サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 本・読書・出版・全集
  4. ROADSIDE BOOKS 書評2006−2014

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ROADSIDE BOOKS 書評2006−2014
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/24
  • 出版社: 本の雑誌社
  • サイズ:19cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86011-257-8
  • 国内送料無料

紙の本

ROADSIDE BOOKS 書評2006−2014

著者 都築 響一 (著)

こころがかゆいときに読んでください−。大竹伸朗「ビ」、小松崎茂「ウルトラマン紙芝居」、湯浅学「音楽が降りてくる」、村上春樹「村上春樹雑文集」など、80冊の本を紹介する。【...

もっと見る

ROADSIDE BOOKS 書評2006−2014

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

こころがかゆいときに読んでください−。大竹伸朗「ビ」、小松崎茂「ウルトラマン紙芝居」、湯浅学「音楽が降りてくる」、村上春樹「村上春樹雑文集」など、80冊の本を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

都築 響一

略歴
〈都築響一〉1956年東京生まれ。編集者・ライター。現代美術・居住空間に関する書籍を手がける。「ROADSIDE JAPAN珍日本紀行」で木村伊兵衛賞受賞。他の著書に「独居老人スタイル」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/22 11:34

投稿元:ブクログ

東浩紀さんの「弱いつながり」と連続して読んでいました。美術館に展示されているものがアートで、詩人と呼ばれいてる人が書くものが詩で、みんながいいねというネットの評価が高いものが手に入れたいものという感覚を断ち切り、自分の足でふらっとたどりついたところで、観て読んで、だれの評価もないようなものに最初に驚いてといったトレーニングがときには必要だと感じました。最近ネットを使ってだれかの体験を追体験するような機会ばかりなので。

2014/06/03 18:16

投稿元:ブクログ

読みたくなる本が増えそうです。。。

本の雑誌社のPR
http://www.webdoku.jp/kanko/page/9784860112578.html

2014/09/05 23:28

投稿元:ブクログ

「おかんアート」が気になる。センスなし、飾り場所に困る、なにかの再利用、なのに妙に暖かいおかんアート。いらないけど、読みたい。

「ワイルドマン」フォークロア格好良い。儀式とか自然への畏怖が感じられる。
「堕落部屋」はヴィレバンあたりに置いてそうだな。可愛い女の子たちのあまり可愛らしくない部屋の写真集。

リリー・フランキーさんも以前エッセイで書かれていた中高年対象のエロス投稿雑誌、密かにベストセラーなのか…。60代〜80代になっても枯れられないのか…「防空壕で隣のおばさんと…」なにやらしみじみする。

2014/11/07 14:04

投稿元:ブクログ

よんだひともいるのでは。
こういう本です。
これと合わせるとこんなことがわかる。
特徴、価値はこれ
その背景
結び

こんな状態だが、作者は特にそう
作者はこんな人
作品

2014/08/03 20:43

投稿元:ブクログ

まったく相変わらず読んだことない本ばかり。
都築さんの本を読むと、ちゃんと自分の足(価値観)で立たなきゃいかん、と反省させられる。おしなべてフラットに!

2016/07/05 15:36

投稿元:ブクログ

選書は変わらず、新しい世界を見せつけてくれるものばかりで、『だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ』より一冊に割く量が増えて、どっぷり浸かれる。~だ。や、ですますの文体の変化や「史上最後」など、著者が賛辞を込めて使っている言葉遣いも、毎回ドキッとさせられてしまう。
たがが書評のくせに、その本を読んだ以上の気になってしまうのは、いけないなと思いつつ。私は残念ながら、気になった本をすべて読むことができない。代わりに著者が読んでくれているような気持ちでいる。
読んでいる時の熱量そのままに著者の声が聞こえてくるようで、全く無視できず、知らない言葉や読めない文字が出てきても、気持ちだけで聞き入ってしまう。それを続けていくと、著者のおもしろがり方、楽しみ方がうつってくる。語られているように、著者自身も紹介されている先人たちから、うつしてきたのだろう。
美しいものがはじめから存在するのではなく、美しく見る人が見るから、美しいものがある。おもしろいものがはじめから存在しているのではなく、おもしろがろうとする人がいるから、おもしろくなるのだ。
ひょんなことで、落胆、絶望し傷つくことがよくあるが、それが最高のスタートだと常に囁いている。
16.7.5