サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ロックの歴史(講談社現代新書)
ロックの歴史(講談社現代新書) ロックの歴史(講談社現代新書) ロックの歴史(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288270-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ロックの歴史 (講談社現代新書)

著者 中山 康樹 (著)

ロックンロールは、いかにして「ロック」になったか。イギリスとアメリカが互いの音楽を「洋楽」として受容し、進化、統合させて、現在のロックが生まれるまでを明快に説く。ミュージ...

もっと見る

ロックの歴史 (講談社現代新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ロックの歴史

702(税込)

ロックの歴史

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロックンロールは、いかにして「ロック」になったか。イギリスとアメリカが互いの音楽を「洋楽」として受容し、進化、統合させて、現在のロックが生まれるまでを明快に説く。ミュージシャンの歴史的位置づけもわかる一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

<本書の内容>
第一章  イギリス・ロック史とアメリカ
第二章  エルヴィス・プレスリーの限界
第三章  ビートルズが生まれた瞬間
第四章  「黒いブルース」から「白いロック」へ
第五章  「世界の音楽・言語」としてのロック
第六章  なぜリヴァプールだったのか
第七章  ローリング・ストーンズ登場
第八章  ロックと天才ギタリストたち
第九章  「アルバムの時代」の夜明け
第十章  ジミ・ヘンドリックスの衝撃
第十一章 「サージェントペパーズ」と一九六七年
第十二章 架け橋としてのウッドストック
第十三章 ボブ・ディランの揺さぶり
第十四章 「統合」と「分化」の時代へ
第十五章 ロックが帰っていく場所


若者による革新的な音楽、こそが「ロック」のはずだった。
しかし、いまもロックを長年にわたり現役で支え続けるポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、ボブ・ディランは皆、七十代となった。
ロックは新たな局面を迎えるとともに、歴史となったのだ。

音楽評論家の中山康樹氏が、従来の枠組みにとらわれない斬新な視点で、
いかにロックが生まれたか、という大きなテーマを明快に解き明かしていく。
イギリスとアメリカが、互いの音楽を「洋楽」として受容し、
(ときに「誤読」しながら)進化させ、統合、分化させていく過程で生まれた現在のロック。
そのプロセスを丁寧に検証しつつ、大胆に意味づけていく文章には、
優れた歴史家が神のような視点から歴史を再定義・再構築し、
新しい世界観を示してくれた時のような知的興奮を覚える。

本書ではまた、いままでのロック史ではあまり表舞台に出ることがなかったミュージシャンたちが果たした重要な役割にも、光を当てる。
たとえば、クリフ・リチャード&シャドウズ、マディ・ウォーターズ、レオン・ラッセルなど、
既存の解釈では脇役となりがちだったミュージシャンの存在意義を知ることによって、
ロック史をより深く理解することができるだろう。【商品解説】

著者紹介

中山 康樹

略歴
〈中山康樹〉1952年大阪府生まれ。音楽評論家。著書に「ボブ・ディラン解体新書」「キース・ジャレットを聴け!」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

2014/08/11 09:52

投稿元:ブクログ

2014年8月6日読了。冒頭から2013年のポール、2014年のストーンズ来日について触れられている、著者の最新刊か。よく言われる、アメリカのDJアラン・フリードマンが命名したロックンロールが、エルヴィス~ビートルズを経由して70年代にカウンターカルチャーとして花開き今に至る、というロック歴史観に「それだけではないよ」と異を唱える本。「ロック」の文化を推進したのはブルースやジャズが骨の髄から染み込んだアメリカの黒人ミュージシャンたちではなく、「海の彼方にある、未知なる音楽を知りたい・触れたい」と渇望したイギリスの若者たちであった、というのは面白い。かつその「不足した若者」の象徴たるミュージシャンがエリック・クラプトンであるという指摘はなかなかに的を得ていると感じた。ロックも形を変え、進化して今に至るわけなのだな。

2014/06/30 20:53

投稿元:ブクログ

 戦後に生まれた若者からロックが始まったとのこと。こっから知らなかった。ウッドストックは何かの記録映画を見たようなそうでないような、またビートルズはほとんど興味なく、ツェッペリンに90年頃になってはまるという状態だったので、歴史的視点0。それが本書でだいぶすっきりと理解できた。ブリティッシュ系の話が途中から切れ切れになってしまったが、その後恐らくポリス等につながるのか?等新たな興味も湧いた。
 ロック史本はまだ他にも沢山ありそうなので、色々漁りたい。

2014/10/08 14:49

投稿元:ブクログ

おそらく今の日本で、ある一場を熱狂で最高に盛り上げるとしたら、音楽ならばなんといってもロック。ロックの歴史を語るならビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・ワールド」辺りから始めるのが常道だが、本書ではいきなり、「エルヴィス・プレスリーの限界」ときたもんだ。締めは1992年のマディソン・スクウェア・ガーデンにおける、ボブ・ディランデビュー30周年コンサート。これをロックの一つの到達点と位置づける。首肯する。ロックは今や教養である。教養書を読むつもりで本書を手に取ってみよう。(本学職員推薦)

↓利用状況はこちらから↓
http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00528969

2014/10/31 11:31

投稿元:ブクログ

人よりはロックを聴く程度だったので、気になって手を取った。
出てくる人物が多く、途中でわけわからなくなりながらも読了

もっと、音楽を聴きたいと思うには丁度良い作品だったと思う。

ただ、知識0だと全く読めないものであるとも思う。

2016/08/31 10:47

投稿元:ブクログ

 ロックという音楽ジャンルの大筋を理解したくて手に取った。しかし本書で言及する時代は60年代に限定されており、ロックの歴史が俯瞰できるような内容ではなかった。それでもビートルズの登場前後からジミ・ヘンドリックスまではロックを語るうえで欠かせないところだろう。ただ著者は従来のロック史とはところどころ異なる見解を示しているが、その根拠が明確でない。だろう、かもしれない、などの推測も目立つ。また本書ではアーティストがイギリス、アメリカに帰属しているイメージが強いが、実際国ごとに分けることはロックミュージックの実態に即しているのだろうか。他にもロックに関する本を読んで比較検討したい。
 巻末の参考文献の少なさも気になった。ロックについて書くならもっと英語の文献がないと、信頼性がないと見做されてもしかたがない。というよりも明示されている文献がすべて邦訳なのでなんというか脱力する。

2015/12/28 15:37

投稿元:ブクログ

鎌倉幕府の成立が1192年から1185年とされるようになったように、英国のロック史をビートルズ以前から始める最新の見解。本筋とは関係ないけど、ボブ・ディランが「プライバシーは売ることはできるけど買い戻せない」と学んだ話が良かった。

2014/08/10 16:03

投稿元:ブクログ

ざっと読了。

ストーンズ、ディラン、ジミヘン、プレスリーを聴いていない人間なので、あまり思い入れを持って読むことができなかったのが正直なところでした。

2014/09/16 14:43

投稿元:ブクログ

ロック誕生前に黒人音楽と白人音楽を米国では並行して聞けなかったが、英国ではできた。エルビスの登場は衝撃的だったが、わかりやすく、模倣者を生んだが追随者は生まなかった。"洋楽”である米国の黒人音楽と白人音楽が英国で交じり合ってロックが生まれた。母国語が共通の英語であるためそれがわかりにくい。英国人は黒人ブルースを目指したが、ブルースになりきれないところにロックらしさが生じた。英国のロックが"洋楽”として米国に影響を与え世界音楽としてのロックが誕生した。その後、ロックは何度も急展開した変革の60年代に立ち返ろうとする。

2014/11/25 18:24

投稿元:ブクログ

 著者についてはスウィング・ジャーナルの編集長とばかり思っていたので、その守備範囲の広さにビックリ!
 おまけに本書に出てくるミュージシャンは50年ぶりに聞くような名前も多く、じつに楽しく、懐かしく読めた。感謝、感謝の一冊!

2015/04/30 23:00

投稿元:ブクログ

タイトルからして微妙で、そもそもロックがどんな音楽を意味するのかも明確ではない。だからどこからがロックなのかというのもリスナーによって異なるだろう。本書では60年代末から70年代を中心にしている。まぁ、ブリティッシュロックですね。著者の主張にはほとんど同意できないけど、「若者の音楽」として登場してきたロックに対する考察は面白い。70歳のストーンズが演っているのはロックなのか? でもストーンズはロックだよね。じゃあ老人のロックもあるわけだ。これこそロックが歴史になってきたってことなんだよなぁ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む