サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ことり屋おけい探鳥双紙

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ことり屋おけい探鳥双紙

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:20cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-251181-2
  • 国内送料無料

紙の本

ことり屋おけい探鳥双紙

著者 梶 よう子 (著)

「あなたには、もう小鳥は売りません」行方知れずの夫の帰りを待ちながら、鳥を商う店「ことり屋」を営むおけいは、突然店に現れた美しい娘が、鳥にまったく興味がないにもかかわらず...

もっと見る

ことり屋おけい探鳥双紙

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あなたには、もう小鳥は売りません」行方知れずの夫の帰りを待ちながら、鳥を商う店「ことり屋」を営むおけいは、突然店に現れた美しい娘が、鳥にまったく興味がないにもかかわらず、紅雀、相思鳥、十姉妹と次々ともとめていく様子を不審に思う。娘が鳥を買い続ける理由とは…?おけいの元へ持ち込まれる鳥にまつわる不思議な出来事と、その裏に隠された恋模様を描く連作時代小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

失踪した夫を待ちながら、鳥を商う「ことり屋」を営むおけいは、小鳥を次々ともとめていく娘を不審に思い…。鳥にまつわる不思議な出来事と、その裏に隠された恋模様を描く連作時代小説。『小説トリッパー』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

【文学/日本文学小説】幻の青いサギを追って行方知れずになった夫を待ちながら、小鳥を商う店「ことり屋」を切り盛りする女主人おけい。店に持ち込まれる奇妙な事件の数々と、江戸の四季の移ろい、人間模様を丁寧に描きだす。新進気鋭の女流作家による、最新連作時代小説。【商品解説】

収録作品一覧

かごのとり 5−40
まよいどり 41−81
魂迎えの鳥 83−113

著者紹介

梶 よう子

略歴
〈梶よう子〉東京都生まれ。フリーランスのライターとして活動しながら、小説を執筆。2008年「一朝の夢」で松本清張賞を受賞。ほかの著書に「柿のへた」「立身いたしたく候」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.7

評価内訳

2015/07/17 21:49

投稿元:ブクログ

朝顔、薬草と植物が続いたので、今度の作品が「鳥」がメインとはやられた。

九官鳥の月丸、なにげにいい味だしているね。
あと、途中ででてきたダルマインコの太助が、女の子の名前をいいだしたせいで、とんでもない事件に発展して、飼い主が太助に別の言葉を必死で教えているという、話には思わず笑ってしまった。

最後の永瀬さんとおけいさんの恋模様と、羽吉の行方が
あかされるあたり、なんかせつない。

2014/06/25 15:49

投稿元:ブクログ

江戸時代の日本橋を舞台に、飼い鳥屋を営む若女将のおけいが主人公の人情ミステリの連作集だ。

今でこそ鳥を飼っている人の数は少ないように思えるが、昔は当たり前のように庶民は飼っていたのだろう。慎ましく日常を生きている人々が行き交う飼い鳥屋の光景を思い浮かべると、なんだか気持ちがなごむ。

そして鳥にまつわるエピソードを毎回盛り込んで、ちょっとだけ詳しくなる。知識が増えていくことも読書の楽しみの一つだ。

3年前に失踪した夫の羽吉の行方は? 
独り身のおけいを気遣う心優しい同心の永瀬との恋の行方は?
淡いラブストーリーと、おけいのまわりで起こる大小様々な事件をからめて、読者を飽きさせない。
そして羽吉の失踪がやがて大きなうねりとなって、最後まで推進力を失わない。

これからの作品をもっと読んでみたいと思わせる作家だった。

2015/09/27 00:23

投稿元:ブクログ

素晴らしい!
優しい文章だけど、芯が通った文章。
1話目のパンチがいいね、ペットに対しても同じ事が言える。
自由を奪った以上、責任を持たないといけない。
いい言葉だ。
羽吉の件はなー、双方悪くないけど時間が経ち過ぎてたていうのがね。
後味悪いけど仕方がないんじゃないかね。

2015/03/20 09:57

投稿元:ブクログ

【収録作品】第一羽 かごのとり/第二羽 まよいどり/第三羽 魂迎えの鳥/第四羽 闇夜の白烏/第五羽 椋鳥の親子/第六羽 五位の光/第七羽 うそぶき
 筋立てはありがちながら、「ことり屋」という商売にしたところに興がある。

2015/03/31 20:12

投稿元:ブクログ

幻の青い鷺を探しに行って行方不明になった夫を待ちながら、小鳥屋を守るおけいが主役の連作短編集。
江戸時代に小鳥を商う店というのが面白い。
謎解き話としてはわりと普通だが、語り口がいいしおけいの繊細な心情がスルリと入ってきて、ほっこりしてよかった。

2014/10/02 23:37

投稿元:ブクログ

胸の光る鷺を探して旅立った夫を待ち、稼業の鳥屋を営む女房さんの話。
カナリアがカナリアなのが気になったのですが、やはりカナリアだったのでしょうか?
オウムはバタンだとか書いてありましたが。

まあ、アレですよね。
谷なり滝壺なり、ありがちな話ですよね。

2014/06/23 21:42

投稿元:ブクログ

ちょっとユニークな切り口の時代物。
最後、行方不明夫の件がやや性急で
消化不良気味だけど、続きがあれば読みたい。

2016/02/11 15:27

投稿元:ブクログ

仕事で鳥を探しに行って帰ってこない夫を待ちながら小鳥屋を続けるおけいさんが、鳥に関わる謎を解く…というほど勇ましくはなく人情話し寄り。滝沢馬琴先生ご活躍。どの話しもよかったが、最後が…後味悪く…永瀬様達と幸せになってよ!そして続きはあるんでしょうか…

2015/01/26 21:21

投稿元:ブクログ

L ことり屋おけい探鳥双紙

江戸の飼鳥屋が舞台。そういえば数ある店の中でも鳥屋を題材としたものには出会ったことがなかったな。
おけいは鳥を販売する女店主。夫は三年前に珍しい鷺を探しに信濃に行ったきり行方知らず。
夫の帰りを信じ懸命に鳥の世話をするおけい。
販売した鳥たちのその後や客にからんで事件勃発。さらに事件がらみで八丁堀の旦那が現れ、夫がいない寂しさを埋めるかのようにおけいの心に住み着く。
夫と武家の役人、戯作者の滝沢馬琴も相まって話が進んでいく。
夫とのことはけじめがつけられたけど、まだ話の振り幅あるなー。

2014/09/06 15:11

投稿元:ブクログ

江戸の町が舞台。飼鳥屋を営む「おけい」という女性の物語。

元は夫婦ふたりで営んでいた飼鳥屋だったが、おけいの夫である羽吉は3年前に旗本からの要請を受けて、胸元が青く光る鷺(さぎ)を捕らえに旅に出、そのまま行方知らずとなってしまった。

おけいはひとりで立派にこの飼鳥屋を切り盛りし、羽吉が戻ってくるのを信じて待つ。




日々の飼鳥への世話の描写などは、取材だけではなく、もしかして作者の方は実際に鳥を飼育した経験があるのでは?とも感じられました。
また、物語のなかに出てきますが、江戸時代には「花鳥茶屋」という今でいう花鳥園のような施設もあったようです。
江戸時代の飼鳥事情がよく分かり、鳥好きな人ならとても興味深く読み進めることができると思います。

2015/05/07 23:48

投稿元:ブクログ

飼鳥屋を営みながら行方知れずの夫の帰りを待つ女性が主人公の7編の連作短編集。鳥を巡る大小様々な出来事の謎を解き明かしていく。
全編通して、寂しさと優しさが溢れている。切なく胸が締め付けられても、ふわり優しく包まれる感じがする。
主人公おけいを気遣う馬琴や同心など脇を固める人たちが固い。
おけいが幸せになりますように。

2016/03/05 20:34

投稿元:ブクログ

少し時間はかかったけど読み通せました。
小鳥屋さんという商売が昔からあったのですね。
今流行りのペットショップということになるんですね。この話を読んでいて はたと思い出したことがあるのですが、私の祖父が戦後 小鳥屋を営んでいたのを思い出しました。本に、出てくるように竹の籠で何樹類かの小鳥を売っていました。
私がほんの幼児だったので、忘れていたのですが、きっと昔は店が多くあったのだと思います。

この話は時代は違うけれど、現代でもありうる話で 主人公のおけいさんや近所に住む人たちの日が表されていて とても共感することもあり、読んで良かった一冊になりました❗️

2014/06/20 00:37

投稿元:ブクログ

青く光る鷺を探しに出たまま音信不通になった夫を待ちながら、飼鳥屋を営むおけい。
夫の声色を真似る九官鳥・月丸とともに「ことり屋」を守り続けて三年になる。
鳥にまつわる不思議な出来事をおけいさんが解きほどく連作短編集。
自殺か他殺かなんていう事件も出てくるので、日常系とはいえないのかもしれないけど、おけいさんの人柄や周りの人たちの優しさでほっこりしたトーンになっている。

江戸時代に、鳥専門のペットショップのような飼鳥屋というお店や、鳥カフェといった趣の花鳥茶屋などがあったことに驚いた。飼鳥屋には白バタンと呼ばれる大型のオウムなどの洋鳥を扱うお店もあったり、茶屋の方は真鶴や孔雀までいたらしい。
曲亭馬琴が鳥好きで、おけいさんのお店の常連客という役どころで出てくるのもおもしろかった。
いつもむっとした顔をしている頑固爺なのに、実は一人になったおけいさんを気遣ってお店を覗きに来てくれるなんだか可愛らしい先生。
そしてもう一人、おけいさんを気にして店を訪れるのが、北町奉行所の定町廻り同心の永瀬。

おけいさんは強い女性という描かれ方ではなく、淋しさ弱さ、女一人の心細さを持ちながら必死に店を守る姿で描かれている。
夫への熱い恋情を思い出したり、永瀬の穏やかさに安らぎを覚えたり、揺れる心模様にこちらもゆらゆら。

六羽(六話)で、夫・羽吉の身に起こったことが判明し、同時に新たな謎が浮上。
最終話の七羽へと続く。
おけいさんの切なすぎる決断に「強えな、おめえは。」と応えるひと。
淋しさ弱さを押し込めてきたおけいさんがどんな気持ちでその言葉を聞いたかを思い、胸が締め付けられる。
九官鳥の月丸の「イマカエッタヨ」
おけいさんが一番聞きたかった言葉。だけど聞けなかった言葉。
その声色は……というところで切なさMAX。泣きました。
「イマカエッタヨ」に込められた3年間の思いは、羽吉にもきっと届いたはず。
新しい一歩を踏み出そうとしているおけいさんが幸せになりますように。

2015/07/21 07:39

投稿元:ブクログ

2014年6月刊。小説トリッパー2012年春季号〜2013年秋季号連載に加筆修正。7編の連作短編。江戸人情ものですが、安易な設定、ありふれた展開で、面白みは、少なかったです。

2015/04/25 15:07

投稿元:ブクログ

しっかり者のおけいのところにちょっとした事件がもちこまれる、短編集。行方知れずの夫とのことは切ないけれど、実生活でカナリアの繁殖をしていたといわれる馬琴や、同心が力を貸して、物語を盛り上げています。
江戸時代、飼い鳥を商う商売があることは知っていたけれど、こういうふうなのかと思いながら読みました。