サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

野垂れ死にの覚悟
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/24
  • 出版社: ベストセラーズ
  • サイズ:18cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-584-13569-3
  • 国内送料無料

紙の本

野垂れ死にの覚悟

著者 曽野 綾子 (著),近藤 誠 (著)

「野垂れ死に」が当たり前の時代が来る。その覚悟が必要だ−。医者にかからない作家・曽野綾子と、乳房温存療法のパイオニアとして知られる治療しない医者・近藤誠が、後悔しない生き...

もっと見る

野垂れ死にの覚悟

1,134(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「野垂れ死に」が当たり前の時代が来る。その覚悟が必要だ−。医者にかからない作家・曽野綾子と、乳房温存療法のパイオニアとして知られる治療しない医者・近藤誠が、後悔しない生き方について語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

曽野 綾子

略歴
〈曽野綾子〉1931年東京都生まれ。聖心女子大卒。作家。ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。
〈近藤誠〉1948年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。同大学医学部放射線科講師。菊池寛賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

組み合わせの妙

2015/12/06 20:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は曽野綾子氏になっているが、表紙は近藤誠氏との連名。この組み合わせが読ませどころでもある。世界の僻地を歩いてきた曽野氏と、終末期の患者を看取ってきた近藤氏。だからこそ医療への疑問が実感できるし、野垂れ死ぬことをも考えさせられる。宮仕えをリタイアした身。タイトルに惹かれて読まされたのだが、期待通りに濃い内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/05 16:51

投稿元:ブクログ

まさに私が今思っていることを代弁してくれたような対談。自然死。最高の死に方だろう。そのためには、、。潔い死に方。今をどう生きるかにかかっている。

2014/11/22 16:37

投稿元:ブクログ

「治療しない医者」として有名な医師 近藤誠氏と、「医者にかからない作家」「薬に頼らない作家」である曽野綾子氏が、「生き方・生きる覚悟」つまり、それと表裏一体である「死に方・死ぬ覚悟」について行った対談をまとめた一冊。

個人的に曽野綾子氏の著書には多数触れさせて頂いていますが、どの作品においても、そして本書においても常に一貫してぶれることはありません。
近藤誠氏の著書を手にとったのは初めてですが、「治療しない医者」として有名な氏のインタビュー記事などは拝見しておりました。

扱っているテーマは重いように感じますが、大先輩お二人の対談は至って軽快。
まさに、「覚悟」をもったお二人に相応しい対談となっています。

ボリュームもっそれほどないので、自分自身の生き方・振る舞いをチェックするのにざっと読み返す、そんな使い方ができる一冊だと思います。

【本書抜粋 曽野綾子】
死学を教科にとり入れるべきなんです。
死はみんなに100パーセント来ることなんですから、教えなきゃいけない。
そうでしょう?
ビルの火事とか、船が沈んだ時の脱出法なんて、大抵の人が遭わなくて済む事故ですから、訓練しなくてもいいんです。
でも死だけは教えなきゃいけない。
---

2014/07/19 12:30

投稿元:ブクログ

タイトルが面白かったので、読んでみた。

気にいった目次
 百歳を超えて元気な人は医者に近づかず肉が好き

 風邪は薬で長引く がんの九割は治療で命が縮む

 医者に近づかないのが健康長寿の秘訣

 ボケもがんも遺伝より生活習慣で決まる

 ボケたけなけりゃ頭と体を使って、薬をやめなさい

 毎日毎日やることがあるのが最高のアンチエイジング

 「気持ちいいこと」がいちばん健康にいい

 

2014/07/08 23:31

投稿元:ブクログ

曽野綾子と近藤誠の対談集。

本の帯・カバーに書かれた
『大量老年難民の時代を前に思い通りにならない人生を、後悔しない、潔い生き方とは?』
『年金も介護制度も行き詰まり、野垂れ死にが普通になる時代が一度は来る。その時、自分を誰とも比べず、「私はこれでいい」といえる覚悟』
は、問題提起としては的を得ている気がした。

以下、本文より気になった箇所を備忘録的に。
(※抜粋なので、前後の文脈を踏まえ全体を理解したい方は、全文をお読み下さい)

「これから一番大変なのは、いやな話ですけど「年寄りをどう始末するか」っていう問題ですね。どうしたら穏やかに、比較的幸福に、不当な長生きをしないようにするか。もう始めなきゃいけないことですけど、国も医学界も何もやってらっしゃいません。国だけじゃなくて、長寿に奔走したドクターたちにも責任がありますよ。私が知りたいのは、これからの介護問題について、行政や医療界は、どういうふうに危機感をお持ちなのかということです」(曽野)

「日本には、「とにかく長く生きることが貴い」という価値観がありますよね。意識を失っても寝かせっきりにして、強制的に栄養をあげてずっと保たせようという。」(近藤)

「私はね、農業をやって納得したんです。必ず「間引き」をやらなきゃ、どんな葉っぱひとつでも育たないんです。だから人間もある程度積極的に、生かす者を生かして、勢いの終わった老人をとっていくことが必要なんです。私が決めたんじゃなくて、それが自然の摂理というか。一粒の麦がもし死ななければ・・・って有名な言葉がありますけど、あれも親麦が死ぬことで、豊かな実りが得られるという話ですから。皆いつまでも生きられるような気がしているのは、農業しなくなったからですよ。私は畑でもって、自分が「間引かれる」ほうに賛成して、納得しているんです。間引くか、間引かれるか、どちらかになるんです。」(曽野)

「だからこれから先、介護してくれる人がいなければ自分で自分を看て、力尽きたらそれまでっていう時代が一度は来ると思いますよ。それがいい、悪いっていう話じゃなくて、どうしてもそうなっていく。その後、日本の人口が減ったところで、また違うシステムが出てくるんじゃないかと。」(近藤)

2014/11/08 18:06

投稿元:ブクログ

共感する部分多し。
80歳過ぎたら、医者にかからない方が長生きできる。
(手術や薬漬けで死期を早めるそうだ)というのにも納得。
今から、ひとりで出来る楽しめる趣味を見つけておこう。

人生訓(高齢者) ランキング

人生訓(高齢者)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む