サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来(ブルー・バックス)
新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来(ブルー・バックス) 新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来(ブルー・バックス) 新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来(ブルー・バックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/231p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257863-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来 (ブルーバックス)

著者 曽根 悟 (著)

2014年は東海道新幹線開業から50年。日本初の高速鉄道技術はどう変化し、進歩し、停滞したのか。新幹線50年の歩みを技術中心に振り返り、整備新幹線やリニアなどの将来像を展...

もっと見る

新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来 (ブルーバックス)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来

972(税込)

新幹線50年の技術史 高速鉄道の歩みと未来

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2014年は東海道新幹線開業から50年。日本初の高速鉄道技術はどう変化し、進歩し、停滞したのか。新幹線50年の歩みを技術中心に振り返り、整備新幹線やリニアなどの将来像を展望する。【「TRC MARC」の商品解説】

1964年に世界初の高速鉄道として日本に誕生した新幹線は、2014年で50年を迎えた。新幹線の技術的ルーツが初めて世間に向けて発表されたのは「超特急列車 東京-大阪3時間への可能性」という1957年に開かれた講演会のことである。そこを起点とすれば57年になる。
当時、急速に劣化が進んでいた日本国有鉄道という組織の中で、新幹線は営業面でも技術面でも唯一の明るい部門であった。国鉄末期には停滞した時期もあったが、1987年に国鉄の分割・民営化が断行されて、新生JRによって再び活気を取り戻した。
極東の小国が自力で世界一の高速鉄道を造り、営業的にも大成功を収めたことに、鉄道先進国を自負していたヨーロッパ諸国は急追の動きを見せた。1981年にはフランスが新幹線を参考にして、また他山の石としてTGVというシステムを作り上げ,明確に世界一の座に就いた。
さらにその後、鉄道技術では後進国とのイメージが強かったスペインや中国によって、世界の高速鉄道の地図は大きく塗り替えられた。そのかげで、元祖新幹線には時代遅れや色あせたイメージさえつきまとうようになってきた。
一方で、災害大国でもある日本で、新幹線は奇跡ともいえるような安全実績を更新中であり、なお日本の新幹線には世界に貢献できる優れた技術も少なくない。日本の優れた技術と諸外国に見られる積極的な発想とを組み合わせれば、国の内外で鉄道の社会的役割が一層高められるであろう。
このように、新幹線が歩んできた50年の歴史を技術の視点で振り返りながら、リニア中央新幹線の建設も見据えて将来像を考えていく。新幹線ともに鉄道技術人生を歩んできた筆者による渾身作。【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 第1章 高速鉄道の元祖
  • (1)新幹線構想の誕生
  • (2)新幹線の源流
  • (3)敗戦国が造る世界最高速度の鉄道
  • 第2章 新幹線の建設と開業
  • (1)国鉄0系の誕生
  • (2)新幹線の開業

著者紹介

曽根 悟

略歴
〈曽根悟〉1939年東京都生まれ。東京大学名誉教授。著書に「新しい鉄道システム」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/22 11:38

投稿元:ブクログ

引用省略。

 中国に輸出した新幹線が改造されて中国製と主張されたり、同じく中国での新幹線事故が起きた際にも、パッケージ輸出論が盛んになる。しかし、本書を読んでみると、中国では日本製だけでなく、ドイツ製、イタリア製の技術情報が一般書で公開されたり、フランスのTGVが新幹線を、新幹線がTGVを研究、切磋琢磨することで技術が進歩してきたことが分かる。

 日本人は新幹線は世界に誇る最高の高速鉄道システムと思っているが、本書を読んでみると意外にも世界的に見れば決して最新式ではない、むしろ旧式のシステムであることが分かった。

 国鉄末期の労使問題が新幹線の技術開発の停滞につながっていたとは。

2015/01/17 09:12

投稿元:ブクログ

新幹線の歴史をまとめた上に、国際的な視点から日本の技術のいる位置を概観した視点が貴重。日本の優れている点は認めた上で、諸外国に大きく立ち遅れている点がよくわかる。
大局観を持たずに、日本に特化した「新幹線システム」を現状のまま環境の異なる国に売り込もうとすることのナンセンスさも、指摘されると目を覆うよう。視野の広い人が出てきて欲しい。
磁気浮上鉄道についての一章もある。現在の予定線を使って、国際水準の鉄輪鉄道を敷く方が有効に思えてならない。
青函トンネルについては、新幹線が 140km/h に制限されることを知らなかった。その代案として、トンネル部分を単線並列とし、片方を新幹線、他方を貨物とし、輸送力の必要な貨物列車を続行運転しつつ、追い越す新幹線との相対速度を現在案と同じに抑える具体的なダイヤグラムが示されている。それを含め、日本だけが単線並列を採らず走行方向固定の設備しか持っていない現実と、その不利益を突きつけられる。
50 年の歴史という観点では、同時代を生きてきた人間には当たり前のこともこのようにまとめておかないと同じ失敗が繰り返されそうだ、と感じた。

2014/10/31 16:25

投稿元:ブクログ

海外の新幹線との比較や、国鉄時代の労使問題が技術開発が止まってしまった話など、興味深い。

技術論以外にも、なぜ東北新幹線がスピードを出さないのか?新幹線と在来線の行き来が不便なのは?
その理由を読むとバカらしくなる。

2014/08/04 10:34

投稿元:ブクログ

◆安全・快適・速いの三拍子が揃った日本の新幹線は、数多くの試行錯誤を繰り返し、海外諸国の技術も取り入れながらすこしずつ作られてきた。しかしその進歩とは反対に、世界の動向から離れた独自すぎる進歩を遂げてしまったところもある。この本は、その物語を伝えると同時に、今後の超高速鉄道の懸念と希望を検討する、未来を見すえる本でもある。

◆とくに、新幹線が誕生した当時の様子はすごい。新幹線窓口は人混みにあふれ、新幹線は火花をまき散らして走り、1時間程度のダイヤ遅れは日常茶飯事。線路と車両の劣化から、日中半日も運休にした大規模工事がおこなわれている。こんな状態から、線路、架線、車両(台車)、ダイヤ、あらゆる面での技術を進化させ、こんにちの新幹線がつくられていったのかと考えると、鉄道にまったく”うとい”私にも感慨深いものがある。

◆リニアモーターカーに関する部分は、鉄道ファンだけでなく一般にも関心が強いところだと思う。が、この実用に向けて待ち構える問題の数々が明らかにされている。設備(一列車ごとに専用の変電所が必要)の問題、ダイヤ設定の問題(直達・各駅の2種類では待ち合わせが増え非効率的)、輸送力調節の問題(在来線とは異なり、あとから増強することは困難)、編成が変更できない問題、景観問題(ほとんどトンネル)、そして鉄輪式鉄道の高速化(中国では、CRH380ALという営業用車両が486.1km/h の記録を出した)などである。リニアモーターカーが陸上を走る乗り物として圧倒的な超高速を実現するかと思いきや、鉄輪式鉄道の技術が追い付きつつある。リニアモーターカーの存在意義が揺らいでいる。

◆「技術史」である以上、少し難しい技術的な話もあるけれど、いわんとしていること自体はそこまで専門的ではないと思う。また、その運用や海外への輸出を見すえている点は、(わたしのように)一般の読者でも十分におもしろく読むことができると思う。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

1964年に誕生した新幹線は、大量の高速輸送を安定的に実現するため試行錯誤を繰り返してきた。新幹線50年の歩みを技術中心に振り返り、将来を展望する。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む