サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ポケットに物語を入れて

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/28
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/282,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-388364-1
  • 国内送料無料

紙の本

ポケットに物語を入れて

著者 角田 光代 (著)

本は、開くとき、読んでいるときばかりではなく、選んでいるときからもう、しあわせをくれるのだ。まるで旅みたい。読書という幸福な時間をたっぷりつめこんだエッセイ集。【「BOO...

もっと見る

ポケットに物語を入れて

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本は、開くとき、読んでいるときばかりではなく、選んでいるときからもう、しあわせをくれるのだ。まるで旅みたい。読書という幸福な時間をたっぷりつめこんだエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

本は、開くとき、読んでいるときばかりではなく、選んでいるときからもう、しあわせをくれるのだ。まるで旅みたい−。古典的な名作から現代作品まで、80冊にのぼる本の書評・感想文を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

読書名人・角田さんの、濃厚な読書エッセイ

『私たちには物語がある』につづく〈本をめぐるエッセイ集〉第2弾!

宮沢賢治、ヘミングウェイ、開高健、池澤夏樹などの古典的な名作から現代作品まで、延べ80冊におよぶ本にまつわるエッセイがつまっています。

1 文庫本と私/冬の光(宮沢賢治の童話)/なんて明るい小説なんだろう(太宰治『斜陽』)‥‥ 2 食べることの壮絶(開高健『最後の晩餐』)/小説は世界を超えることができるのか(池澤夏樹『光の指で触れよ』)/もんのすごくかわいい(佐野洋子『コッコロから』‥‥ 3 生きていくのに必要なもの(よしもとばなな『どんぐり姉妹』)/恋のようなものと、ほんものの恋(佐藤多佳子『黄色い目の魚』)‥‥ 4 私に向かって投げられたボール(伊集院静『ぼくのボールが君に届けば』/「私」になるための決意(沢木耕太郎『あなたがいる場所』)/まっとうに生きるとはどういうことなのか(ヒキタクニオ『角』)‥‥ 5 忌野中毒(忌野清志郎『忌野旅日記』)/私たちの知らない世界(大竹伸朗『カスバの男 モロッコ旅日記』)/ああなんて、楽なのだろう(酒井順子『29歳(ニジュク)と30歳(サンジュウ)のあいだには』)‥‥【商品解説】

著者紹介

角田 光代

略歴
〈角田光代〉1967年生まれ。「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。「対岸の彼女」で直木賞、「ロック母」で川端康成文学賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.7

評価内訳

2016/02/02 20:22

投稿元:ブクログ

愛読作家角田光代さんの読書に関するあれこれエッセイ。本をただ本屋で探すのも好きだけど、私の本選定までの経緯って、どこかで知って読みたいなと思ってというものばかり。

多くの本が、どなたかのリコメンドで選ばれて私の手元に来ている。

以下読みたいと思った本
井上荒野 ズームーデイズ/もう切るわ/つやのよる
大島真寿美 水の繭/ピエタ
岡崎武志 古本生活読本
金原ひとみ マザーズ
酒井順子 29歳と30歳のあいだには
佐野洋子 コッコロから/そうはいかない
田辺聖子 蝶花嬉遊図
松谷みよ子 モモちゃんとアカネちゃん
三羽省吾 厭世フレーバー
山田太一 冬の蜃気楼/読んでいない絵本/空也上人がいた
よしもとばなな どんぐり姉妹

2014/06/20 21:41

投稿元:ブクログ

角田さんの書評、大好き。書評というより角田さん曰く感想文か。
全然興味のなかった、知らなかった物語たちを角田さんの言葉で綴られるととても興味がわくし、
わたしも読んだことある本に関してはこう解釈されたのかーとか新たな発見や世界が見つかる。
本はまさに旅、そのもの。うん。

2014/08/04 01:40

投稿元:ブクログ

ポケットに入るくらいの本を持ち歩くのが、好きな私にぴったりな本のような・・ゆっくり楽しみます。

筆者は、宮沢賢治氏の物語を小学生の時かなり読まれたとのこと・・この難しい話を大人になって読むと・・
物語ではなく光景を描く人・・美しい光景を言葉でつむいで見せるひと。・・納得です。

松谷みよ子氏の・・「モモちゃんとアカネちゃん」
このシリーズは、読み進めるにつれ・・赤ちゃんの世界から大人の現実を知ることとなる・・
子供なりに、何かを感じてしまう・・
筆者のように、私も何かを感じ取っていたのかもと・・

筆者が、タイトルとカバーに惹かれて手にとることがある・・
私も、タイトルに惹かれて読み始め・・こんなはずではと思いつつ、読み終わって感動していたり・・
読書の面白さを知っていらっしゃるなぁと・・

これからも、ポケットに物語を入れて・・行こうっと♪

2016/08/21 11:03

投稿元:ブクログ

今まで書かれた文庫本などの解説や書評が詰まった、角田さんのブックガイド。
言葉の端々から、本が大好きでたまらないという想いが溢れ出ていて、思わず、わかるよわかる!と共感の嵐でした。

「私はやっぱり書店が好きだ。本の声がする。ちいさな、でも私だけにしっかり届く声で、ひそひそ、ひそひそと読んでいる。本との縁というものを感じるのは、やっぱりリアル書店なのである」

「古本屋に通ううち、ある不思議な印象を持つようになった。自分の嗜好、好みを中心とした、不思議としか言いようのない糸が張り巡らされていることに気づくのである。これは新刊書店では絶対にあり得ないことだ」

本好きの方なら、覚えがあるんじゃないでしょうか。
心の底から共感して、角田さんが同じ感性を持っていることが嬉しくてしかたなかったです。

紹介されている本の数々がまた、素晴らしい。
角田さんというフィルターを通して知る本はまた格別です。読んだことのない本が多かった分、読みたい本が増えました。
特に開高健さんや忌野清志郎さんについては、熱く語られていて、知れば知る程ものすごい方だと驚きました。読むならそれこそ旅行中など、日々の喧騒から離れたところでじっくり読みたいところです。

本を通して開かれる扉は数多くありますが、角田さんもまた失うこと、生きること、信じられるものなど様々なことと向き合ってきたのが感じられます。
これは、本書の中でも好きな一文。

「失うことは、マイナスでもプラスでもなく、何かを持っていたという証である。いとおしむべきたいせつな何かを、確実に私たちは持っていた。その何かは、私とともに在ることによって、私自身を変容させた。失うことでいくら泣いたっていい、自分を責めたっていい、でも自身の内の変容は、他者(ときに動物、ときに光景)とかかわったことによって生じた変容は、消えることがない。そのことを私たちは知らなければならない。その「持っていた」証拠、自身の変容こそが、あとがきで作者のいう「宝物」なのではないか。私たちが平等に持ち得る、もっともすばらしいもの。」

角田さんの感性が大好きです。

2014/07/26 17:39

投稿元:ブクログ

角田さんの書くものって小説でもエッセイでも書評でも本当に面白いです。昔に書いた書評も混ざっていました。

2015/04/14 08:13

投稿元:ブクログ

文庫解説を中心に集めた、角田さんの書評集。手堅くまとめてるなぁという印象が強いです。書店で文庫をパラパラと見ていて、解説が角田さんだと「読んでみようかな」と興味を持つことが多い。それだけ角田さんの感性を信用している。個人的には…文庫解説をまとめて読むよりは、それぞれの文庫の巻末で解説を読む方が、その作品の面白さがダイレクトに伝わってくるかなと思うところはあるけど。
とはいっても、紹介された本の中のいくつかは猛烈に「読みたい!」と思わされた。特に、角田さんが大好きな開高健と忌野清志郎の著書紹介は、熱量が違いました。
90年代、00年代初期に書かれたものは、さすがに角田さんの筆致が初々しい!この時代の彼女の「はっちゃけ」感が懐かしいです。収録の年代が結構幅広いので、何となくだけど角田さんの歩みというか心の変遷も窺い知ることが出来るような。
是非読みたいと思った作品:沢木耕太郎「あなたがいる場所」、ヒキタクニオ「角」、三羽省吾「厭世フレーバー」。角田さんの解説が、ほんっと素晴らしいです。好きな作家によるブックガイドは、間違いなく視野を広げてくれるよなぁと今回つくづく思った。

2014/07/05 05:31

投稿元:ブクログ

★が少ない最大の理由は、非常に個人的かつ残念ながら、紹介されている本のうち「読んでみたい」という魅力を感じたものが1・2冊しかなかったこと。さらに、既読の本も何冊か出て来たが、それらについて書かれている内容にも寄り添うことができなかったこと。
角田さんは小説以外の著作より断然小説が良いと常々思っているが、本書も然り。力んでいるというのではないだろうけど、なんというか力がこもりすぎているのを感じてしまう。

2014/04/07 09:23

投稿元:ブクログ

また読みたい本が増えそう、、、

小学館のPR
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784093883641

2014/06/14 14:13

投稿元:ブクログ

タイトルも素敵だが、角田光代による作品のチョイスも素敵。読了済みの作品があると興奮してしまった。本が好きだからこそ、あのような文章が書けるのだろう。

2016/04/10 10:15

投稿元:ブクログ

著者が文庫本に寄せた後書きだったり、週刊誌の書評だったりと様々な作者の本の紹介が書かれている。
知っている本もあれば、知らない本もある。
でも、この選定を見ればこの作者の人となりが見えてくると思う。

2015/07/26 14:45

投稿元:ブクログ

「私たちには物語がある」の続編、タイトルはあの「ポケットに名言を」と酷似しているので博学をひけらかして無理矢理こじつけてみる(笑)
寺山さんは「名言などはシャツでも着るように軽く着こなしては脱ぎ捨ててゆく」と言ったのに対して角田さん「物語などは正絹の着物でも着るように厳かに着こなしたら洗い張りして箪笥にしまっておく」かな…
とにかくその愛情が半端ない。
今ではめっきり見掛けなくなってしまったジーパンの尻ポケットに突っ込んだボロボロの文庫本とその型に色落ちしたデニム生地の相思相愛な関係、そんなことを懐かしみ自身の本への愛情を確かめるのでありました

2015/01/07 16:15

投稿元:ブクログ

書評・解説集
角田さんに解説や書評書いてもらいたい人って多いだろうな。
こんなふうに読んで、評せたらどんなにいいだろう。

まだ読んでない本は読みたくなるし、既に読んだ本は再読したくなった。
特に、あまりたくさん読んだ事のない開高健、井上荒野、まだ1冊も読んだことのない大島真寿美の本が読みたくなった。

本の解説としてだけでなく、個人的にいいなと思ったところもたくさんあった。


”多くの啓蒙本が、多くの小説やドラマが、多くのポジティブな先達が、前に進むことをおそれるなと言う。新しい扉を開くことに躊躇するなと、新しい世界に飛びこむことをこわがるなと言う。けれど藤野千夜の小説は違う。進んだ先で、新しい世界で、居心地のよい場所がないのだったらその場にとどまっていればいいではないか。そこからどんなに地味な光景しか見えなくても。どんなにちっぽけな場所だったとしても。「分」が守られるならば。” ー 174ページ藤野千夜「主婦と恋愛」文庫解説


”失うことは、マイナスでもプラスでもなく、何かを持っていたという証である。いとおしむべき大切な何かを、確実に私たちは持っていた。その何かは、私とともに在ることによって、私自身を変容させた。失うことでいくら泣いたっていい、自分を責めたっていい、でも自身のうちの変容は、他者(ときに動物、ときに光景)とかかわったことによって生じた変容は、消えることがない。そのことを私たちは知らなければならない。その「持っていた」証拠、自身の変容こそが、あとがきで作者のいう「宝物」ではないか。” ー 268ページ星野博美「のりたまと煙突」文庫解説


角田さんの小説も、エッセイも好きだから、オススメされてる本も信頼してぜひ読んでみたい。

2015/08/29 16:06

投稿元:ブクログ

角田さんの文章力はすごいと思った。
私も読んだ本の解説には興味を持って読めた。
興味の無い小説に対する解説は読みにくかった。

2015/07/17 17:16

投稿元:ブクログ

角田さん書評集2冊目
最初に少しだけ読書エッセイあり

エッセイ「旅と年齢」では「貧乏旅行に適した年齢は
25歳前後」としている。これはほぼ同感。
(『深夜特急』でも「26歳までに旅をしておくべき」と
いうような一文があったと思う。)

角田さんは開高健が大好きなんですね。
昔放棄しちゃったけど再チャレンジしてみようかな(^ ^;)

そのほかの読みたくなった本
田辺聖子『蝶花嬉遊図』
金原ひとみ『マザーズ』
ヒキタクニオ『角』
大竹伸朗『カスパの男モロッコ旅日記』
高野秀行『アジア新聞社屋台村』

2015/12/17 23:13

投稿元:ブクログ

 本への愛情がたっぷり詰まったエッセイ集。角田さんの決して押し付けがましくなく、だけど心からこの本はおすすめであることが伝わってくる文章のおかげで、読みたい本がたくさん増えた。また角田さんは、感受性が鋭いことももちろんだけど、作品世界の時代背景や社会情勢、世の中の風潮を踏まえたうえで作品を読むことが多いと感じ、そういう姿勢がより深く作品を味わうコツなのかなぁと思った。なので自分の読書のお手本にしたい。

作家エッセイ ランキング

作家エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む