サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

新参(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277858-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新参 (講談社文庫 百万石の留守居役)

著者 上田 秀人 (著)

五万石の姫・琴と婚約し、異例の若さで加賀藩江戸留守居役に抜擢された数馬への風当たりは強い。先任の小沢は藩の秘事を土産に、なんと幕閣筆頭を狙う老中堀田家に抱えられていた。留...

もっと見る

新参 (講談社文庫 百万石の留守居役)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

新参 百万石の留守居役(三)

713(税込)

新参 百万石の留守居役(三)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

五万石の姫・琴と婚約し、異例の若さで加賀藩江戸留守居役に抜擢された数馬への風当たりは強い。先任の小沢は藩の秘事を土産に、なんと幕閣筆頭を狙う老中堀田家に抱えられていた。留守居役には遊興も宴席も戦場だ。なれぬ吉原で、言葉の刃で弱みを突いてくる相手に、数馬は、反撃なるか!?【「BOOK」データベースの商品解説】

五万石の姫・琴と婚約し、異例の若さで加賀藩江戸留守居役に抜擢された数馬に、手厳しい通過儀礼が。初仕事は、加賀を裏切り老中堀田家に走った前任者との対決で…。「百万石の留守居役」シリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

琴は遠く数馬を想う。あいつはできると言わせねばならぬ。【商品解説】

著者紹介

上田 秀人

略歴
1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。'97年小説CLUB新人賞佳作。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。講談社文庫の「奥右筆秘帳」シリーズ(全十二巻)は、「この時代小説がすごい!」(宝島社刊)で、2009年版、2014年版と二度にわたり文庫シリーズ第一位に輝き、第三回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞、抜群の人気を集める。「百万石の留守居役」は始めて外様の藩を舞台にした新シリーズ。このほか「お髷番承り候」(徳間文庫)、「御広敷用人大奥記録」(光文社文庫)、「闕所物奉行裏帳合」(中公文庫)、「妾屋昼兵衛女帳面(幻冬舎文庫)」「表御番医師診療禄」(角川文庫)などのシリーズがある。歴史小説にも取り組み、『孤闘 立花宗茂』(中公文庫)で第16回中山義秀賞を受賞、本能寺の謎に大胆な仮説を提示した『天主信長』(講談社文庫)では別案を〈裏〉版として書下ろし、異例の二冊で文庫化。近刊に『梟の系譜 宇喜多四代』(講談社)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

若き留守居役の主人公の活躍

2014/09/04 21:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

早くも三作目となった本シリーズだが、主人公瀬能数馬は留守居役という重職を与えられ、戸惑いからまだ立ち上がれていない。同僚の留守居役や先輩からの指導を受ける立場である。留守居役、しかも江戸に派遣されている留守居役は他藩との交渉や、幕府から不利な指示が出ないようにすることが主な役目である。

 つまり、藩の外部との外交を担当する役であるといっても良い。老中の堀田備前守の留守居役は加賀藩を放逐された札付きである。こういう曲者との折衝などは、それまで全く外向きの仕事とは縁のなかった数馬が戸惑うのは当然である。

 慣れない留守居役の仕事に没頭する瀬能数馬であるが、許婚者は加賀にいる。それが本多家の娘である。本多家は家康の時代から徳川家に仕えていた。本多正信は家康の右腕として活躍したが、その後本多家は訳があって、現在は加賀藩にいる。数馬は本多家の後ろ盾があるので、地位は低いとは言えない。

 もともと、瀬能家は旗本という将軍直参の身分であったが、やはり加賀藩の藩士となっている。本編での設定は、四代将軍家綱の時代であったが、焦点はその後継将軍を誰にするかを決めようとしていたことである。病弱な家綱の後継は、通常ならば長男であるべきだが、子供はいない。

 そこで、幕閣が集まり意見を闘わせる。家綱は何と外様大名の加賀藩主、前田綱紀に将軍就任の意向を聞いてきた。家綱というよりは大老の酒井忠清が実務を仕切っている。幕閣が意見を出し合うとは言え、実質的には酒井大老が実権に物を言わせて場を牛耳る。大老、老中が意見を闘わせる場面はなかなか面白い。

 前田綱紀は将軍への就任を断った。次いで京におわす親王に意向を伺う。鎌倉幕府で将軍が三代で途切れそうになった際に、親王を招聘しようとしたが失敗し、代わって公家から招いた故事をなぞったようだ。

 本書の最後ではついに来るべき時が来た。いよいよ後継者争いは急を告げる。なかなかストーリーの盛り上げ方が巧みである。文庫本としては活字が大きく、したがってボリュームもやや足りないのだが、それを上回る面白さが上田の小説には備わっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する