サイト内検索

詳細検索

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1001-04)

安南から刺客(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/403p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-138053-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

安南から刺客 (新潮文庫 新・古着屋総兵衛)

著者 佐伯 泰英 (著)

七カ月振りに総兵衛一行が江戸へ帰ってきた。古着大市の準備に忙しい大黒屋の面々だったが、主人の無事の戻りを歓喜の声を以て迎えた。帰着後すぐ総兵衛は入堀向かいの破産寸前の炭問...

もっと見る

安南から刺客 (新潮文庫 新・古着屋総兵衛)

724(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七カ月振りに総兵衛一行が江戸へ帰ってきた。古着大市の準備に忙しい大黒屋の面々だったが、主人の無事の戻りを歓喜の声を以て迎えた。帰着後すぐ総兵衛は入堀向かいの破産寸前の炭問屋の家屋敷の購入を決め、また大市での大勢の客の食事や手洗いの用意に知恵を絞る…。そんな大黒屋を遠くから執拗に監視する目があった。新たな強敵がやってきた。総兵衛す愛刀葵典太を静かに抜いた。【「BOOK」データベースの商品解説】

7カ月振りの主人の帰りを大黒屋の面々は歓喜の声を以て迎えた。帰着後すぐ総兵衛は破産寸前の炭問屋の購入を決め、古着大市での大勢の客の対応に知恵を絞る。そんな大黒屋を執拗に監視する目があった…。【「TRC MARC」の商品解説】

七ヶ月振りに総兵衛一行が江戸へ帰ってきた。古着大市の準備に忙しい大黒屋の面々だったが、主人の無事の戻りを歓喜の声を以て迎えた。帰着後すぐ総兵衛は入堀向かいの破産寸前の炭問屋の家屋敷の購入を決め、また大市での大勢の客の食事や手洗いの用意に知恵を絞る……。そんな大黒屋を遠くから執拗に監視する目があった。新たな強敵がやってきた。総兵衛は葵典太を静かに鞘走らせた。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/06/02 20:18

投稿元:ブクログ

京都から帰って、色々抜け目なく画策する飛澤一族
でも、その上をいき策略を張り巡らす敵(新しく!)
中々楽はできませんね

2015/02/18 13:59

投稿元:ブクログ

第八弾
久しぶりの江戸、薩摩でない何者かが暗躍、そして古着大市で暗躍する?幕閣に存在しそうな新たなる敵は関係者は抹殺され?、そして安南からの刺客は旧友?

2015/01/30 21:41

投稿元:ブクログ

新古着屋総兵衛8巻目。
7ヶ月ぶりに江戸に帰ってきた総兵衛と桜子達。
古着大市準備とかいろいろ忙しかったのも束の間
同じ富沢町の炭屋の息子が金を使いまくり破産
その家ごと買った総兵衛。
あ、この家と我が家繋げてみるとよくない?
みたいな流れになり
とりあえず購入。
そんな中の古着大市開催で大成功。
でも裏では総兵衛の出身地からの刺客が来てましたという話。
総兵衛さんなんでもできるのね…そりゃモテるわ!
と思いつつも異国の人だったことをおもいだした。

2014/07/31 20:59

投稿元:ブクログ

このシリーズも既に8巻目。佐伯泰英の多作振りにはいつもながら驚かされる。総兵衛一行が江戸に帰着し古着大市を開くまでを例によって新たな敵を創出しながら描いている。もはや話には新味はないが、ついつい読んでしまう。

2014/11/20 01:27

投稿元:ブクログ

京都から帰ってきた総兵衛に、新たな監視の目が。
そして富沢町から離反しようとする連中。
どちらにも黒幕の存在を感じるが、はっきりとは敵が判らない状態と言う新しい展開に。