サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 99%対1%アメリカ格差ウォーズ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

99%対1%アメリカ格差ウォーズ(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277797-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

99%対1%アメリカ格差ウォーズ (講談社文庫)

著者 町山 智浩 (著)

アメリカの富を独占する上位1%の富裕層と、持たざる99%の戦いが続いている。日本のメディアが報じない、富者と貧者の壮絶な「アメリカの内戦」を徹底レポートする。『クーリエ・...

もっと見る

99%対1%アメリカ格差ウォーズ (講談社文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

99%対1% アメリカ格差ウォーズ

713(税込)

99%対1% アメリカ格差ウォーズ

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカの富を独占する上位1%の富裕層と、持たざる99%の戦いが続いている。日本のメディアが報じない、富者と貧者の壮絶な「アメリカの内戦」を徹底レポートする。『クーリエ・ジャポン』連載をもとに文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

オバマはヒトラー! オバマはアフリカへ帰れ! 貧乏人に医療保険を与えるやつは殺す! ワシントンに集まり気勢を上げる幾万もの金持ち保守層。金持ちに増税しろ! ウォール街を選挙せよ! 経済を危機に陥れ民主主義のプロセスを犯罪的に逸脱してきた金融屋を弾劾する貧乏リベラル。取材で訪れた著者も思わず「もう、沢山だ!」と叫んだ。富める1%と貧しき99%との壮絶な「アメリカの内戦」を鋭い舌鋒で斬る!

アメリカでは、メディアの中立性などありえない。
過激な報道やカネによる世論誘導があたりまえの国の実情をレポート。
●ティーパーティーを操る石油化学産業の帝王とは?
●全米最大ニュース局に君臨する世論操作の達人とは?
●最も信頼できるニュースキャスターに選ばれたお笑い芸人とは?
●ハゲタカファンド出身の大統領候補ロムニーの本性とは?
●「アラブの春はオバマの陰謀」と叫んだ“泣き虫扇動家”とは?
●アメリカをデフォルトさせようとしたキリスト教保守議員とは?
※この書籍は、月刊誌「クーリエ・ジャポン」の連載「USニュースの番犬」(2010年1月号~2012年10月号)をもとに大幅加筆・修正を加えてまとめたものです。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/08/13 06:33

投稿元:ブクログ

わかってるつもりだったけど、全然わかってなかったアメリカのこと。
安易にアメリカのマネをしていては、うすら寒い戦慄の現実がやってくることを教えてくれる。

2014/10/20 20:51

投稿元:ブクログ

 オバマ政権前後のアメリカの政治状況と、ティーパーティと呼ばれる集団の活動等について詳しく知ることができた。わかりそうでようわからん彼国事情を、政治視点でわかりやすく説明してもらった。
 これは本当なんか?と思うようなくらい発想が違うところが、解説者のコメントにあるように、たしかにあると感じた。目標が何かずれているということか。おなじく解説者曰く、転ばぬ先の杖として理解すべし、とあるが、日本もすでに二の舞?になってたりして。今後2010年前後のアメリカ風になっちゃったりして・・・

2016/10/30 14:35

投稿元:ブクログ

日本のメディアが報じない、アメリカの富者と貧者の壮絶な内戦を米在住の著者がレポートする、雑誌『クーリエ・ジャポン』連載コラムをまとめた一冊。
日本も問題だらけだけど、アメリカも大概だなあ。貧富、人種、宗教などさまざまな壁が問題をややこしくしている。なのに民主党と共和党の二大政党で成り立つというのも不思議な気がする。

2014/07/20 22:13

投稿元:ブクログ

アメリカの政治の勉強にはなったけど、似たような記事ばかりで、共和党は金持ちさえよければという、クレージーな政策でオバマが率いる民主党はまともだという論調に終始している。まあ普通にオバマの政策は正気には見えるけど、もうちょっと民主党のネガとかあればみたかったなあ。いずれにしろ、世の中の問題はいいか悪いかの二極で単純に割り切れない問題の方が多いはずなのに、政治が、もしくはメディアが二極化を促しているのかアメリカ民衆が単純な思考になっているのか、この本が分かりやすくそういった論調に整理したのか、なんだかアホっぽくみえる。

2016/11/16 23:20

投稿元:ブクログ

町山智浩さんによるコラム集。本書は2011年前後のオバマ再選あたりの話になります。

2011年といえば日本では東日本大震災でてんやわんやだった時。その間アメリカでは大統領選でてんやわんやだったんですね。

アメリカ=素晴らしい国という意識が強い我々日本人にとってこのコラム集は衝撃が強いと思います。世界の国の事情がわかれば自国の見直しにもつながる。

アメリカという大国の抱える問題は決して対岸の火事ではありません。