サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

春のお辞儀 句集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/04/17
  • 出版社: ふらんす堂
  • サイズ:18cm/124p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7814-0652-7
  • 国内送料無料

紙の本

春のお辞儀 句集

著者 長嶋 有 (著)

一九九五年~二〇一四年にかけ、同人誌、私家版のミニ句集、文芸誌、俳句誌などの雑誌、またテレビ番組や公開句会の場で発表してきた中からの二七九句を精選収録。名久井直子の装幀で...

もっと見る

春のお辞儀 句集

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一九九五年~二〇一四年にかけ、同人誌、私家版のミニ句集、文芸誌、俳句誌などの雑誌、またテレビ番組や公開句会の場で発表してきた中からの二七九句を精選収録。名久井直子の装幀で、完全な活版印刷での刊行。「しおり」には池田澄子、100%ORANGE、穂村弘、河野丈洋、米光一成ほか参加。【「BOOK」データベースの商品解説】

短日のピアノを嚙んでいた子供 見られれば歌うのやめる寒の明け はるのやみ「むかしこのへんは海でした」 1995年〜2014年にかけ様々な媒体で発表してきた俳句の中から279句を精選して収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/05/25 14:27

投稿元:ブクログ

俳句ってアバンギャルド!
全く予想だにしない季語が日々生まれているのかもしれない。どちらかというと、夏の俳句に多くの実感を感じた。

友だちの結婚パーティーの日に買った。パーティー会場の前の本屋さんで。発行日は2014年4月20日、ちょうど一緒なのだ。

2014/07/22 21:10

投稿元:ブクログ

この本は句集だ。しかしただの句集ではない。ごく当たり前過ぎてわざわざ表現するのもはばかられるような事柄や、まさか出てきそうにないモチーフのことを詠んでいるのだ。
ユーモラスかつ、どこか人を食ったような連作がたまらなく良く、そして深い。
もしかしたら読書感想文に選んだらいろいろ書けるんじゃないかと思うのだ。

2014/08/24 02:09

投稿元:ブクログ

俳人、長嶋有。いまやNHKのテレビにも出演し確固たる地位を築きつつある。何でもない日常の空白を思いもかけない視点で掬い取る。日ごろ見過してしまっている些事に驚くべき興趣があり、ページをめくるたび興奮させられた。読後はまことに清しいヤラレタ感。「拉麺をフォークで食べる正午なり。」「フェラーリの馬は案外落ち着いている。」「バス乗り場から見るバス乗り場暮れの秋。」「水筒の麦茶を家で飲んでおり。」「六月や美容師みんな痩せている。」「無人なら覗く詰所や桜餅。」「秋暑し割箸で食うハンバーグ。」「朝ハンバーグ昼ハンバーグ昼花火。」「美人だが面食いでしたちゃんこ鍋。」「昼顔や足裏見せて女寝る。」どれもこれも平板、平熱。口語
の現代仮名遣いが紙面を踊る。俳句というものをグッと身近に感じさせてくれる一冊である。

俳句・連歌 ランキング

俳句・連歌のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む