サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 新約とある魔術の禁書目録 10
新約とある魔術の禁書目録 10(電撃文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2014/05/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/399p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-866532-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新約とある魔術の禁書目録 10 (電撃文庫)

著者 鎌池 和馬 (著)

魔神オティヌスを救うため、全世界を敵にまわした上条当麻。今まで頼もしい味方だった、指折りの権力者、超能力者、魔術師、それらすべてが“強敵”として上条に襲いかかってくる。こ...

もっと見る

新約とある魔術の禁書目録 10 (電撃文庫)

680(税込)

新約 とある魔術の禁書目録(10)

680(税込)

新約 とある魔術の禁書目録(10)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「新約とある魔術の禁書目録 10」が含まれるセット商品

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫) 15巻セット(電撃文庫)

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫) 15巻セット

商品説明

魔神オティヌスを救うため、全世界を敵にまわした上条当麻。今まで頼もしい味方だった、指折りの権力者、超能力者、魔術師、それらすべてが“強敵”として上条に襲いかかってくる。この闘いは、上条の人生の中でも生存確率がもっとも低く、もっとも絶望的だと思われた。…つまり、上条が帰った世界は、まるで『あの地獄』と同じ光景だったのだ。だが彼は屈しない。今度は一人ではなかったから。オティヌスを全世界から救う方法。それは『魔神オティヌスの無力化』だった。魔神から人に戻るためには、デンマークの古城にある『ミミルの泉』から魔神の片目を取り出す必要がある。さあ、目的は決まった。上条は戦う。たった一人の少女の命と笑顔を守るために【「BOOK」データベースの商品解説】

魔神オティヌスを救うため、全世界を敵にまわした上条当麻。この闘いは、上条の人生の中でも生存確率がもっとも低く、もっとも絶望的だと思われた…。だが上条は立ち向かう。たった一人の少女の命と笑顔を守るために。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

新約禁書

2015/09/15 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミックス - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで敵対していたグレムリンのリーダー・オティヌスを守るためサルガッソーにて世界のすべてと戦うことを決めた上条さんがかっけーと思いました
そのあとも聖人、シスターなどといったこれまで味方だったり、敵だったりしていたものたちと戦いながらボロボロになってオティヌスを守る上条さんに感動した

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/13 11:59

投稿元:ブクログ

オティヌスを助けるための戦い。
正直5人目くらいの刺客で、
もういいよ!お腹いっぱいだよ!
この展開いつまで続けるんだよ!
と思ってしまいましたが、
久しぶりのそげぶで吹っ飛びました。

2014/08/29 09:07

投稿元:ブクログ

オティヌス編完結、少女は〇〇になりました(ネタバレ禁止^^;)次々と襲い掛かる既知の強敵。戦うってより、ひたすら逃げる二人。それにしても・・当麻は不死身過ぎないか?もしかして幻想殺しより、そっちが超能力では(笑)
前巻でさすがに設定がやり過ぎだろうと呆れたが・・強引にまとめあげた部分を評価。しっかりと次からの伏線もやってるし・・まだまだ続く?それにしても、「コイツ、何者ダッタッケ?」みたいな存在もあり。敵が多過ぎて思い出せない(笑)

2014/05/18 17:44

投稿元:ブクログ

ボスラッシュ!次から次へと出てくる仲間や強敵との連続バトルはページを繰る手が進むこと進むこと。久々の(新約だと初なのか?)いつもの啖呵もあってこれぞヒーローでした。上条さんは無能力だけど身体的(頑丈さ)にはもはやレベル6級だと思うの。まぁ一人の少女を守るためにってのがまた上条さんらしい。そして完全にオティヌスがヒロインルートに乗った一方で旧来からのヒロインズはギャグ(寄り)要因の道へ…。キメた美琴はともかくインなんとかさんは一時持ち直したと思ったんだが現状の見通しは明るくないかなぁ(笑)

2014/05/18 20:53

投稿元:ブクログ

出るのが早過ぎる.別にいいけど.実は作者のあとがきを結構楽しみにしている.構成の妙が明かされるのが良い.
それにしてもオティヌスはこれまでのヒロインたちより遥かに長い時間を上条と過ごしているわけで,一気にメインヒロインの様相を呈してるね.ついにアレイスターも動きそうだし,次も楽しみ楽しみ.

2014/07/15 13:45

投稿元:ブクログ

10巻目にして、わたしは、このシリーズの世界観に慣れてきたようです。旧約は読んでないので。テンポよく進むお話が、エンタメしています。
で、裏表紙の2匹のウロボロスだかヨルムンガンドだかは、どういう意味ですか。

2014/05/13 23:56

投稿元:ブクログ

いつもの味方に助けられながらのヒーロー上条当麻じゃない!
今まで登場した人物とのガチ勝負は面白かった。バトルよりも理解されなくても独りの少女の為に、、ってのが今までの上条当麻っぽくなくて良かった。
21章って長いなぁと思ったけどそうでもないし、前巻の上条当麻の熱さが体現されてる。

2014/05/21 16:13

投稿元:ブクログ

連戦ボス戦ってロックマンのラスボス前のステージでしようか。
インデックスさん最近活躍してますわね。
美琴戦は好み。

とりあえす、上条ちゃんかっこいい。

2014/06/05 14:42

投稿元:ブクログ

グレムリン編がこれにて終了。
最強の敵オティヌスが手乗りサイズになる話だった…
この後どうすんの?もう終わりにしてくれないかな?
生きてるうちに終わってくれないかも?

「自分が生存中に終わらないかも?リスト」に追加決定となった。

2014/07/23 00:49

投稿元:ブクログ

うーん、聖人やらいろんな派閥のオールスターみたいになったが、とりあえずこの新約8〜10巻でシリーズ一区切りになるのか。まだこれからも続きそうだがなぜか今までのような次巻が楽しみというようなワクワク感がなくなってきた気がする

2015/08/09 08:14

投稿元:ブクログ

前巻に予告された通りのボス・ラッシュで上条さんがボコボコにされまくります。まあ、顔見せだけというのも何人もいる(そもそも全員戦ったら一冊に収まらない)けれども、強キャラが強キャラらしく暴れ回るお祭り騒ぎとして楽しめました。

2015/04/06 15:35

投稿元:ブクログ

”あんなオティヌスでも救われる道が残っていると示す事で、他にも誤った道を進んでいるであろう少なくない人達にも光を示したいのです”

大犯罪人を許さないかと世界の人々に問いかけていく・・・・・・すごく優しくて、すごく強い。ありえない世界だと感じました。
でも、小説の中くらい世界が優しくたっていいじゃないか、そんな風に感じました。

2014/06/28 13:37

投稿元:ブクログ

オティヌスの魔人の力を放棄する為に今までの仲間たちと敵対した上条。
そこここにギャグがちりばめられていて、悲壮感や危機感が薄い。

2014/08/29 21:46

投稿元:ブクログ

ヒロインがラスボス化は結構あるけれど、ラスボスがヒロイン化は珍しいんじゃなかろうか。
今まで味方になって来た側と戦うってのはなかなか大変で。
なんだかんだ戦いつつも、最後は手助けしてくれるヒロインたちは本当にいい娘です。
自分がやりたいからやるってのいいと思う。
とりあえずグレムリン編終了。
なんかオティヌス以上のヤツらが沢山出てきそうで、それはちょっと萎えるかも。

極寒雪原でも凍死しない学園都市の制服最強ですわw

2014/06/04 23:56

投稿元:ブクログ

上条の知り合いによるデレのオンパレードだった。手乗りオティたん可愛いけど、色々と禁書世界が収拾つかなくなっていってる感じもある。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む