子(1976-)
監修:藤原隆史(岩手高等学校 囲碁将棋部監督)
取材協力:佐藤圭一(岩手高等学校 囲碁将棋部コーチ)
協力:株式会社スローハンド、株式会社フジテレビジョン ザ・ノンフィクション「偏差値じゃない。~奇跡の高校将棋部~」制作スタッフ


【目次】
目次 [004-005]

プロローグ 007
第一章 僕は何もできない 009
第二章 200人分の勝利 043
第三章 昨日より強く 087
第四章 本気ってなんだ? 121
第五章 金じゃなきゃダメですか? 163
第六章 当たり前の未来 199
第七章 信頼って重い 235
第八章 歩は歩のままでいい 267
第九章 王手! 301

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む