サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

女系の総督
女系の総督 女系の総督

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/14
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-218958-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

女系の総督

著者 藤田 宜永 (著)

森川家に棲まうのは、母、姉はもちろん、子供たちから二匹の猫まで女だらけ。崇徳にとって、女は知れば知るほど理解できない摩訶不思議な生き物だった。彼女たちの“秘密”を垣間見た...

もっと見る

女系の総督

1,890(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

女系の総督

1,512(税込)

女系の総督

ポイント :14pt / 紙の本より378おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

森川家に棲まうのは、母、姉はもちろん、子供たちから二匹の猫まで女だらけ。崇徳にとって、女は知れば知るほど理解できない摩訶不思議な生き物だった。彼女たちの“秘密”を垣間見た時…女難と恋が押し寄せる!父親に必要なのは、愛と努力と少しの秘密…家族、仕事、恋、健康―人生のすべてが詰まった直木賞作家の集大成!【「BOOK」データベースの商品解説】

母、姉はもちろん、子供たちから2匹の猫まで、女だらけの森川家。崇徳にとって、女は知れば知るほど理解できない摩訶不思議な生き物。彼女たちの秘密を垣間見た時、女難と恋が押し寄せて…。『信濃毎日新聞』等連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

反論はしない、意見は控えめに、意見を述べたらしばらく黙る。
それが女系の家に生まれた男の処世術――。

森川家に棲まうのは、母はもちろん、子供たちから二匹の猫まで女だらけ。
十数年前に妻を亡くした一家の主・崇徳(むねのり)にとって、女は知れば知るほど理解できない摩訶不思議な生き物だった。
家族が織りなす大小の事件に、本日も孤軍奮闘、右往左往。
彼女たちの”秘密”を垣間見た時……女難と恋が押し寄せる!

家族を続けるのに必要なのは、愛と努力と少しの秘密……
家族、仕事、恋、健康――人生のすべてが詰まった、直木賞作家の集大成!【商品解説】

著者紹介

藤田 宜永

略歴
〈藤田宜永〉1950年福井県生まれ。早稲田大学第一文学部中退後、渡仏、エール・フランスに勤める。帰国後、エッセイを書きはじめ、「野望のラビリンス」で小説デビュー。「愛の領分」で直木賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/01 22:09

投稿元:ブクログ

ひと昔、いやふた昔前の、威厳と力でもって家族の中心に君臨していた父親とは違う形だけど、それでもソートクがこの女ばかりの家族の中で中心にすっくと立っているのには違いない。次から次へと問題が押し寄せてきてホントに息つく暇もない。
女同士ってなにかと面倒くさくはあるのだろうけど、歳を取った姉妹が仲良く旅行なんかしてるのを見ると心からうらやましいと思うのです。
そして、父親。雷おやじや亭主関白はイマドキ流行らないけど、やはり家族の中心には父親が必要なんだなぁ。娘にからっきし弱くて妻には適当に転がされつつも精一杯の愛情で家族を守る、そんな父親に心からエールを送りたい。

2014/08/31 08:23

投稿元:ブクログ

母、姉、妹、娘、孫、姪、猫に至るまで全員女。女に囲まれて暮らす大家族の中心にいるのが59歳の崇徳(そうとく)さんです。単純に大家族って賑やかで寂しくなくていいなと憧れていましたが、家族の中でも決して明かしてはいけない秘密を背負っていかなければいけない場合もあるんだなと後半では涙が出ました。いろいろ厄介な事件が次々と起こるので長編ですが飽きません。家長の主人公が娘や姉妹の彼氏や夫とうまくコミュニケーションをとっているところもステキです。大人の恋愛小説としてもほどよく、楽しめました。

2014/06/26 06:24

投稿元:ブクログ

女ばかりだと、いいこともあるけど悪いこともある。
そんな中での男の役割。
うちは男系で良かった・・・

2014/08/16 19:45

投稿元:ブクログ

姉と妹に挟まれて育ち、男の子が欲しい…と神頼みしても
自分の子供3人はすべて女。

同居する母と娘2人、孫と姪とネコ2匹のオンナに囲まれた
女系家族の王道を行く崇徳さんが
家族のために奮闘する物語。

近所に住んでいる姉もちょくちょく遊びに来て
森川家はいつも賑やかです。
その分問題や気がかりなことも多くなり、
自分の家を『熱帯雨林』とたとえる始末。

こんなに長年女性に囲まれて暮らしていても
女性に詳しくなるどころか、未だに理解できず
驚くより感心しているくらいなので、
よくわかってらっしゃる~と
地雷踏んでますけど~を繰り返してます。

なのですが。
記憶が曖昧になった母に対する接し方が素敵で、
家族からの相談をバシバシ受けてしまうのは
こういう家長だからなんだなぁと。
結構頼りにされている父なのです。

女性が元気で強いのは、
その家族が円満だからなのですね。
グッと抑える男心、有難さが伝わる一冊です。

森川家の一員の元迷い猫姉妹のメグとグレ。
崇徳さんだけに懐かないという設定で
崇徳さんが出てくると逃げてしまうので
後姿の描写ばかり。

…もうちょっと登場してほしかった…残念。

2015/03/21 23:18

投稿元:ブクログ

森川崇徳、59歳。
曾祖父の時代から続く女系家族の中の男ただ一人。

少し認知症の始まった母。
過去の浮気のせいで反発して家を出て競艇選手になった長女との確執。
姉、妹、娘、孫、姪の持ち込む様々な問題に、
孤軍奮闘する崇徳さんの悲哀がなんともいえず面白い♪

おまけに飼い猫ちゃんのメグとグレ。
食事やトイレの世話まで、かわいがっているにもかかわらず崇徳さんに全く懐かない。(笑)
男の人が嫌いなのかと思いきや、娘婿の通称カメムシくんには懐いてる。
果ては、我が運命を薄命の三毛猫の雄にたとえる始末。

カバーが猫ちゃんをだっこしている崇徳さんなので、
もっと猫ちゃん出てくるかなあ?と期待してたんですが…。

長女、美千恵の大好きだからこそ許せなかったり、素直になれず反発してしまう気持ち…。
父、崇徳さんの不器用で深い愛情…。
娘である私にはとても感慨深かったです。