サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

経眼窩式
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/15
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/418p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-05071-0
  • 国内送料無料

紙の本

経眼窩式

著者 植田 文博 (著)

古ぼけたアパートの一室で再会した父親は、日常生活もままならない変わり果てた姿となっていた―遠田香菜子は、そこで偶然出会った青年とともにアパートの調査を開始する。そんな彼ら...

もっと見る

経眼窩式

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古ぼけたアパートの一室で再会した父親は、日常生活もままならない変わり果てた姿となっていた―遠田香菜子は、そこで偶然出会った青年とともにアパートの調査を開始する。そんな彼らに、ある男が近づいていた。そしてそれを、ある女が監視していた。やがてふたりは、凶悪事件の壮大な陰謀と、初めて芽生えた感情の渦に呑み込まれてゆく。島田荘司選、第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ばらのまち福山ミステリー文学新人賞(第6回)】古ぼけたアパートの一室で再会した父親は、日常生活もままならない姿となっていた。香菜子はそこで偶然出会った青年とアパートの調査を開始する。やがてふたりは、凶悪事件の陰謀と初めて芽生えた感情の渦に呑み込まれてゆく。【「TRC MARC」の商品解説】

島田荘司選 第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作!
古ぼけたアパートの一室で、変わり果てた姿となった父親と再会した遠田香菜子。
そこで出会った青年とともにアパートの調査を開始するうちに、凶悪事件の壮大な陰謀と、
初めて芽生えた感情の渦に呑み込まれてゆく。【商品解説】

著者紹介

植田 文博

略歴
〈植田文博〉1975年熊本生まれ。会社員をしながら執筆活動を行っている。2013年、「経眼窩式」でばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/26 20:03

投稿元:ブクログ

ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作だそうだ。
賞自体も格式が高いのかなんだかよく分からないが、小説としても今ひとつ練りきれないまま出してきたような感じで、読んでいて入り込めない。

ETC,ETC、としきりに言っているが、これはECT(Electro-Convulsive Therapy)の間違いでしょうね。ETCは高速道路のゲートを通るときのアレ。

あらすじは、行き詰まった医療機関が、無差別大量ロボトミーをほどこして、痛みや苦痛に鈍感になった患者をアパートに囲い込んで仲間内のクリニックを一日何度も受診、侵襲的なものを含む治療を受けさせていた、という貧困ビジネスモデルと、そこに絡み取られた父親を救おうとする女性、自らも被害者である男性の二人を軸に進んでいく。

2014/11/18 11:51

投稿元:ブクログ

遠田香菜子は事故で左眼が義眼だ.無理矢理ひっばり出された飲み会で楡川隆也に会う.遠田は失踪した父を発見するが、見る影もなく落ちぶれて生活保護者としてアパートで暮らしている.そのアパートには同じような者が居て、毎日病院に通わされている.ライターの甲本悠子の地道な活動で、父たちが病院に搾取されていることをつかむ.遠田と楡川も調査に加わるが、おぞましい手術の実態が次第に判明してくる.杜若周一と彼の父幸一郎が中心になったブラックビジネスが真相だ.周一の動きと恋人だった清谷望美の証言で全てが明らかになる所が圧巻だ.

2014/07/01 16:15

投稿元:ブクログ

第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作。
タイトルからぴんとくる人もいるだろうが、私自身はロボトミー手術と聞いても「女優フランシス」くらいしか知らなかったので、プロローグの描写からのけぞる。
腰が引けつつも、もう少し……と読み進めたら止まらなくなった。
本編に入ってからも度々出てくる施術の描写はやはり苦手だけど、話の流れにどんどん読まされてしまった。

貧困ビジネスと医療サスペンスの合わせ技。
推理ものというよりも、サスペンスの色味が強い。
未読の興を削ぐようなネタバレにはならないと思うが、気になる方は以下ご注意を。


失踪した父を偶然見つけ、現在の住まいであるアパートを訪ねた遠田香菜子はそこにいた父の様子がおかしいことに気付く。
世話をしているというボランティア団体の胡散臭い人間が出てきて、怖くなったところを助けてくれたのが、楡川という青年。
彼の叔父も同じ団体に「保護」されているという。

乗っ取られる寸前まで経営が傾きながら、なぜか急に潤いだした病院の院長、息子の副院長、遠田の父たちを保護する団体との関連と事件性を感じ、記事にするべく追っているフリーライターの女性……
人と出来事が少しずつ繋がってくる。
そこから浮かび上がってくる、おぞましい手術と冷酷無比な術者。

「犯人」が捕まってからの最後100ページ弱が少し長い。
表面上、事件が明るみに出てからでも、登場人物の多くが何かを隠している。
その隠された真相が一つ一つ明らかになり、人物の印象が二転三転する。
キモともいえる部分だが、もっと「本編」に挿入できなかったものかと。

選評(島田荘司)にあるように読者の評価は「結末へ向けた思い入れの読書を続けられるか否か」にかかる。
他人の視線を恐れ、うつむいてばかりだった遠田さんの変化が嬉しく、すっかり彼女に思い入れてしまった私は「桁外れの純情とセンチメント(同選評)」に同意できた。
遠回りしたラストシーンに、読後感が一気に良くなる。

2014/07/09 15:19

投稿元:ブクログ

ロボトミー手術と貧困ビジネスを掛け合わせた社会派サスペンス。
コンプレックスを抱いているヒロインが、事件に巻き込まれながらも劣等感を克服していく描写や猟奇的なシーンの生々しさが素晴らしく、新人離れした文章力だと思いました。
しかし、中盤の情報集めは同じような話の繰り返しで少々ダレ気味ですし、終盤の二転三転するミスディレクションも犯人が捕まってからの展開なので面白味が半減してしまった感があり、構成面で不満が残りました。

2014/07/08 17:44

投稿元:ブクログ

今やっと読み終わった。不気味さの中に恋愛の切なさを盛り込んでいて、読み終わった後は少しホットした。なかなか、一筋縄ではいかない推理でドキドキしながら読んだ。ロボトミーはカッコウの巣の上で知っていて、始めからロボトミーされたんだろうなと思っていたが、それをビジネスとして利用するなんて思いもつかなかった。 話はカッコウに戻るがデニーロの演技凄かった!
けど、最後杜若さんが、何故事実を言わず死刑を望んでいるのかその心理が理解できない。父親の罪を自分が背負おうとしているのか?なんか、杜若さんが、可哀想すぎる。