サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 男が育休を取ってわかったこと DOCTOR IKUMEN

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

男が育休を取ってわかったこと DOCTOR IKUMEN

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/09
  • 出版社: セブン&アイ出版
  • サイズ:19cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86008-635-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

男が育休を取ってわかったこと DOCTOR IKUMEN

著者 池田 大志 (著)

半年間の育休を取ってイクメン専業主夫になった、有名病院のイケメン皮膚科医が、その中で感じた「いいこと」「つらいこと」「世間の目」などを綴る。アトピーにさせない洗い方や、肌...

もっと見る

男が育休を取ってわかったこと DOCTOR IKUMEN

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

男が育休を取ってわかったこと

1,512(税込)

男が育休を取ってわかったこと

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

半年間の育休を取ってイクメン専業主夫になった、有名病院のイケメン皮膚科医が、その中で感じた「いいこと」「つらいこと」「世間の目」などを綴る。アトピーにさせない洗い方や、肌を守るお風呂ルールも紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/03 21:11

投稿元:ブクログ

父親であることをめいっぱい楽しもう!
皮膚科医である筆者は、そう思い育休を取った。長くも短い6か月で体験したことは、イクメンの道はまだまだ未知の世界であること。
でも、これから少しずつでも開いていってほしい道だった。
興味深いのは、赤ちゃんのスキンケア。
ベビーソープや石鹸はなるべく使わないようにするとか、お風呂は週に2、3回とか。
清潔にしすぎが肌のトラブルをまねくのは、大人も同じかもしれない。

2014/09/23 16:16

投稿元:ブクログ

外科医の妻を持つ男性皮膚科医師が半年間育児休暇を取得し「イクメン」になって体験したこと、考えたことが書かれている育児エッセイが前半。
男子の勤め人で育休を取得する人はまだ1.89%。
そのうち60%が2週間以内という日本において、収入面も含めて支障が少なく、上司も理解があり、育児の経験が仕事にも大きくプラスになった著者はやはり特殊ケースかと。

後半は皮膚科医の立場として赤ちゃんのスキンケア法を
解説している。お風呂は週に2回で十分、石鹸も使わずぬるま湯で洗い保湿だけはしっかりと。ガーゼを使わず手で撫でるくらいで平気。と育児書とは違う池田式スキンケア法が詳しく書かれているので子育て中の人には参考になると思う。

2014/09/20 19:31

投稿元:ブクログ

チェック項目6箇所。僕が考える「赤ちゃんのスキンケアのあるべき姿」を、すべてのパパとままに、そして、これから親になるすべての方に、どうか知っていただきたい。切にそう願っている。自分の患者さんをほかの医師に委ねるためには、これまでの経過や現在の治療内容、今後の方針など、すべてを事前にまとめ、「引き継ぎ」という作業をしなければならない。僕の場合は半年間の育休のために、受験が1年遅れることになった、ただし、これはまだまだ長い、医師としての人生のなかでたった1年のこと、大した影響ではない。予防接種がなかった過去の時代は、多くの子どもが感染症にかかり、命を失った、「七五三」という行事は、感染症や栄養失調のために7歳までに命を失う子どもが多かった時代では、「3歳、5歳、7歳まで命を落とさずに生きてこられた」ことを神様に感謝する行事であったそうだ。なぜ、赤ちゃんに石けんを使うことがよくないのか、その理由を具体的に挙げてみたい、最大の理由は、石けんの種類にかかわらず、石けんが「界面活性剤」を主成分に造られていて、その界面活性剤が肌のバリア機能に悪影響を与えているということである。石けんが普及したことで人類が受けた最大の恩恵もある、それは、「感染症が激減したこと」である、衛生状態がよくなったことで、皮膚の細菌感染症で命を落とすことが少なくなったのだ。

2014/10/17 06:37

投稿元:ブクログ

皮膚科医としての著者が書いた本なので、育休本としてよりも、むしろ赤ちゃんのスキンケア方法についての方が価値があるかも、と思った。スキンケアについて3分の1程度割いているのだから、サブタイトルにでもスキンケアについて触れてある旨、表示してもよかったのでは。表示があればもっと必要にしている人が手に取ってくれるかも。

2014/06/16 18:50

投稿元:ブクログ

千葉県にある亀田メディカルセンターという総合病院で皮膚科医として勤務する著者が、半年間の育休を取ったことによる体験記や取得したことによる気づき、また、皮膚科医ならではのベビースキンケアの2本柱で書かれた一冊。

子育て世代の男性で、育休を希望する男性は3割いるが、実際取得しているのは1.89%しかいない。国の施策として女性の社会進出を目指しているだけに、国としても男の育休取得への理解を呼び掛けているにも関わらず、これだけ少ない理由は、給与面だったり、自分が休業することによる仕事面の申し送りの面倒さ、上司や同僚の理解などがあげられる。

給与の面でいえば、育児休業給付金は本来給与の40%のところを、育休斡旋のため50%に引き上げ中で、それでも育休取得率が上がらなかったので、政府は2014/7/31まで67%に引き上げている。
そして、給付金には課税されないし、社会保険料も免除されるため、実質、80%くらいは賄われている。

著者の場合、上司はすごく理解のある方だったようで、育休取得を申し出たとき、一瞬間があったものの快く応援してくれた。しかし、同僚や担当の患者さんからは、引き継ぎによるデメリットを受ける側だからか嫌味をかなり言われた。

しかし、育休のメリットはやはり我が子と過ごせる時間や成長をしっかり見届けられる、プライスレスな体験。
乳児期の子どもなんて一日会わなかったらどんどん成長していってしまって、この時期ならではのかわいさは簡単に味わえるものではない。

ママ友との交流でベビースキンケアについてよく相談されたことで、今後の皮膚科医人生で自分の強みや専門として目指すものが見つかり、著者の生き生きとした感じが伝わってくる。

そして、著者が主張するスキンケアは、風呂は週に2~3回にとどめ、石鹸もガーゼも使わない。ぬるま湯で洗い流す程度にすることで、肌が本来もっているバリア機能を使い、薬なんかで治す「攻めのスキンケア」ではなく「守りのスキンケア」を勧めている。

日本人は特に清潔好きで、多い人では風呂に一日4回くらい入ってたりする。
自分も朝走ったりすると、一日3回くらいシャワーを浴びることもある。
人間が本来もつ機能や感覚、強さを復活させるためにも、スキンケアに限らず、なんでもやり過ぎに注意して野性を取り戻していこうと思った!

2014/08/28 13:13

投稿元:ブクログ

図書館にて借りました。

私の夫はイクメンなので、この人はどんなもん?と思い借りました(笑)
皮膚科のお医者様で、奥様が乳腺外科のお医者様夫婦。
交代で育児休暇を取得した一年を振り返る内容になってます。
赤ちゃんのお肌トラブルの対応なども書かれていて、私も主夫湿疹に悩む立場なので非常に興味深かったです。

それにしてもこの方は料理も上手で羨ましい!
私も本当は一ヶ月でもいいから夫に育児休暇を取って欲しかった。
だって、四ヶ月で復帰して最初の一ヶ月なんて病院ばかり行ってて仕事にならなかったので、きっと同僚も不安だったと思うから。
その時完璧に動ける人がいるのと、いないのとでは全く違う動きになっていたはず。
でも、未だに男性社員取得0ですから、我が社は(苦笑)
こう思っている女性多いと思います。

育児 ランキング

育児のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む