サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから 会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/17
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5017-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

著者 大西 康之 (著)

会社が消えても人生は終わらない−。三洋電機がパナソニックに買収され、上場廃止になるまでのプロセスと、会社を失った元三洋電機社員の再生を綴る。「三洋電機井植敏の告白」の続編...

もっと見る

会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

会社が消えた日

1,728(税込)

会社が消えた日

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

会社が消えても人生は終わらない−。三洋電機がパナソニックに買収され、上場廃止になるまでのプロセスと、会社を失った元三洋電機社員の再生を綴る。「三洋電機井植敏の告白」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

 新潟中越地震での工場被災をきっかけに経営危機が表面化、2006年に米ゴールドマン・サックスグループ、大和証券SMBCグループ、三井住友銀行の金融3社から3000億円の出資を受けた三洋電機。その後、携帯電話、デジカメ、白物家電、信販といった事業は切り売りされ、本体はパナソニックに買収された。散り散りになった旧経営陣は今何を思い、10万人の社員たちは今どこで何をしているのか。経営危機の渦中、同族企業の混乱を克明に取材し、その後も電機業界の動向を見続けてきた新聞記者が、多くのビジネスパーソンにとって決して他人事ではない「会社が消える日」を描く。
 たとえ今の職場がなくなっても、人生が終わるわけではない。では、どこに向かって次の一歩を踏み出すか。かつて三洋電機に在籍した人々のその後の歩みは、貴重な示唆に富んでいる。重苦しいテーマを扱いながら、本書が「希望の物語」となっているのは、そこに会社を失ったビジネスパーソンの明るくたくましい生き様が垣間見えるからだ。【商品解説】

目次

  • 第一章 再会 井植敏は『ゼロ』を読んでいた
  • 第二章 決断 中村邦夫はなぜ動いたのか
  • 第三章 抵抗 野中ともよは「地球を守る」と言い放った
  • 第四章 一歩 「ニーハオ」から始めよう――ハイアールに買われた人々
  • 第五章 覚醒 こうやって黒字にするのか――京セラに買われた人々
  • 第六章 意地 最後の1個まで売り切ってやる!――校長に転身したマーケター
  • 第七章 謀略 私はこれで会社を辞めました――セクハラ疑惑をかけられた営業幹部
  • 第八章 贖罪 「首切り」が私の仕事だった…――高額ヘッドハントを断った人事部長
  • 第九章 自由 淡路島からもう一度――テスラを駆る電池技術者
  • 第十章 転生 「離職者再生工場」の可能性――ベビーバギーを作る生産技術者

著者紹介

大西 康之

略歴
〈大西康之〉1965年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、日本経済新聞社入社。欧州総局駐在、『日経ビジネス』記者、産業部次長などを経て、日本経済新聞社編集委員。著書に「三洋電機井植敏の告白」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

元三洋電機の社員です

2016/04/17 07:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かつて三洋電機に勤めていました。

パナソニックに吸収合併された時にはもう会社にいませんでしたが、その後の三洋社員について克明に書かれていました。
正直かわいそうだなと思いました。

内容はかなりわかりやすいです。また電気自動車のリチウムイオン電池については特に詳しく書いてあり、勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/22 18:20

投稿元:ブクログ

英国の古くからの投資家がいるのはエジンバラ、シティにいるのは成金

起業家が資本家になり、その資本が推進力となって新しい産業を生む。日本は違う。3代たったら資産を召し上げるシステム

真々庵 京都東山にあるパナソニックの迎賓館

消えた電池技術者 能間俊之

三洋 井植家 公私混同

ハイアール三洋エレクトロニクス 冷蔵庫 アクア
CM 小泉今日子

携帯電話 初めてマナーモード FMラジオ付き TVチューナ付き ノキアと提携 スマートフォンで乗り遅れる

デブラコードるす
ゴパン

新潟中越地震 もともと放漫経営だったのが、業績崩落のきっかけとなった

AMaz 淡路島で電池事業 雨堤徹

淡路島の偉人 高田屋嘉兵衛、井植歳男

西松屋で生産管理 ベビーバギー 

2015/05/01 08:31

投稿元:ブクログ

2011年上場廃止になった三洋電機。会社は消えても人生は終わらない。三洋がパナソニックに買収され、消滅に至るまでと、会社を失った元三洋電機社員の再生の物語。できまへんではなく、にっこり笑ってちょっと考えさせて下さいと言って、立ち向かうそんな人々のストーリー。メモ。(1)彼らの再生はかつての強さを取り戻す復活ではない。しかし、厳しい現実と折り合いをつけながら、彼等は新しい人生を掴み取った。そのしなやかさ、したたかさこそがこれからの日本に求められる一番大切な資質だと思う。
(2)皆で団結して、1つの方向にわーっと走る。そういう勢いみたいな部分は三洋電機の方が上でした。しかし、緻密さ、真剣さ、詰めに欠けていた。居心地はいいんですけどね。
(3)うちは常にお客さんの不満に耳を傾ける。ここが不便や、こんなもんがあったらええのに。そういう声を丹念に拾い集めて製品として形にするんです。これは面白い仕事でっせ。うちより大きい会社は立派な技術があって、立派な組織があるけど、お客さんを見ていませんわ。ごっつい広告費を掛けて強引にヒット商品を作るんですな。でも中にいる人間は歯車になっとる。あれで本当に楽しいんかな、と思いますね。
(4)親父を何とか支えようと頑張る息子達。それが敏時代の三洋電機の姿だった。…社員に愛され、社員の馬力を引き出したという意味では立派な経営者である。
(5)人減らしというのは麻薬です。纏まった人数を減らすというのは固定費が軽くなって、一時的に業績が回復した様に見えるんです。でも付加価値を生む人材を切り捨てて、ダメだと分かっていても手を出してしまう。だから、人員削減は会社を蝕む麻薬なんです。
(6)西松屋では自分が作った商品が直ぐ店頭に並びます。だから失敗すると、直ぐに分かるんです。そうすると、何で売れへんのかなあと考える。なんぼ偉そうな理屈を捏ねても結果が直ぐに出ますからね。とにかくお客様と近いんですよ。

2014/11/09 22:38

投稿元:ブクログ

2012年、超円高の最終年となったこの年、電機メーカーはパナソニック、ソニー、シャープが大幅赤字に陥り、赤字三兄弟と騒がれた。民主党政権の誕生とオバマ政権の自国産業強化策が重なり、日本の産業界は苦境にあった。これまで何度も苦しい時期はあった。しかし、この頃を境に家電は「輸入するもの」に変わり、量販店にはサムソンやLGの製品が並ぶようになった。この不可逆的な変化はどうして起こったのか、本書をこういう視点で読んでみるのも面白い。


2005年とまだメードインジャパンが充分生きていた頃、筆者たちは家電業界の苦境と三洋電機の沈没を予測した。その予言の成功がこの本を書かせた最大の理由なのだろう。当時も、家電メーカーの乱立とガラパゴス化を懸念する声はあった。経産省が書かせていたのかもしれないけど、今にして思えば、彼らの方が正しかった。であればこそ、業界の問題点と進むべき道に深い洞察を加えてこそ、この本には価値がでる。


三洋の滅びに焦点を当て、前半では征服者を恨み、後半では珠のような社員たちを活かせなかった経営陣への繰り言を述べる。そんな安易な構成で良いのか、というのが正直な感想。恨みや繰り言をベースにするのではなく、産業界の経営高度化に焦点を当てるとかすれば、もっと格調の高い本になったはず。多くの人が感じている違和感の源は、この辺にあるんじゃないか。

2014/12/09 17:28

投稿元:ブクログ

<主な気づき>
◆日本では事業家(経営者・創業家)が「資本家」になりきれないケースが多い
◆中国勢(ハイアール等)を格下にみてしまう日本人のおごり、うぬぼれ
◆野中氏の壮大なるビジョン(「シンクガイア」)
 ~ちまちまカネ勘定する経営者よりはマシ
◆「大将に恥をかかすわけにはいかぬ」(井植社長への思い)
◆会社の寿命より個人(社員)の一生の方が長い時代
→元SANYO社員はハイアール、西松屋、アイリスオーヤマ、校長等の多方面で活躍

2015/08/19 00:04

投稿元:ブクログ

[読んだ理由]==================
今の勤務先も消えそうな感じなので、先行事例の予習として。


[読んだ後の感想]==============
奔放な歴代の経営者のもとに、なぜ多くの個性的でパワフルな社員が集まっていたのか。
それは給与や会社の安定性ではなく、仕事の自由度と、会社と経営者に対する愛着なのか、と思った。
仕事の自由度はともかく、愛着はなかなか意図して高めることは難しそうだし、
三洋という存在は、色々と偶然の産物だったのかなぁ、という気もする。


[内容纏め]====================


[メモ]========================

■はじめに


■第一章:再会
「所有と経営の分離」の問題。欧米では株主が企業を所有し、株主から付託されたプロの経営者が経営をする。しかし起業家が資本家になりにくい日本では、起業家とその末裔である創業家が資産と権力を守るために、いつまでも経営者でいようとする。
一大で大きなビジネスを立ち上げた初代と、二代目、三代目の力量に差があるのはしかたがないことだが、それでも無理やり、創業家を社長に据えると、多くの場合は悲劇的な結末を迎える。脇の甘い二代目、三代目は、銀行から見ればカッコウの『お客さん』である。会社の株を担保にとった上で、あの手この手で融資を増やし、失敗したら株を取り上げ、会社から追い出せば良い。

三洋電機を追われ、何もかも失った敏は、ホリエモンと同じように『小さなイチ』を自分に足そうとしているのだ・二兆円企業の三洋電機を、世界10万人の社員を思うがままに操ってきた創業家社長にとって、腰掛けタップダンスや玉ねぎはあまりに小さな『イチ』である。だが、それを積み上げることが今の彼にとっては大切なことなのだ。


■第二章:決断
経産省の基本的な考え方は「チャンピオン+1」である。独力で世界と戦える日本のチャンピオン企業を1つ残し、その他の企業を1社に集約する。集約した会社は弱者連合だから、政府系ファンドに依る出資や政策投資銀行の融資で国が側面支援するのだ。
半導体のチャンピオン企業はNAND型フラッシュメモリで韓国サムスン電子と互角に渡り合う東芝だ。残りのNEC、日立、三菱電機は「エルピーダメモリ」と「ルネサスエレクトロニクス」に集約された。液晶パネルのチャンピオンはシャープであり、ソニー、東芝、日立の小型液晶事業は『ジャパン・ディスプレ』に集約された。個々にも産業革新機構が出資している。

中村は『破壊と創造』の旗を掲げ、肥大化し、グローバル化についていけなくなっていた松下電器を生まれ変わらせようとした。
もし三洋電機と松下電工を取り込んでいなかったら、現社長の津賀一宏が掲げる『車載事業』と『住宅関連議場』の二本柱は成り立たなかった。

能間のようにトップレベルの技術者には、彼らにしか見えないビジョンがある。底に向かって突き進むのがトップ技術者の本能である。その本能が満たされていれば、報酬のたかにかかわらず彼らは充足感を得ることができる。反面、そこにストレスを感じた時、彼らはやりたいことが出来る環境を求めて転職��ることがある。

能間が三洋電機で手がけていた車載電池は角型で、パナソニックは円筒形だ。
能間は角型で行きたかっただろう。しかし経営陣が『円筒形でいけ』といえば、総力を上げて円筒形に突っ込むのがパナソニックという会社である。パナソニックがテスラに対する円筒形リチウムイオン電池の大量供給を決めた阿智民具で能間が会社を辞めたのは偶然ではない可能性がある。

東南アジアなど海外にも歳男のファンは多い。ベトナムやタイでサンヨーブランドが強いのも、としおが尊敬されているからです。


■第三章:抵抗
「SONY cannnot save the earth, But we can(ソニーに地球は救えない。でも三洋電機にはできる)」

京セラ・三洋電機の資本提携は霧消したが、その後の三洋電機の姿を見て、稲盛はあの時、もう一歩踏み込まなかったことを悔いたのかもしれない。2007年末、三洋電機から『携帯電話事業を買ってくれないか』と打診が有った時、京セラの執行部は逡巡したが、稲盛は『すぐに買え』と命じて三洋電機を助けた。稲盛は敏との約束を、遅ればせながら果たそうとしたのではないだろうか。


■第四章:一歩
「一般的に、日本の人は何故会社を変わりたがらないのですか」
「組織に対する忠誠心のようなものがあるのだと思います」
「中国人より日本人の方が、余程共産主義的ですね」

「私は自分の妻が喜ぶものを作りたい。夜遅く家に帰って、自分が設計したエアコンを付けて涼しそうに寝ている子どもの姿を見るとうれしくなる。ソーラーはやっぱり身近ではないんですね。」

「ハイアールの中で厳しい競争が有りますから。私が技術指導で中国に行くと、呼ばれてない人たちまで集まってきます。皆必至です。ハイアールの経営陣が我々に求めているのは、ひと目で違いの分かる画期的な技術でしょう。「できません」と言ったら、また捨てられる。技術者は絶対にとまっちゃいけない。洗濯機で言えば、シャツの襟汚れをカンペキに落として切る前の状態に戻す。それが理想です。我々は三洋電機の文化を持って、ハイアールに来ました。負けるわけには行きません』

「自分で言うのもなんですが、三洋電機というのは代物の中で決して強いブランドではなかった。いつもパナさんや日立産よりは下に見られ、お客さんには『何だ三洋か』と言われていました。ところが、アクアに変わった途端『元三洋なら安心』でしょ。これってなんなんでしょうね』


■第五章:覚醒
docomoに従った日本メーカーは、docomoの海外戦略が失敗したため、海外でほぼ全滅となり、生き残ったのはdocomoに相手にされなかった三洋電機、京セラ、ソニーだった。

三洋電機の部門別採算は、開発にかかる材料費や人件費の『値段』を自分ではない他の誰かが決めていた。アメーバがないので、売上から経費を引いて黒字が出たのか赤字になったのかという結果もよくわからなかった。つまり部門別採算性という形はあっても、それをやりぬく意思と、結果に対する責任感がなかった。


■第六章:意地
「よく業界で、三洋電機は『一発屋』と言われるんです。後が続かんと。そのとおりなんやけど、ウチは常にお客さ��の不満に耳を傾ける。個々が不便や、こんなもんがあったらエエのに、そういう声を丹念に拾い集めて、製品として形にするんです。これはおもろい仕事でっせ。ウチより大きい会社は立派ながい術があって、立派な組織が有るけど、お客さんを見てませんわ。ごっつい広告費を掛けて強引にヒット商品をつくるんですな。でも中で働く人間は歯車になっとる。あれでほんとに楽しいのかな、と思いますね」


■第七章:陥


■第八章:贖罪
松下電器から独立した歳男も、最初は全部、自分でやっていたはずだ。仕事が増え、組織ができて、役割分担が始まる。それは企業が成長していく家庭でやむを得ないことなのだが、大きなパイが無数のピースに細分化され、小さなピースに閉じ込められた人たちは自分の仕事の本来の意味すら見失っていく。目の前の仕事に没入し、無益な縄張り争いを始める社員の目線を未来に向け、大きな目標に向かって価値観を共有させるのが、経営者の仕事である。『シンク・ガイア」の傍を掲げたの中は、その仕事をしていた、と亀井は考える。


■第九章:自由
電池は今、韓国勢が垂直統合で世界市場をせっけんしている。日本企業が垂直と魚号で巻き返すのは難しいかもしれない。だから雨堤は水平分業でやり返そうと考えている。それが、雨堤がパナソニックを辞めた本当の理由だ。


■第十章:転生
「日本の電機産業の最強時代を課長、部長として支えた人たちですから」

■エピローグ

2016/05/29 17:16

投稿元:ブクログ

僕も倒産を二回も経験している。三洋電機は吸収合併で会社が消えたが、ぼくの場合は突然の閉鎖だった。いつものように会社に出勤すると門が閉鎖されていた。待ち構えられていたバスに乗せられ、会館に集められた社員は会社が自己倒産したのを知らされた。この本を読んで思ったのは、巨大な会社でも会社が無くなる現実の怖さを知った。
自分の長年勤めた会社が無くなることは胸の中に空洞ができたような寂しさと悲しさがある。

2016/11/24 23:05

投稿元:ブクログ

日本の企業はレミングのようだ。
ブームに乗るとシェア争いをし、同じような巨大投資をし、潰れていく。
ただ忘れてはいけないのは、会社は潰れても人は残る。企業の精神は残る。そんなサンヨー精神をもった人たち、そしてシャープの精神を持った人たちが今後いろんな分野で協業し、活躍する、そんな未来をこの本は見せてくれているのではないだろうか。
ちなみにうちの洗濯機と炊飯器はSANYO製で、どちらも元気に働いてくれている。

2015/01/25 16:03

投稿元:ブクログ

とても面白く読んだ。
・こういうことは多分これからもたくさん起こる。
・何がうまい乗り切り方かはわからない。
・一言で言えば人間万事塞翁が馬だけど
・原子爆弾の誕生にもあった、こういう場合に助かるためには天才である必要はなく、1日だけ早く行動することだ、というのも当てはまる?
・技術者でない人の方が辛たったのかなあ

2014/12/06 12:45

投稿元:ブクログ

三洋電機が消滅する前後を書いた話。

色んな社員へのインタビューもあります。

成功話しばかりじゃなく、こういった話は読んだほうが良いっすね。ためになる。

2015/01/12 14:57

投稿元:ブクログ

当然ながら一社員にはなす術はない.同様の立場に置かれたとしたら,スキルを磨いておくぐらいしかないだろう.

2014/12/14 20:07

投稿元:ブクログ

経営者のせいなのか…、時代の流れに逆らえなかっただけか…。読んだ人が考えることだと思うが。
ここでは比較的上層のうまく転職できました的な人が多く描かれているが、末端は相当悲惨な現実があったと思う。

2015/03/06 10:58

投稿元:ブクログ

良くも悪くも日経記者らしい企業本。「ガイアの夜明け」的というか。登場人物が実名なので、悪い事はあまり書いてない。実際の10万人の中には、保身に走り他人を蔑ろにした人間や、逆に過酷な現実に直面した無数の社員がいるだろうと推察する。

2015/05/06 12:28

投稿元:ブクログ

 従業員10万人を抱えた三洋電機が上場廃止になり、パナソニックに吸収されて消滅していった顛末を、経営者やその後の従業員への取材を元に書いた本。

 伝統ある企業が破綻することは今では珍しくもないが、後ろ楯だと思っていたパナソニックがここまで冷酷な牙をむいてくるとは従業員は予想もしなかっただろう。もともと松下電器産業の兄弟会社のような存在だとは知っていたが、やはり会社が違うとライバル意識や確執があるようで、買収時の混乱もあって、すんなりパナソニックグループに残れた人は1割に満たないらしい。

 本書では、創業者一族である井植家の公私混同、電池技術が欲しいパナソニック、抜本改革を迫る金融機関とのスキャンダラスな対立構造を軸に名門企業の破綻劇を描いているのだが、それよりも印象に残るのは三洋電機の技術者や営業マンたちの仕事に取り組む姿だ。あえてそういう人を取り上げたのだろうが、破綻企業だろうと大企業や中小企業だろうと、会社を支えている従業員はどこにでもいることがわかる。
 シャープやソニーといった他社の例を見ても、経営者と現場の距離が遠かったと単純にくくれないところに、今の電機産業の変化の激しさと舵取りの難しさが見える。願わくは、パナソニックの住宅事業、車載事業の中で、三洋電機の技術がこれからも生き続けてほしい。

2014/06/29 14:04

投稿元:ブクログ

本書を読んで、つくづく会社とは人の集まりだということを思い知らされた。

人には人の数だけ生き方・考え方があり、その中でお互いのもつ共有部分を通して仕事が成り立っている。そのため会社が社員に対して求めるものは同じなれど、社員が会社に対して求めるものはそれぞれ異なってくる。

ただその中で一つ言えることは、どこでどう働こうとも、その人自身に人間力・仕事力が備わっていれば、フィールドが変わっても必要とされ輝き続けることができるということだ。だからこそ、日々目の前の仕事に尽力し、また一方で自分自身と真摯に向き合うことが求めれてくるのではなかろうか?

会社(の名前)が消え、社員が離散しようとも、その人自身の未来やそこで働いていたという過去が消えることはない。これだけ多くの人がいれば、その時々の流れの中で、偶然性が重なりあって思いもよらないことが起きることは十分考えられうる。

起きる起きないという結果に一喜一憂するのではなく、あらゆる可能性に備えながらもポジティブな気持ちで明日に向かって日々過ごしていきたいものである。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む