カレンダー全品ポイント5倍(1001-31)

おかんメール 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/13
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:18cm/119p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-07053-3
  • 国内送料無料

紙の本

おかんメール 1

著者 『おかんメール』制作委員会 (編)

母の愛と破壊力に満ちた“爆笑”メッセージ集。娘や息子に宛てた心温まるメール、面白いメール、ありがた迷惑メールなど、ネット上に公開されたものを中心に厳選して紹介する。【「T...

もっと見る

おかんメール 1

1,080(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母の愛と破壊力に満ちた“爆笑”メッセージ集。娘や息子に宛てた心温まるメール、面白いメール、ありがた迷惑メールなど、ネット上に公開されたものを中心に厳選して紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ラストスタート

2015/07/05 14:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書に登場して爆笑させてくれる「おかん」というのは、メールに慣れていない50代以上の母親の方々が中心でしょうか?
 とにかく、掛け値なしに面白く、破壊力抜群で、電車の中で不気味な笑いを浮かべてしまいました。また、いつもテレビのマラソン中継を観ては、「ラストスパート」と言うべきところを「がんばれ!ラストスタートだ!」と応援していた自分の母親を懐かしく思い出しました。
 私の世代は、特に男子の場合、「便りのないのは、良い便り」と筆不精の言い訳をして、母親に寂しい思いをさせた挙句、「孝行したいときには、親はなし」という悲しい結末になった方が多いのではないでしょうか。当然のことながら、私もそうでしたので、早くに亡くなった母親との交流の痕跡は、ほとんど残っていません(大切なメール(64ページ)は、ちょっと感動しました)。そういった意味では、携帯メールの普及は、良かったのかもしれませんね。とにかく本書に出てくる親子関係を、羨ましく思いました。
 私にとっては、大爆笑の後、ほろ苦い想いと後悔の念を思い起こしてくれた本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おかんの世界は深い。

2016/05/24 09:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

おかんの世界は、すごすぎる。代表的なのは、大阪のおかん。
ぜひ、読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おかんはスゴイ

2016/01/17 22:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コン - この投稿者のレビュー一覧を見る

甥っ子にプレゼントするために買って、贈る前に少しだけと思って読んだら止まらなくなりました。
母親にも読んできかせたら、笑い過ぎておなかが痛くなって困っていました。
世の中の進歩にチャレンジしているおかんは強いと思いました。
こんなおかんと、それを楽しめる子供がいるのが素敵だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おかん面白すぎる

2016/02/07 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きたいがーす - この投稿者のレビュー一覧を見る

予想外の発言に唖然!ちゃんと送信する前に確認してーー!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/18 18:25

投稿元:ブクログ

大、大爆笑でした。うちの母のメールも見返してみて改めて爆笑。
完全ウケねらいのものもあるし(それが本当におかしい)、天然のもあるし、
読み返しても涙が出るほど笑えるので保護して消さないようにしています。
小さい「つ」が打てない、読点、句読点がおかしい、カタカナシカウテナクナッチャウ、
意味不明な絵文字を使う、などなど。夕飯の話題が多いっていうのも母親ならではだよな~。

読み終わったあと、何だか母親に優しくしなきゃと思いました。年取ってね、こんな
文明の利器を使えるようになるんだから偉いよな、ホント。

2014/11/24 11:29

投稿元:ブクログ

打ち間違い系もおもしろいのだけれど、たぶん本人は何がおかしいのかわかっていない系のメールがおもろい。

◆いま小学校、占拠してるからあんたも来なさい!
◆風邪大丈夫?お母さん心配して、8時間くらいしか寝れなかったよ。
◆突然いなくなってごめんね。母さん頭を冷やそうと思います。しばらくフランスのロンドンへ渡米します。
◆携帯忘れてるよ!←と、携帯メールに打っている

2014/09/10 12:57

投稿元:ブクログ

From:お母さん
Sub:ニュース(^o^)/
お父さんがリストラだよ(^o^)/

不適切な顔文字、誤字脱字に謎の繰り返し。意味不明だけどどこかかわいくて子どもたちへの愛にあふれたママのメール。爆笑必至。電車の中で読むのは危険です!

2014/08/09 14:18

投稿元:ブクログ

もう、おかんというのは何故こうも愛すべき存在なのか?!うちの母親もたまにこうなる。前にネットで見た時に最も好きだったエピソードがなくて残念だけど、むしゃくしゃした時に読み返せば、んなもん飛んでいくだろうなあ。

2014/08/13 20:58

投稿元:ブクログ

愛すべきおかん。誤変換、誤字脱字で面白メールになったものを集めた1冊。
LINEで母からの「今どこ」連打の後、「学校のトイレ」と返している息子に吹いた。

2015/08/13 08:47

投稿元:ブクログ

笑いました。
別に何が面白いかわからないものもあるのですが、ツボに入るものはもう笑いが止まらないくらい。
多方面から攻めてくるので、どんな人でも幾つかは笑いが止まらなくなる「おかんメール」があるはず。
電車では読めない本です。
あぁ、思い出したらまた笑えてきた。

2014/06/30 22:40

投稿元:ブクログ

還暦母のラップ氏は帰るべし。発表会も行くべし。
因みに仲の大して良くない我が母子のやり取りは「生協くる 冷蔵庫」「たおる 取り入れて」の句読点もない業務最低限メール(しかも一方通行のみ)。

2014/12/21 22:17

投稿元:ブクログ

変換間違いって、思いがけない面白さを創るのにあらためてびっくり。でも、このたくさんのメールに母の愛情がたっぷりで、癒されます。

2014/08/12 07:24

投稿元:ブクログ

おかん、あるある。
帯に載っているのは面白かったけど、それほどインパクトのない物件も多し。
おかん自身のユーモアによるものもあれば、打ち間違いに“予測変換機能”が多大な力を発揮している物も多い。

2016/02/17 21:42

投稿元:ブクログ

 お母さんから来たおもしろメールを紹介してる本。
 内容自体がおもしろいのと、打ち間違いとか変換ミスでおもしろいのと、いろいろ載ってる。
 買うほどの本ではないけど、おもしろいことはおもしろい。

2016/03/31 22:41

投稿元:ブクログ

母の愛と破壊力に満ちた“爆笑”メッセージ集。娘や息子に宛てた心温まるメール、面白いメール、ありがた迷惑メールなど、ネット上に公開されたものを中心に厳選して紹介する。

背表紙の「紫外線通信ってどうやるん?」だけで十分な期待感を持って読んだ。そして…期待は全く裏切られなかった。
(B)

雑学 ランキング

雑学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む