サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本人が知らない安全保障学(中公新書ラクレ)
日本人が知らない安全保障学(中公新書ラクレ) 日本人が知らない安全保障学(中公新書ラクレ)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/08
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書ラクレ
  • サイズ:18cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-150490-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本人が知らない安全保障学 (中公新書ラクレ)

著者 潮 匡人 (著)

平和憲法では、日本を守れない! 尖閣諸島・竹島の領土問題、北朝鮮のミサイル発射と核実験など、アジアの軍事的緊張が高まっている。日本を取り囲む安全保障環境が激変している現状...

もっと見る

日本人が知らない安全保障学 (中公新書ラクレ)

821(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本人が知らない安全保障学

702(税込)

日本人が知らない安全保障学

ポイント :6pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平和憲法では、日本を守れない! 尖閣諸島・竹島の領土問題、北朝鮮のミサイル発射と核実験など、アジアの軍事的緊張が高まっている。日本を取り囲む安全保障環境が激変している現状を伝え、対応策を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

潮 匡人

略歴
〈潮匡人〉1960年青森県生まれ。早稲田大学大学院法学研究科博士前期課程修了。拓殖大学日本文化研究所客員教授。国家基本問題研究所客員研究員。著書に「「反米論」は百害あって一利なし」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/08 07:07

投稿元:ブクログ

security se(without)+curita(care)
securitas = freedom from care

1943 ラインホルト・ニーバー
神よ 変えることができるものについて、それを変えられるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。そして、変えることがのできるものと、変えることのできないものとを、識別する知恵を与え給え

ジョセフ・ナイ ジュニア 国際紛争ー理論と歴史、スマートパワー 21世紀を支配する新しい力

大使とは、自国の利益のため、外国で嘘をつくために派遣される誠実な人をいう

ナポレオン 外交とは華麗な衣装を纏った軍事に他ならない

つきあい方の科学 ミネルバ書房

危機管理の要諦 悲観的に準備し、楽観的に対処する

危機を危機と思わないことが最大の危機である

2014/07/27 15:03

投稿元:ブクログ

「たとえば、中国は、台湾問題を解決し、中国統一を実現することにはいかなる外国勢力の干渉も受けないとしており、中国が、四海に囲まれた台湾への外国からの介入を実力で阻止することを企図すれば、海洋における軍事作戦能力を充実させる必要がある。」(防衛白書)。その際に邪魔になる米空母機動部隊などの接近(アクセス)を阻止し、米軍の行動の自由を制限する(AD)。それが「A2/AD」。こうした中国などの「A2/AD」能力に対抗して、戦域へのアクセスを確保する米軍の新戦略が「JOAC」と命名された「統合作戦アクセス構想」である。

2016/01/12 20:30

投稿元:ブクログ

元空自三佐による、保守の立場からの安全保障学。
この手の本は、どちらかの思想に凝り固まって、読めたものじゃない本も多いなかで、自分の考え方の立ち位置を認識した上で、いろんな有名な本からも情報などを引きながら「私は◯◯だから、こう考える」というふうに、比較的冷静に書かれてるので、考え方が違う人でも「読める」本になっている。前著が「わしズム」とかいう、読んだことないけど怪しげな(たぶん右派の)雑誌の連載をまとめたものだそうで、これもどうかなーとは思ってたけど、確かに保守の論調ではあるけどなかなか勉強になった。タイトルに「日本人が知らない」とか付けちゃうところがちょっと胡散臭いけど。
「高貴な安全保障」というのは自分なりに考えてみたい考え方ではあるなと思った。
安全保障の語源にさかのぼって考えたりっていうのも面白かった。
安全保障について考えるにあたって参考になりそうな著作が多く引かれているので、自分で安全保障について考えてみたいという人にも参考になります。
この著者の所属する岡崎研究所って、自分がよく読んでるネットのニュースサイトにも寄稿してるけど、保守系で、防衛についての民間対話とかもやってるんだな。政府間対話の前段階として結構大きな役割をになってるそうで、特に、海上連絡メカニズムなんかの話にも関わってたというのは興味がある。以前読んだ「日本の空をだれが守るのか」の著者は元空将で、その人も岡崎研究所の研究員だったと思うけど、こっちの方が冷静な書き方で内容的にも勉強になった感じがする。当たり前だけど、階級高い人の書いた本の方が出来が良いということでもないんだな。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む