サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. セピア色の秘帳 書き下ろし長編回春エロス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

セピア色の秘帳 書き下ろし長編回春エロス(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/08
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-51670-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

セピア色の秘帳 書き下ろし長編回春エロス (双葉文庫)

著者 霧原 一輝 (著)

最初の結婚が数年で破綻し、遊びのセックスは大丈夫だが、愛情を寄せる女性の前では機能不全になってしまった広告マン・浜谷康祐。そんな折、謹厳実直だった父が死に、遺品の中から、...

もっと見る

セピア色の秘帳 書き下ろし長編回春エロス (双葉文庫)

680(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最初の結婚が数年で破綻し、遊びのセックスは大丈夫だが、愛情を寄せる女性の前では機能不全になってしまった広告マン・浜谷康祐。そんな折、謹厳実直だった父が死に、遺品の中から、父が厳重に保管していた三冊の日記帳が見つかる。そこには、自分が全く知らなかった父の女性遍歴が克明に記されていた。その赤裸々な内容に衝撃を受けた康祐は…。異色の書き下ろし長編エロス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

喪ってから紡がれる父子の絆

2014/04/22 03:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

あらすじにある『父の女性遍歴が克明に』や『その赤裸々な内容に衝撃』といった文言にある種の獣欲のごとき淫らさ全開の激しさのようなものを予想していた自分を恥ずかしく思うほどの、官能小説としての格調の高さに少し驚いている。

真面目な教師として堅物に過ごしてきた亡父のまさしく青春を垣間見る日記帳であり、自らの人生を彩ってきた女性達への気高くも真摯な愛情が、その息子たる主人公の行き詰った考えにも影響を及ぼし、導いていく。生前は反発さえしていた父と子が、日記を通じて父の本音を知り、理解していき、そして諭される。そして、女性を真っすぐ愛する術を同時に知る。これを父の生前に面と向かっては行えないところがまた男同士らしくもあって少しニンマリしてしまうのだが、だからこそ日記が父からの愚直な恋愛教科書でもあったと捉えることもできよう。その劇的な結末も後押しして、実に官能小説らしからぬ清々しさを感じた1冊だった。

日記帳は、いわゆる初恋と言えるような1冊目と、初めての燃え盛るような愛の2冊目、そして、永続的な愛の始まりを告げる3冊目から成る。これを敢えてヒロインと呼ぶならば3人ものヒロインとの逢瀬とも言えよう。しかし、ここには恋愛というものが大体においてこうした段階を経て成就することを示しているようでもあり、実際にその情景はリアルそのものである。どの場面も女性からアタックが始まっており、その意味においてはモテる父ではあるのだが、これを安易と断ずるのは野暮と言うもの。控えめながらも誠実な男だからこそ女の母性がくすぐられ、好かれるのだと思いたいし、そうしたメッセージだとも受け取りたい。

正直なところ第一章は余分にも感じたが、これがモヤっとした主人公の現在を示すものであり、晴れやかな未来を見据えた第六章との対比と見れば趣深い。また、第五章『略奪の情事』は、その章題だけで内容を想像すると大いなる素敵な肩透かしを喰らう。自分が生まれてくるための必然としてこんなドラマがあったかと思うと、場合によっては主人公をちょっぴり羨ましく思うかもしれない。思えばどこの世界でも父母となる前は男女なのであり、その知られざる熱烈な恋愛模様を垣間見るのはこそばゆくもあるのだが、ほろ苦くも甘酸っぱい父(と母)の恋物語を目の当たりにするのは心地の悪いものではない。

物語が良過ぎて、あるいは日記の中の父が実直過ぎるが故に官能的には今少しの物足りなさも感じるのだが、途中から官能小説であることを幾分忘れて読み耽ってしまったことを思えば今回は致し方なしとしたい。むしろ、直接的な官能描写を控えた一般小説として出版されても上質な作品だと思えてならない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/26 01:16

投稿元:ブクログ

http://blog.livedoor.jp/tsunecue01/archives/966876.html