サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

慰安婦問題(ちくま新書)
慰安婦問題(ちくま新書) 慰安婦問題(ちくま新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/04
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-06782-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

慰安婦問題 (ちくま新書)

著者 熊谷 奈緒子 (著)

従軍慰安婦は、なぜいま大きな問題となっているのか。問題が複雑化した経緯をたどり、戦後補償問題、アジア女性基金問題、女性の人権問題に対する国際的関心の高まりについて解説。冷...

もっと見る

慰安婦問題 (ちくま新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

慰安婦問題

756(税込)

慰安婦問題

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

従軍慰安婦は、なぜいま大きな問題となっているのか。問題が複雑化した経緯をたどり、戦後補償問題、アジア女性基金問題、女性の人権問題に対する国際的関心の高まりについて解説。冷静な議論のための視点を提供する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

熊谷 奈緒子

略歴
〈熊谷奈緒子〉1971年生まれ。ニューヨーク市立大学大学院で政治学博士号を取得。国際大学大学院国際関係学研究科専任講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/08 11:15

投稿元:ブクログ

政治的な次元で捕えらがちになっている「慰安婦問題」を、主として女性への性暴力という広い視野から位置づけ直し、冷静な議論を訴える一書。政治的な問題に矮小化することなく広い視野で慰安婦問題を捕えようという意見は、まったくその通りで魅力的な話である。のだが、本書を読むとこの問題の「政治的であるがゆえの慰安婦問題解決の困難さ」が際立ってしまったように思えた。しかしそうだとすると、歴史研究って何なのだという気にならざるをえない。愚直に史実を求める歴史研究は、結局政治問題化したとき無意味化される、ということになってしまいかねない恐ろしさを感じるのだ。

2015/10/11 16:45

投稿元:ブクログ

何ともストレートなタイトル。そしてそれに見合うだけの本だと思う。問題を概説するとともに、解決策を提案している。
アジア女性基金などでは不足であり、あくまでも政府の謝罪・補償を求めて譲ることのできなかったリベラル派の罪に触れているところに注目。どこかで折り合いをつけるべきだったのに、それができなかったことが和解を遠ざけたという面は確かにあるだろう。そのことをいわゆる慰安婦問題を認めたがらない側の非難ありきの非難でない視点から論じている点に価値があると思う。確かに政府の謝罪と補償に結びつけばそれは望ましいのだが、さまざまな立場の言い分をすり合わせることが現実的にできるのか、また、当事者に残された時間が限られていたり、主義・信条より補償金を得ないと生活も立ち行かないというような例があったとしたらどうなのか。過度に理想的な解決に固執しすぎるのも、それが当事者であればよいと思うが、「当事者の周囲」が当事者づらして振る舞うのはよろしくないだろう。
このように謝罪・補償をすべきとする各派が一致団結できないのは残念だが、それもまた、一時はこちらのほうが優勢だったのだから、その流れのなかでよりよい方向を目指したまでだと思う。ところが、結局解決がつかないままに潮流がどんどん変わってきつつあることが不幸であり、その潮流の変化は早いうちに止めなければいけない。「慰安婦問題に関する日本側の前提には『ご迷惑をおかけしました』という姿勢があるはずである。日本としては過去に対する反省と謝罪の認識を土台として外交を継続しているのである。その前提を守るような公の発言や姿勢の一貫性が求められる」(p.222)ということだろう。
あわせて、やはり慰安婦問題とはジェンダーの問題としてみるべきだ。戦争や植民地支配という過去のなかの一事例として解決しようとしてはいけない。今でも、かたちを変えて本質的には同じような性的搾取や父権主義的な観点に虐げられている人々がいる。それらの根本的な問題解決に向けた一つの課題としての慰安婦問題であるべき。

2015/07/08 16:21

投稿元:ブクログ

【所在・貸出状況を見る】
http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=all&category-mgz=all&materialid=11400328

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む