サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 法学・法律
  4. 小説で読む憲法改正 僕と三上さんと柳田先生の放課後

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

小説で読む憲法改正 僕と三上さんと柳田先生の放課後
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/02
  • 出版社: 法学書院
  • サイズ:21cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-587-03787-1
  • 国内送料無料

紙の本

小説で読む憲法改正 僕と三上さんと柳田先生の放課後

著者 木山 泰嗣 (著)

17才の主人公が、クラスメイトの女子高校生に触発され、憲法を学ぶ成長物語。話題の憲法改正が、ライトな恋愛小説で学べる本。【「BOOK」データベースの商品解説】国のあり方を...

もっと見る

小説で読む憲法改正 僕と三上さんと柳田先生の放課後

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

17才の主人公が、クラスメイトの女子高校生に触発され、憲法を学ぶ成長物語。話題の憲法改正が、ライトな恋愛小説で学べる本。【「BOOK」データベースの商品解説】

国のあり方を決めた基本ルールである憲法を変えれば、大きく社会は変わる。17才の主人公がクラスメイトの女子高校生に触発され、憲法を学ぶ成長物語を通して、憲法改正に関する知識を説明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木山 泰嗣

略歴
〈木山泰嗣〉1974年横浜生まれ。上智大学法学部卒業。弁護士。青山学院大学法科大学院、同大学法学部で教鞭をとる。2011年に「税務訴訟の法律実務」で第34回日税研究賞「奨励賞」受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/03/09 20:44

投稿元:ブクログ

登場人物のキャラが、あまりに変で、どうしても小説としては読めなかったけど、くだけた調子の憲法解説本としては面白い。
私はとことん護憲派なんだけど、護憲派が何を怖がってるのかも、とっても解り易く解説してあった。

2014/08/02 10:41

投稿元:ブクログ

この本を読んで自分がいかに憲法について分かってないか分かった。
日本国憲法は厳密にいえば、日本人ではなくアメリカ人が作ったものらしい。もちろん、少しは日本人が加筆・修正した部分もあるようなのだけれども、根本的にはアメリカ人が作ったものだとのこと。だから、現在の日本の憲法はアメリカから押し付けられたものだから無効だという人もいるらしい。これは結構驚愕だった。てっきり、日本人が戦争の行いを反省して作ったものだったのかと・・・。
後、自衛隊は九条に違反している可能性があるということも初めて知った。長沼事件という自衛隊が九条に反しないか争われた裁判があったようなのだけれども、棚上げされたらしい。解釈でOKということになってるようなのだけれども、そこまでいくとなんでもかんでも解釈でOKにできそうな気がするなぁ。実際、集団的自衛権も解釈でOKにしようとしているようだし。
後、諸外国の軍の人数にも驚いた。北朝鮮でも110万人いるんだとか。アメリカは157万人で中国は229万人、ロシアは96万人で韓国は64万人とのこと。たいして、日本は22万人だそうだ。こりゃ責められたら負けるな。アメリカが作った憲法のせいで多くの軍が持てないのだから代わりに守ってくれというしかない。
それにしても、近いうちに憲法改正の国民投票が行われるのだろうか。その時が来る前にもうちょっと憲法の勉強をしておいたほうがいいのかもしれない。
なお、小説のほうはかなり稚拙に感じた。"がーーーーん。がびがびーーーん。"なんて表現がでてきたときは思わず本を投げそうになった。キャラクターの性格もいろいろ破綻している。サトラレか! と思わず突っ込みたくなる箇所が多々あった。それと、現実にある話なのに別の名前を使っていて混乱した。安部総理の立場の人を原総理としているのはともかく、自民党を民自党とまではする必要なかったんじゃないかなぁ。調べてみたら民自党って過去に実際に存在していた党みたいだから余計に。

2014/07/30 18:22

投稿元:ブクログ

○弁護士で法律関係の著書の多い木山氏の著作。
○「憲法改正」をテーマに、日本国憲法についての解説を中心として、憲法改正、解釈改憲等の検討について、わかりやすく解説したモノ。
○小説としては三流だが、法律論の解説としては分かりやすい。
○憲法を分かりやすく理解するという観点では、オススメ。(ただ、法律論を下手に登場人物の会話に盛り込まなくても良いのかなと思った。)

憲法 ランキング

憲法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む