サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. 町工場にヒツジがいっぴき

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

町工場にヒツジがいっぴき(シャレード文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/23
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: シャレード文庫
  • サイズ:15cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-14082-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

町工場にヒツジがいっぴき (CHARADE BUNKO)

著者 今城 けい (著),周防祐未 (イラスト)

美味しいご馳走を目の前に、おあずけか―。八重垣遙季は小さな約束を果たすため、元実業家の従兄弟のアパートに住み込み、彼の娘・美羽の面倒を見ている。一族の跡取りという期待に応...

もっと見る

町工場にヒツジがいっぴき (CHARADE BUNKO)

710(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

町工場にヒツジがいっぴき【特別版】

756(税込)

町工場にヒツジがいっぴき【特別版】

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美味しいご馳走を目の前に、おあずけか―。八重垣遙季は小さな約束を果たすため、元実業家の従兄弟のアパートに住み込み、彼の娘・美羽の面倒を見ている。一族の跡取りという期待に応えられない自分に存在価値を見出せない遙季だが、美羽の夏風邪をきっかけに町工場の皆瀬と親しく会話を交わすように。過去の出来事が原因でほとんど眠らない皆瀬。強面で表情も読みづらいけれど、遙季はどこか心安らぐものを感じていた。一方で皆瀬は…。【「BOOK」データベースの商品解説】

御曹司の遙季は電車事故を免れたことで自身の生き方を見直すように。町工場の面々に受け入れられ、その中の皆瀬に心惹かれていくが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

は〜かわうぃぃ〜

2016/04/21 22:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやもう受けのヤエちゃんが可愛いの一言です。いい子だな〜いい子だな〜もう食べちゃいたい。
従兄弟の子供もめちゃ可愛いかったけどもう遠くにいるのが切ない…。
純朴なヤエちゃんがエロくなるところはほんとになんかエロい情景が浮かんで作者さんのエロ力量これからも期待です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡々と読了

2016/08/27 22:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

箱入りで素直なヒツジちゃん。
健気で応援したくなります。

町工場の従業員さんたちはみんな気のいい、あったかい人たちですね。

この話の中での誠さんが、どんな役割を果たしてたのかイマイチわからなかったです…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/15 00:39

投稿元:ブクログ

なんか漠然と表紙の絵からも、町工場に新人が入って、ぶっきらぼうな先輩が最初は怖いんだけど、実は結構イイヒトで・・・的な展開を想像してたんだけど、ちょっと違いましたね。
お坊ちゃまだけど、一族の落ちこぼれのヤエが親戚の子との約束を果たすために訪れた町で、今までの暮らしとは違う町工場やそういう町にいつの間にか馴染んでいって、自分の居場所を見つける話・・・って感じでしたね。
そんな中、町工場で働く智康と親しくなって、工場の人たちとも仲良くなってくわけですが。
ま、普通に面白く読めました。でもお金はえ?借りちゃうんだ?って感じだったかな。なんかこういう時って意地でも借りない展開かと思ったんだけど。

2014/06/27 14:39

投稿元:ブクログ

すっごい良かった!面白かった~!工場お仕事もので、前のジャガーとウサギカプと系統似てた。今回はコヨーテとヒツジでこっちもめっちゃ可愛くて和んだ~。ヤエの家庭のことや智康さんの過去は重かったけど、2人の恋模様がすごいピュアで微笑ましかった。ヤエの言動がいちいち可愛くて、こんなん言われたら智康さんたまらんだろうなと(笑)初夜での幾久しく~のところぐっときた;;周りの工場の人たちもいいキャラばっかりで良かった!ヤエの家族だけクズ…;

2014/08/24 15:22

投稿元:ブクログ

ところで三歳児ってあんなにカタコト幼児語じゃないよね?タラちゃんだってもう少ししゃべれます。
従兄も含めヤエちゃんの家族が頭おかしいのとヤエちゃんのお坊ちゃま風味変な敬語が気になり過ぎる…
「工場の方々」「人のおられる方を指差しちゃいけないよ」とかなんか諸々too much
悪くはなかったです。心に傷を負った真夜中のコヨーテみたいな智康がいたいけなヒツジみたいなヤエちゃんを自分の巣穴に引っ張り込んでかいがいしく世話焼き可愛がり倒すっていうのは。
でもほぼ同じコンセプトの『草食むイキモノ』のが好きかな~

2014/07/01 14:24

投稿元:ブクログ

可愛い!ひたすら可愛い!!!!

ってか、この攻め何?!
イケメンすぎてどうしたらいいか!!!
町工場の職人×家出した御曹司

話的にはすごくシリアス目で、御曹司が電車にひかれそうになったのに、連絡するところが思い浮かばない。
仕事しか興味ない父親、聞かざる事しか興味ない母親、弟を疎ましく思う姉。
生きながらえたことを考えて、先日パーティーに来ていた従兄弟の娘との再会の約束を果たしに。
その道すがらであったのが工場職人。
頬に傷があり、わけありのような感じで。

視点が受け攻め入り乱れていたけど、読みやすかったしむしろ同時に気持ちがわかるからすごくまとまった感があった。

臆病で自信がなくて自分の意味が分からなくなっていた受けが、工場で働く人たちと触れ合ううちに自分を立て直すし、元来のまっすぐな心で攻めに接していくうちに、攻めがどんどん受けを大切に思うようになってきて。
相思相愛って言葉がぴったり。

最後の借金のところはざっくりした感じだったけど、深く掘り下げなくても良かったのかも。と思うくらいのライトさだったので、問題なし。

意外と攻めの頭の中が可愛くてwww
いいお話でした。