サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. ビジネス書の9割はゴーストライター

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ビジネス書の9割はゴーストライター
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/25
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7872-3378-3
  • 国内送料無料

紙の本

ビジネス書の9割はゴーストライター

著者 吉田 典史 (著)

ゴーストライターの経験豊富な著者が、ビジネス書にまつわる仕事の実態や収入、トラブルとその対処法、ライティングの心構えなどを数多くの実例に基づいて紹介。ゴーストライターの基...

もっと見る

ビジネス書の9割はゴーストライター

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゴーストライターの経験豊富な著者が、ビジネス書にまつわる仕事の実態や収入、トラブルとその対処法、ライティングの心構えなどを数多くの実例に基づいて紹介。ゴーストライターの基礎知識をまとめたQ&Aも所収。【「TRC MARC」の商品解説】

経験豊富な著者が、ゴーストライターの仕事の実態や収入、トラブルとその対処法などを豊富な実例から紹介し、出版ビジネスの「正体」に迫る。そして、著者・出版社・ライターの関係性をふまえてライターの地位向上の必要性を説く。基礎知識Q&Aも所収。【商品解説】

目次

  • 第1章 ゴーストライターとは
  •  1 詐欺みたいな仕事?
  •  2 出版社の裏事情
  •  3 ゴーストライターの世界にも“格差”
  •  4 アンフェアな印税方式
  •  5 運命の別れ目が「増刷」
  •  6 著者のコンテンツはライターのもの?
  •  7 取材のときにどう答えるべきか
  •  8 発売後一カ月以内で少なくとも三千部以上
  •  9 ゴーストライターを起用せざるをえない理由

著者紹介

吉田 典史

略歴
〈吉田典史〉1967年岐阜県生まれ。2006年からフリージャーナリスト。特に人事・労務の観点から企業の取材を重ねる。事件・事故など社会問題の取材も続ける。著書に「悶える職場」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

2014/06/02 00:09

投稿元:ブクログ

面白いんたが、読後「で、どうしたいの?」
ゴーストライターがビジネス書を書いていることを世間に知らしめてゴーストライターの地位を上げたいということだろうが、そんなのは読者にとって知ったこっちゃない。

2014/11/16 20:53

投稿元:ブクログ

チェック項目10箇所。本書では、ゴーストライターの実態をライターの立場から浮き彫りにしていく、外からは「見えない」世界だけに、問題が潜在化している世界といえる、本章を通して、立場が弱いライターたちが泣き寝入りをしている構造が見えてくるようにしていきたい。なぜ、出版社はゴーストライターを使ってまで、ビジネス書を出し続けるのか、その理由は、端的にいえば売り上げを維持し、増やしたいからである、つまりは、「ビジネスなのだから、キレイごとはいっていられない」ということなのだろう。本の奥付に「編集協力 ○○○○」とか「編集(執筆)○○○○」などと書いてあることがある、それらにも注目してほしい、その人たちが、ゴーストライターである可能性が高い。【ゴーストライターの世界にも”格差”】。ビジネス書では、売れる本を書くことができる著者の立場が強いのだ、実際には書いていないとしても、編集者からすると、それはさしたる問題ではない。ライターの収入が少ない理由として、「原稿料が安い」とか「印税率が低い」という人が多い、そのとおりかもしれないが、実は好循環サイクルを回せないことこそが大きな問題なのである。出版社の編集者からは、「最近は誰の(どの著者の)ゴーストをしたの?」などと聞かれることはある、これはビジネス書の分野では驚くに値しないことであり、「明かす」というほどのことではない。ビジネス書の著者になりたい場合、文章力の向上を目指すべきではない、わたしの経験でいえば、自力で文章力を上げるのは不可能である、むしろ、何らかの仕事で高い実績を残し、一目置かれる存在になることが大切だろう、そして、ファンが押し寄せるコミュニティーを作る、さらに、ブログや「Twitter」「Facebook」などを効果的に使い、それらが編集者の目にとまるようにアピールする、これを一、二年続ける、ビジネス書の編集者ならば、何らかのアプローチをしてくるのではないかと思う。「いまなら、ブログなどを使い、著者自らが営業する時代。出版社の営業に頼ることは、二十年前に終わっている。自分で一生懸命、営業をする腰の低さも必要。文章は書けなくともいい。読者も実は読んでいない」。たとえば年収七百万円以上を毎年維持するのはきわめて難しい、その収入を十年以上キープできている人は、全体の三パーセント以下なのではないだろうか。書籍ができあがると、しらじらしく「わたしが書きました」と宣伝する姿をいまも見かけるが、この路線はもう無理があるのではないだろうか、ほとんどの読者が見抜いているだろう。

2014/09/02 13:59

投稿元:ブクログ

視点を変えれば、ゴーストライターは売れる他人の名前に乗っかっているとも言えるかと。誰が書くかはともかく、読者サイドとしては、とにかく、ビジネス書の駄本比率の高さは異常。出版不況を文化の危機に絡めることが多いマスコミ界ですが、わたしは「アタリショック」と考えます。
売れそうなタイトルのセンスだけは評価したいです。

2014/07/19 23:33

投稿元:ブクログ

この本で合点がいった。とても本を書けそうにない人物がビジネス書を出せる仕組に。
ゴーストライターがこれほど出版に関わっているのなら、その名を明らかにした方がいい。このライターさんにお願いしたいという指名をする「著者」も現れるかもしれない。そうやってライターにセレクトが入ることで本のレベルも上がっていかないだろうか?

出版・編集 ランキング

出版・編集のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む