サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 患者必読 医者の僕がやっとわかったこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

患者必読 医者の僕がやっとわかったこと

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/20
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • サイズ:19cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-331278-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

患者必読 医者の僕がやっとわかったこと

著者 新見 正則 (著)

イグ・ノーベル賞受賞の臨床医が、医療を受ける側にある患者として、死ぬときに後悔しない選択をするために知っておいてほしい事実を紹介。さらに、自身が良いと思っている習慣や心構...

もっと見る

患者必読 医者の僕がやっとわかったこと

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

患者必読

1,296(税込)

患者必読

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イグ・ノーベル賞受賞の臨床医が、医療を受ける側にある患者として、死ぬときに後悔しない選択をするために知っておいてほしい事実を紹介。さらに、自身が良いと思っている習慣や心構え、生活スタイルも記す。【「TRC MARC」の商品解説】

【自然科学/医学】イグ・ノーベル賞受賞の臨床医が、「医療に無駄な金を使うな」「患者が主体となって医療を選ぶべき」という視点で、医療の良くない点をふくめ、本当に信頼できる医者、本当に必要な薬など患者が知らない100の事実を明かす。【商品解説】

著者紹介

新見 正則

略歴
〈新見正則〉1959年京都府生まれ。帝京大学医学部外科准教授。2013年イグ・ノーベル賞医学賞を受賞。著書に「西洋医がすすめる漢方」「仕事に効く!モダン・カンポウ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

自己判断

2016/09/17 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DnDn - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか興味深い内容だった。
この著者の本は初めて読んだのだけど、話が面白い。
医療の勉強をしていると当たり前の知識なのかもしれないけれど、特に昔の医療の話が怖くもあるが興味深かった。
この本に書かれてる内容を知れて私は良かったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/21 14:59

投稿元:ブクログ

医療も産業であり、その実態は人体実験。あんまり信用するなと。医療従事者は人間ドックを受けないというはイガイだった。

2015/10/10 08:19

投稿元:ブクログ

結局のところ自分で判断してねってことか。平常時ならともかく、病気になった時に自己責任と言われてもそれは酷だな。

2014/08/12 15:57

投稿元:ブクログ

著者の新見先生の考え方が面白い。
病気になり、どんな医師にあたり、どんな治療を受けるかは、すべて「運と縁」
「医療は壮大な人体実験」
現時点で標準治療とされている治療も本当に良いものかどうかは、将来になってみないとわからない。
今、最良と考えらている治療が行われているだけ。
今をよりよく生きることが大切。

2015/02/15 12:39

投稿元:ブクログ

とても誠実なお医者さんだと感じました。裏も表もなくご自分が感じられたことをそのままを書かれていて、同感する部分が多くあり、それがまた真摯に患者の立場に立っての思いであることが伝わってきます。とてもいい本だと思います。

医学読みもの ランキング

医学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む