サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由(ブルー・バックス)
暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由(ブルー・バックス) 暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由(ブルー・バックス) 暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由(ブルー・バックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/21
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-257866-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由 (ブルーバックス)

著者 吉本 佳生 (著),西田 宗千佳 (著)

投資家たちを震撼させても、なお進化を続ける仮想通貨ビットコイン。どんなしくみで成り立っているのか、私たちの生活にどんな影響をおよぼすのか。その背後に潜む数学や暗号技術、経...

もっと見る

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり 「良貨」になりうる3つの理由 (ブルーバックス)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり

972(税込)

暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

投資家たちを震撼させても、なお進化を続ける仮想通貨ビットコイン。どんなしくみで成り立っているのか、私たちの生活にどんな影響をおよぼすのか。その背後に潜む数学や暗号技術、経済へのインパクトをくわしく語る。【「TRC MARC」の商品解説】

話題の仮想通貨「ビットコイン」とは何か?どんなしくみで成り立っているのか?背後に潜む数学・暗号技術と経済へのインパクトを詳説【商品解説】

著者紹介

吉本 佳生

略歴
〈吉本佳生〉1963年三重県生まれ。エコノミスト・著述家。
〈西田宗千佳〉1971年福井県生まれ。ネットワーク、IT、先端技術分野で第一人者として活躍するフリージャーナリスト。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

さっぱり分からない、だからこそ可能性があるのか、全くの御伽噺なのかも不明

2015/05/04 21:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:相場師 太郎次郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

偽造あるいは無限に製造できるのか、とすると石ころと同じ。
上限があるとすると、その流通に難あり。

国家を揺るがすと恐れるほどのこともないとなる。
ただし通貨制度が整っていない国にとっては有効であり、驚異でもある。

だから、どうしたレベルの理解しか今のところ出来なかった。
ここの所トンと、話題をきかないのは、地下にもぐっているからなのか、たいしたことがなかったからなのかも不明だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/25 00:26

投稿元:ブクログ

通貨とは何か、ということで経済学者の吉本氏が2章を、ビットコインとは何か、ということで西田氏が2章を書いている。ビットコインの技術的な側面についてはこのうち一章のみで、しかも「ハッシュというのがあって、、、まぁ、詳しくは説明しませんが、、、」というような書きぶりでやや物足りないかも。マウントゴックスがハッカー(?)被害に遭った経緯についても触れられていない。

ビットコインはメンコのようなもので、その価値は仲間うちだけで通用するものだ、という説明は腑に落ちる。

・ビットコインのシステムでは、取引の記録全てがネットワークを流れる。新しい取引が付け加えられると、nonceという数値を用いてハッシュが計算されるが、この際、ハッシュの頭から特定の桁までが全て0になるようなnonceを見つけることが「マイニング」で、25ビットコインが得られる。
これは取引のブロックが更新されるまでの10分の間に解かないといけないが、最高級のPCをもってしても計算しきれない量になっている。

マイニングがインセンティブとなり、取引を承認しようというPCが多く参加することとなる。取引を偽造しようとしても、そういうデータを使ってマイニングしようとする人が偽造グループ以外にいないので、更新が遅れ、承認されないデータになる。

2015/08/27 17:08

投稿元:ブクログ

ビットコインにかぎらずネット上の暗号通貨の存在意義はじわじわと高まってくるのだろう。それが「どういうものか(=通貨として通用する仕組みとその意義)」を大雑把に掴んでおくためには便利な本。

2015/05/05 08:28

投稿元:ブクログ

ビットコインってぼんやりとしたイメージしか持って無かったので、どういうものか知るために、ちょっと読んでみたら、大変得るものが大きかったです。
本書ではビットコインの説明だけでなく、通貨とは何か?またどういう機能があり、どのような発展を遂げ、今後どのようなことが予想されるのかがコンパクトにまとめられており、通貨の歴史的な流れの中でのビットコインがどういう位置にいるかも分かり大変面白く読ませていただきました。

2016/06/03 00:12

投稿元:ブクログ

 先日、会社用の小論文のテーマで決済方法について書く機会があった。
 いろいろ調べて、結論として将来的にはビットコインが本命ではないかと思うに至った。

 で、ビットコインの課題としてはセキュリティの問題があるのではないかと書いたのだ。
 ビットコインよく知らないくせに。
 ブロックチェーンの暗号化技術もよく分かってないくせに。

 書いて提出したはいいけど、結局ビットコインってなんなんだ?という疑問が残ったままになるのは癪だからビットコインについても調べてみた。

 本書を読んで、ビットコインの課題はセキュリティではないことを知った。いやぁ、知ったふりして頓珍漢なこと書いていてたなぁ。お恥ずかしい。

 ビットコインは仮想通貨と呼ばれるが、本書では統一して「暗号通貨」という言葉が使われている。

 ビットコインの肝になる技術は「ブロックチェーン」と呼ばれる暗号化技術だ。

 一昔前に流行ったWinnyは作者の逮捕によって収束したが、Winnyの基幹技術であった利用者全体でデータを分割し共有するP2P技術がブロックチェーンの元になっている。

 ビットコインの利用情報、マイニング、総量、あらゆる情報が鎖のようにどんどん増えていくことでセキュリティが高まる。
 もし、偽のデータを使おうとすると鎖は短く分岐するが、今までの長大な鎖が優先されるので分岐はすぐに途切れる。
 そんなイメージがブロックチェーン。

 ビットコインの肝は通貨としての価値ではなく、ブロックチェーンという暗号技術こそが技術の肝である。つまり、通貨以外に暗号技術を適用できる。


 ビットコインとは何か。概要を理解するには新書サイズがちょうどいい。

2014/08/13 16:38

投稿元:ブクログ

ビットコインに関して金融と情報技術の2人の第一人者が解説している。ビットコインが将来性のある物であることが分かる。

私はビットコインが国際送金の際に取引コストが低くなる、ネットで「投げ銭」が出来る、などの可能性に興味を惹かれた。

2014/05/28 09:24

投稿元:ブクログ

講談社ブルーバックス『暗号が通貨(カネ)になる「ビットコイン」のからくり』刊行記念 吉本佳生さん×西田宗千佳さんトークイベント
丸善 丸の内本店
開催日時:2014年05月29日(木)19:00 ~
丸善・丸の内本店 3F日経セミナールーム
定員100名様
要整理券(電話予約可)
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=5302

講談社のPR
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=257866

2014/12/09 21:54

投稿元:ブクログ

むずかしいけど、金融とか銀行の仕組みとかもちゃんとかいてあるので、ちゃんと理解すれば役立つ気がするなー

2015/05/21 21:35

投稿元:ブクログ

WIRED誌でもビットコインについて取り上げていたので、それと連動して本書を購入。理解を深めようと思い購入してみました。
本書は、IT(技術)と経済の両面からビットコインについて論が進みます。
私は大学で歴史系の勉強をしていて、正直経済や数学的なことは苦手です。本書もだいぶ噛み砕いて説明してくれてはいるのでしょうが、私の頭では一回読み通しただけでは理解が追いつきませんでした。
その点に関しては、時間があるときにも腰を据えてじっくりと読み直したいと思います。
個人的には、本書を読む前には簡単でもいいので経済について勉強しておくと理解しやすくなると思います。
結構経済的な用語が出てくるので。
ビットコインについて理解したい人にはいい一冊だと思います。

2014/09/09 19:45

投稿元:ブクログ

ビットコインが小額決済として有利な理由からはじめ、ビットコインを成り立たせる難しい数学的なシステムをわかりやすく説明している。説明を後にまわすことが傾向として多いが、本質を先に理解させるためだから辛抱強く読むことが推奨される。他にも、貨幣論的な話と金融論的な話もしっかり盛り込んである。

悪評もある中で、通貨における進化の可能性をビットコインが示しているとし、今後も成長しうるその根拠を述べたフェアな一書であると思う。

2015/01/14 06:14

投稿元:ブクログ

「ビットコインのからくり」というより、その前提となる「通貨」についての説明の本。その意味で肩すかし。

2014/09/22 20:11

投稿元:ブクログ

■「仮想通貨革命:ビットコインは始まりにすぎない」
 (野口悠紀雄 ,ダイヤモンド社 ,2014)も読んだが,
 本書の方が読みやすくてよかった。

2014/07/09 01:11

投稿元:ブクログ

口述筆記らしい文体。それだけに類書のなかでは飛び抜けて読みやすくなっている。かといって軽い本ではなく十分にタイトル通りの内容だ。
「通貨とは」などと演繹的に説明するのでなく、決済周辺の過去の歴史に触れながらビットコインなどの新しい仮想通貨または暗号通貨の説明をおこなっている。
ビットコインに関係ないようなところばかりメモしてしまったような気がする。が、これらが説明には必要であったと思う。もちろん、本筋の技術的な説明も、RSAとかハッシュ値とかマイニングとか、なされている。自分がすでに理解してるのでメモしてないだけで。
流通の発展とインターネットによる情報の流通のための国際的な決済手段、少額の決済手段が求められ、一方でそれを解決する情報技術ができてきたという節目にいるって感じ。
それが取引所破綻というニュースを経て、本作のようなビットコイン解説本が増えてきているということ。

p89.内国為替と外国為替では、先に内国為替が発展したと思いたくなりますが、中世ヨーロッパでは、国際決済をおこなう外国為替から先に発展しました。
p89.通貨が異なる国の間でおこなう外国為替なら、為替レート(為替相場)のなかに金利をふくめてしまうことで、実態として金利のやりとりが可能でした。だから中世ヨーロッパでは、外国為替が先に発展し、金利を禁止していたキリスト教の影響が強いなかでも、銀行業が成長できたのです。
p92.国際送金では、取引コストが格段に高くなることを覚悟すべきです。日銀ネットの代わりに銀行間の決済を完了するしくみが、公的には用意されていないことが、最大のポイントです。実態として、中央銀行の代わりをしてくれる銀行は存在しています。主にアメリカの大手民間銀行です。
p95.こうした決済ネットワークの事実上の中心にあるのが、アメリカの大手民間銀行であるからこそ、米ドルが基軸通貨として機能しているのです。。世界のいろいろな銀行がアメリカの大手民間銀行を決済の"ハブ"として使っているから、これを変更するのはむずかしいと考えられます。そうして、米ドルの基軸通貨としての地位は維持されているのです。実際に、世界の外国為替市場の取引の約9割は、米ドルを相手とする取引です。
p99.じつは、ビットコインの登場を脅威と感じているはずの企業として、クレジットカード会社があります。少額の国際決済をビットコインが担うようになると、クレジットカード会社の金融ビジネスを侵害するからです。他方で、アメリカの大手民間銀行はさほど困らないでしょう。すでに述べたように、国際決済ネットワークの中心にいるという既得権は、少額の決済についていえば価値の高い既得権ではありません。銀行は「少額の国際決済についてはビットコインに任せてもいい」と考える可能性が高そうです。
p181.ハイエクが通貨に競争原理を導入することを強く主張した背景には、国家と国家組織のひとつである中央銀行に対する不信感がありました。
p193.オランダ議会から貿易を独占する特権を与えられて、1602年に設立されたオランダ東インド会社は、出資金が10年間は据え置かれ、永続的な株式会社として資金��集めました(実際に、江戸時代で鎖国時の日本とも貿易をおこないながら、約200年も営業を続けました)。そして、ライバルであるイギリス東インド会社の10倍以上の資金を集めたといいます。設立時から現代の企業会計の基本である「複式簿記」が採用されており、利益は配当され、株を他人に売ることで出資金が回収できました。また株価は、東インド貿易の利益に影響を与えるニュースに反応して変動するなど、現代の株式会社と株式市場のしくみが、すでにできあがっていた点に驚かされます。不適切な会計処理によって、さほど利益がないのに多額の配当がなされたときもあったようで、このあたりの問題も現代に通じるものです。
p166.このミシシッピバブルがフランス国民に「銀行(banque)」という言葉を忌み嫌わせる原因になったため、フランスの民間銀行の多くは、その名称に「銀行」という言葉を入れていません。
p202.中央銀行は、イギリスとフランスが戦争をくり返し、お互いに国家の債務が通常の方法では処理できなくなった状況を強引に処理しようとして、かなり怪しい人たちによって設立されたものです。発券銀行としての役割を重視する近代的な中央銀行になったあとでも、いざ国家が戦争をするとなれば、戦費調達に協力して、軍人たちが要求するままに紙幣を印刷するはずです。国家が滅べば中央銀行も消えますから仕方がありません。日本銀行にもその前科がありますが、当時(戦時中)の日本銀行を責めても意味がありません。国家が莫大な戦費を投じて戦争をしてしまえば、国家財政は危機に瀕しやすいでしょう。中央銀行はしょせん国家機関であり、戦争を止める権限もありません。
p215.唯一の解決策は、強すぎるドイツがユーロから離脱することだと筆者(吉本)は考えますが、これは現実的ではありません。なお、著名投資家のジョージ・ソロス氏も、ドイツがユーロから離脱するしかないと主張しています。
p232.江戸時代の「国内にタイプが異なる複数通貨が併存して為替レートが変動する通貨制度」は、きわめて優れた通貨制度でした。唯一の、そして最後には致命傷となった欠点は、政府(幕府)が金・銀貨の裏づけとなる価値や、通貨制度そのものを変更できたことです。
p247.過去に安易に救済してしまった経緯があるために、当事者が救済を期待して過大なリスクを安易に負いやすい傾向にあります。その結果、さらなる危機を起こしやすく、かつ、起きたときの危機を大きくしやすくだからまた救済してしまう、という悪循環に陥っています。この点でビットコインは、最初から自己責任が強調されていますし、マウントゴックスの破綻とともに認知度が上がったことは、不幸中の幸いだったのかもしれません。p260.こんな単純化はまちがっているかもしれませんが、理系の人は暗号通貨という通貨携帯のイノベーションに注目しやすく、文系の人は政府から自由な通貨単位というイノベーションに注目しやすいように思われます。
p264.いま起きているのは、膨大な情報を世界中に運ぶ技術の発達が、数十年をかけて、通貨の大進化を促すという現象です。ビットコインのような暗号通貨が登場して普及する歴史的必然性があり、それに応える試みだからこそ、これだけ話題になっているのです。

2014/12/06 10:02

投稿元:ブクログ

ビットコインを科学の目から解説した本
暗号の勉強もできるし、経済の勉強もできる
内容はすごくおもしろかった

2014/07/02 11:14

投稿元:ブクログ

技術的な内容を期待すると、期待外れだが、一般的な通貨については示唆に富む内容だった。お金や資産について、いろいろ考えさせられた。ただし、最後の通貨の未来についてはほとんど理解できなかった。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む