詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

臆病者のための億万長者入門(文春新書)

臆病者のための億万長者入門(文春新書) 臆病者のための億万長者入門(文春新書)
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社:文藝春秋
  • レーベル:文春新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660970-3

新書

  • 国内送料無料

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)

橘 玲 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

810 ポイント:7pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

800(7pt) 臆病者のための億万長者入門

紙書籍より:10円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

資産運用は金儲けの手段ではなく、人生における経済的リスクを管理するためにある。そんな「臆病者の投資家」に向けて、投資術を極めた作家が、資産運用で成功するための金融の常識を...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

資産運用は金儲けの手段ではなく、人生における経済的リスクを管理するためにある。そんな「臆病者の投資家」に向けて、投資術を極めた作家が、資産運用で成功するための金融の常識を教える。【「TRC MARC」の商品解説】

株を始めるなら、この1冊という信用を得てロングセラーとなった『臆病者のための株入門』から8年。ついに『臆病者のための裁判入門』に続くシリーズ第3弾が出ました!
今回は株だけではありません。宝くじ、年金、生命保険、株、投資信託、為替、不動産からアベノミクスまで、年金崩壊から国家破産と不安が尽きない時代に「虎の子」をどうすれば守り、増やせるのかでお悩みのあなたの疑問にすべて答えます。臆病者の資産運用を指南する決定版です。

億万長者になるのは簡単だ!
年金問題は個人的に解決できる
宝くじを買う人は資産運用に成功できない
金融商品は「理不尽な買い物」
株価はどのように決まるのか?
株式市場はまるごと買える
暴落こそが投資の最大のチャンス
長期的には高金利の通貨は安くなる
マイホームと賃貸、どちらが得か?
不動産の適正価格の割り出し方
国家破産は怖くない

あなたの常識は大丈夫?
銀行、証券会社にダマされない資産運用の常識を伝授します。【商品解説】

著者紹介

橘 玲

略歴
〈橘玲〉1959年生まれ。作家。2002年「マネーロンダリング」でデビュー。ほかの著書に「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」「臆病者のための株入門」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

いろいろな資産運用の記述に納得!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/12/06 21:32

評価5 投稿者:森のくまさんか? - この投稿者のレビュー一覧を見る

宝くじや生命保険のからくりについて きちんと記載されています。
私はどちらもやっていませんが、
これらのことを他人に聞かれたら 本書を読め!
と勧めたいです。

国営カルチョについては うまいこと書かれていて 楽しく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おすすめ商品の本

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/03/25 03:05

評価5 投稿者:ひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかりやすく、読みやすいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 億万長者への第一歩

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/31 10:02

評価4 投稿者:くろねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめて著者の本を購入しました。堅実な考え方をしており、参考にすれば、少しでも億万長者に近づけるかなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自己防衛

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/04/19 12:19

評価4 投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

自己防衛のための投資術という観点で、前提を疑えという姿勢には共感できる。ある種の性悪説に則ることは、さまざまな局面において必要になることだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

手引書ではなく意識改革

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/30 07:46

評価4 投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

入門と書いてあるが、この通りにすれば億万長者になれるというものではなく、資産運用に関する誤解や思い込みを解説していく内容。難しい知識がなくともいわゆる常識があてにならないことはよくわかる内容となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価0 投稿元:ブクログ

2014/07/03 08:40

働けば年金問題はなくなる
老後問題の本質は老後が長すぎることにある。だったらそれを解決するには老後を短くすれば良い
宝くじは愚か者に課せられた税金
生命保険 経費率の最も低い生命保険に加入、保証は必要最低限にする 保障が不要になったらすぐ解約する

貯蓄型保険 保険会社にお金をはらって定期預金するのと同じ
医療保険 年金受給者になったら医療保険は必要ない 医療保険はできるだけ受け取りにくくする(入院初日からは不要)
資産運用の4つの原則
確実に儲かる話はあなたのところに絶対来ない、誰も他人のことは真剣に考えたりしない、誰も本当のことを教えてはくれない、自分の資産は自分で守るしか無い

個人投資家 暴落をまって、株価が回復するまでドルコスト平均法で分散投資
ホームバイアス(自国びいき) 知らない外国より日本が安心
資産運用の基本 直感的に正しそうな話こそがもっとも疑わしい

日本の不動産市場 リスクプレミアムを加味した不動産の割引率は5% 
賃貸10万 一年間120万 理論価値は120/5%= 2400万

株式の手数料は下がったが、不動産仲介料は物件価格の3%+6万円

金融取引では商品の供給側と受給側の情報の非対称性が常に問題となるが、その弊害が最も大きいのが、不動産市場

評価3 投稿元:ブクログ

2015/10/17 15:01

不動産市場は超インサーダ市場。一般投資家によい投資が回ってこない。株が為替の方がまだオープン。
株もギャンブル。インデックス・ファンドに投資すべし。
という、昔からの橘氏の主張と同じような気がする。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/05/27 07:35

株式投資、保険、為替、不動産投資など資産運用の良質の入門書。要は、金融リテラシーを身につけ、金融機関や証券会社等のカモにならないようにということを主張している。宝くじを「愚か者に課せられた税金」、生命保険を「不幸の宝くじ」と表現しているのは言い得て妙だと思った。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/04/17 12:09

長期的に見れば為替相場は同じになる。
人口が減っている日本で住宅価格が下がるのは当然の流れ、にもかかわらずレバレッジをかけて購入するのは合理的ではない。
国家破綻が現実的になってきたとしても段階があり資産を避難させる方法は数多くある。



この本が書かれてから1年たっているが楽観的に考えても意外になんとかなっている。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/16 07:08

タイトルにある「臆病者」とは、金融業界の個人投資家のこと。彼らは、損失が即、人生設計を狂わせることになるため、臆病にならざるを得ない。だけど、一発当てて、億万長者になりたいという夢も持っている。

そんな彼らに送る著者からの言葉は「金融機関が熱心に勧誘するウマそうな話はすべて無視する」、「直感的に正しそうな話こそがもっとも疑わしい」といういたって健全なことだ。プロである金融機関は寝ても覚めても投資のことを考え、自らの儲けを最優先に考える。だから、「ウマい話」の果実の多くはプロがすでに刈り取っているのだ。

そのことを重々承知した上で、個人投資家はアベノミクスや年金問題、不動産投資などにどう立ち向かっていくべきなのか。皮肉を交えて、著者が金融の常識を教えてくれる。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/01/13 21:31

金融リテラシーの初歩をわかりやすい例で教えてくれている本書。
山崎元の「超簡単お金の運用術」と重複するところが多いのは、原理原則が同じだろうから、復習と思って読んで損はなかった。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/07/03 17:28

株式、為替、不動産、保険などの金融商品について、ファイナンスの世界で常識となっているNPVの考え方で紹介している素晴らしい本。著者は金融のプロではないので、ところどころ理論の誤認があがるが、プロではないので数式など使わず素人にもわかりやすく説明されていて、一般向け著書として優れている。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/06/20 13:41

相手から持ってくるうまい話はない、ということが一貫して書かれていると思います。

誰が凡人にいい話をわざわざ教えてくれるのでしょう。
いい話と思わせる技術は凄まじく高い人が多いので、引っかかる人が多数でるのでしょう。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/06/03 06:01

【シンプル】
橘さんの考え方はシンプルでわかりやすいです。余計な感情がはさまれていませんので明確です。
また、橘さんの文章を読んでいていつも思うのですが、すらすら読めてしまいます。流れがつかみやすく、読みやすいのです。


「暴落してからのドルコスト」賛成です。
問題は出口です。ドルコストでこつこつ投資して、どんどん株価が上がっていきます。ここまではいいのですが、いつ手を引けばいいのでしょうか!
むずかしいです・・・今度いつ暴落がはじまるかはわかりません。
ピークをねらわずに無難なところで、手じまいすればいいのでしょうけど。これはこれでタイミングがむずかしいです。
暴落がはじまる前まで株価が回復すれば手放す、これが一番無難な方法でしょうか。もう少し上がるような気もしますが。。。(ここで欲張るとよくない!)

やはり、入りより出が考えどころです。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/09/10 23:36

橘玲ワールドは今回も絶好調

この爽快感を味わうために読んでいるのかと錯覚してしまう。
今作品も「資産運用の常識」を著者独特の文才で気持よく心に落ちていきます。

冒頭で油公プライベートバンクが登場。
3章では「投資においてもっとも大事なのは、損しないことではなく騙されないことだ。」(P.68)と紹介されていたのは伏線だったのかとニヤニヤしながら面白さ倍増。

これ1冊で資産運用法を網羅するようなものではないけれど、文学作品好きで資産運用に興味があるのならば、名著巡りの途中で橘玲作品も読んでみることをオススメします。

必死になって難しい投資理論を学ぶのではなく、純粋に読むことが気持ちいいクールな作品。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.