サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ワンダーリング(新書館ディアプラス文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/06
  • 出版社: 新書館
  • レーベル: 新書館ディアプラス文庫
  • サイズ:16cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-403-52353-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ワンダーリング (新書館ディアプラス文庫)

著者 一穂 ミチ (著),二宮 悦巳 (イラスト)

七つの年にラスベガスのカジノで拾われた芦原雪。自分を拾ったシンガポール華人の令輝から徹底的にルーレットを仕込まれ、雪は一流の腕を持つまでになる。厳しい育ての親とは対照的に...

もっと見る

ワンダーリング (新書館ディアプラス文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ワンダーリング

605(税込)

ワンダーリング

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七つの年にラスベガスのカジノで拾われた芦原雪。自分を拾ったシンガポール華人の令輝から徹底的にルーレットを仕込まれ、雪は一流の腕を持つまでになる。厳しい育ての親とは対照的に、“雪”に名前をつけ、無条件に甘やかそうとするのが令輝の腹違いの弟、藤堂だった。雪にはそれが煩わしくて仕方ない。現在は藤堂が社長を務める東京の公営カジノで働く雪だが、どんなに素っ気なくしても藤堂の態度は変わらず…?【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ハイスペックへたれ攻万歳。

2015/10/24 15:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノーモアベットのスピンオフですが、こちらだけでも読めるようになっています。カジノオーナー 藤堂×カジノのディーラーで藤堂の兄に拾われて生きてきた雪。いいこをやめることが出来ない藤堂といいこをやめれないくせに中途半端にかまいやがってと思いながらもいいこをやめさせることなんかできない雪。切なくて可愛くて愛おしいお話でした。
表題作+後日談+あとがきSS。後日談も切なくて甘くてかわいいです。
ハイスペックへたれ攻とツンのままデレるクールビューティ受が好みど真ん中でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピンオフらしいですが

2015/12/17 20:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともとの話をまだ読んでいません。だから、これだけでも読めると思います。雪の言葉とは裏腹な気持ちがたまに見えるシーンが切なかった。本心はどこにあるんだろうと最後まで読めずハラハラしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/14 13:14

投稿元:ブクログ

いろいろな愛のカタチ?
理解は難しいが、結構美しい・・・ような気がした。
などと思う自分が気恥ずかしい(笑)

2016/07/31 08:09

投稿元:ブクログ

ノーモアベットの曲者社長と頼れる先輩あっさんのスピンオフ。
ノーモアベットはこれのための前哨戦? という感じで今作の方が好みでした。
懐かない猫である雪と、そんな彼に執着にも似た深い愛情をそそぐ藤堂社長。家族との関わりを軸に、螺旋を描くように彼らの想いが長い長い時間をかけて絡み合っていく様にぐっと引き込まれました。
なんというか、off you goに文章のトーンが似てる気がします。

巧みにするすると引き込まれる人間模様とドラマ、行き来する過去と現在。
ただのイチャイチャのエロではなく、感情にぐっと深く迫る描写の深さと濃密さ、魅せるドラマとしてのめり込ませてくれるお話でした。
ノーモアベットと違って今回はあとがきショートストーリーつき。良い意味でサクッと軽い一穂節が楽しい。
一穂さんたちは逸たちも含めてカジノに集う人たちが本当に好きなんだなぁと。

2014/08/17 20:44

投稿元:ブクログ

今までに読んだ一穂さんの作品のなかで一番好き。
雪のわかりづらいけど深い愛情がいじらしくてとても可愛い。
藤堂は心配してばかりだけど雪自身は満足して生きているのがとてもわかります。
藤堂の覚悟を決めたあともヘタレだけどかっこいいです。

2015/05/29 14:36

投稿元:ブクログ

猫のように自由で何からも縛られない受と、翻弄されながらもそんな受を好きでいる華僑の攻のお話。受のつかみどころのない、人によっては傲慢にも思える性格を好きか嫌いかで評価が分かれてしまうかも。攻の愛情を半ば疎ましく思いながらも(渋々)受け入れている受。こう書くと嫌なやつにしか思えませんが、魅力的に見えてしまうのが一穂マジック。
可愛がりすぎると毛をたてて威嚇し手から逃れていく、いつになっても慣れない猫を可愛いと思うか否か。猫自身は飼い主を飼い主と思っていないところからもわかるように、何も意識して行動していない。そんなところが猫好きとしては好ましく思うのです。

2014/06/18 00:40

投稿元:ブクログ

ノーモアベット、スピンオフ。しかも書き下ろし。藤堂の印象が変わるというか、逆にぼんやりして別人な感じもありますし、わかりにくい関係ですが、読んで良いものは良いです。

2014/11/18 02:27

投稿元:ブクログ

「ノーモアペット」スピンオフ。
架空ですが、東京の公営カジノが舞台。
カジノ経営者とルーレットを回すディーラーの二人の話です。
前作も良かったけれど、更に良かった。
どちらも最初は反目しあって(今作は受けの雪が一方的に、ですが)、そして絆されて。。。
いや絆された訳ではないのですよね。
藤堂の場合は。

藤堂さん楽しんではいますが、ご苦労様です。

2014/06/19 18:53

投稿元:ブクログ

ノーモアベットのスピンオフ。コミコミで買ったらSSついてたのかぁあああしまったなぁああああ!!!!(;▽;)
ノーモアベット読んだのちょっと前なのに、良く出てくる一哉と逸がどんなだったか思い出したの最後の辺だった。ばかだから、こうゆーぼやっとした不快感には慣れてる…この不快感を排除しようと少しの手間を面倒くさがるのも馬鹿の所以か
違う、私のものぐさはどうでもいいけど、面白かったです!それが全て!

2014/07/16 05:21

投稿元:ブクログ

ノーモアベット、スピンオフ

ノーモアベットの方は一気に読めたんですが、これは途中何回か止まってしまった。なんでだろ。

2014/07/20 16:03

投稿元:ブクログ

『ノーモアベット』で大人の余裕を見せていた藤堂と飄々として掴みどころのないディーラー芦原のスピンオフ。ラスベガスのカジノで藤堂の兄に拾われた芦原。思いもよらないプレゼントみたいに喜んで、“雪”と名付け、年の離れた弟みたいに可愛がろうとする藤堂。まっとうな教育と暖かい家族の愛情を与えて、堅気の人間として幸せになって欲しいと心を砕く藤堂の思惑とは裏腹に、雪はルーレットに取り憑かれていく。愛情を与えたいと手を差し伸べてくる藤堂が疎ましい。腹が立つ。大嫌いだ。会えばついケンカ越しになって、お互いひどく勘に触るのに、それでも磁石みたいに引き寄せられてしまう。
スマートでクールでそつがない雪よりも、結果一枚上手だった藤堂のどこか執念めいた愛情。
健やかで、鷹揚で、大人の懐の深さを見せつける藤堂も雪だけには余裕をなくしてしまう。本音など穏やかに貼りつけた笑顔でコーティングして、誰にものめりこまない、他人になんて全く興味がないスタンスを貫いている雪も藤堂だけには露骨にか嫌悪を露わにしてしまう。
逸や一哉の前では余裕な藤堂が雪にだけは振り回されてしまうのも何だか微笑ましかったし、嫌い嫌いと逃げ回っていても結果自分より藤堂を大切にしている雪も何だか健気でかわいくて、両想いの甘ったるさは皆無なのだけど、これはこれでいいんだなと思う。
カジノという非現実的世界を小気味よく描くテンポの良さも、家族の愛憎劇もさらりと読ませてしまう軽妙さも、一穂さんの文章はやっぱり好きだな~