サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

モノクローム

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/20
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-329982-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

モノクローム

著者 乾 ルカ (著)

母さんが僕を捨てた理由。僕の、これからの生きる道。答えは全部、碁盤の上にある。暗闇の中に切なさがこみあげる青春囲碁長編。【「BOOK」データベースの商品解説】母さんはなぜ...

もっと見る

モノクローム

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

モノクローム

1,382(税込)

モノクローム

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母さんが僕を捨てた理由。僕の、これからの生きる道。答えは全部、碁盤の上にある。暗闇の中に切なさがこみあげる青春囲碁長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

母さんはなぜ、僕を捨てたの? その答えはきっと、碁盤の上にある−。孤独を背負った少年が、たった一人の友人と、囲碁を通じて心を取り戻していく青春小説。『yomyom』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

母さんはなぜ、僕を捨てたの? 答えはきっと、盤の上にある。母子家庭で育ち、幼いときに母に捨てられた少年・慶吾。孤独の中で囲碁に打ち込む慶吾の姿を、写真部の香田のカメラがいつも捕らえていた。香田の屈託ない態度のおかげで徐々に心を開いた慶吾は、それまで避けて通ってきた母の家出の理由と向き合おうとするが……。囲碁を通じて自分を取り戻す青春ミステリ。【商品解説】

著者紹介

乾 ルカ

略歴
〈乾ルカ〉1970年北海道生まれ。藤女子短期大学卒業。2006年「夏光」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。他の著書に「あの日にかえりたい」「メグル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.5

評価内訳

2015/10/30 13:56

投稿元:ブクログ

女級アマ棋士(囲碁)としては全国レベルである母に捨てられ施設で育った男の子のお話。香田のキャラクタはとてもいいのだけれど、肝心の主人公が優柔不断で魅力に欠けます。

2014/07/15 17:14

投稿元:ブクログ

幼い頃に母に捨てられ施設で育った慶吾。
一人でいることを望む彼に
人懐こく寄ってくる下級生の香田。

後半が少しまだるっこしい感じ。

【図書館・初読・7/15読了】

2014/06/30 14:20

投稿元:ブクログ

囲碁は全然わからないので、棋譜の話になるとサッパリ。
それでも雰囲気は味わえた(と思う)。
親に捨てられたと思っていたから、そこが慶吾の弱点でもあり他人を判断する際に利用しようとする。
臆病になっているけど、そこは他人に悟られたくはない。
香田くんはそこも含めて慶吾についてまわるところが可愛いというかいい奴というか。
香田くんのお陰でずっと気になっていたことを知ろうと思えたんだから、友人に恵まれたんだなぁ。

2015/04/14 11:21

投稿元:ブクログ

自分を分かってもらうことに抵抗を感じる慶吾の性格が母譲りならば母が何も語らず言葉少なめなのもうなずける

という事で香田君 ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

2015/01/03 23:38

投稿元:ブクログ

18歳になって独り立ちした男の子
囲碁に夢中(プロではない)のお母さんに捨てられて施設で育つ

ひとりだちして友情や恋や
お母さんとの確執をなんとかしていく

暗い話だった・・
どんなりゆうがあっても子供を虐待したらだめぜったいと思った。

2014/07/27 20:23

投稿元:ブクログ

母に捨てられた過去を持つ少年が、自分の生きる意味を模索する物語。囲碁がテーマになっているけれど、囲碁に関する知識がまったくなくともそれなりには読めます。でも知っていたらもっと味わえたのかな、という気も。棋譜を見てもどっちが勝ったのかすら分からなかったので私。
何一つ苦しみを持たない人生などありえないのだけれど。自分の責任ではない不幸は、邪魔なハンデにしか思えないだろうことも確か。それでもすべてのことに意味があるのだと考えることは、前向きに生きることに繋がるのでしょうね。苦しみにも意味がある、と、思えるようになることが成長なのかも。

2014/08/30 00:24

投稿元:ブクログ

冬の日に、母親に見捨てられた少年。彼は、施設で暖かく見守られて育ちながらも、そのわだかまりの記憶を胸中に抱え続けていた。やがて彼は信頼できる友達と出会い、ゆっくりと一歩ずつ前に踏み出していき、過去の自分、そして母親の真実と向き合う覚悟を抱いていく、とう物語。
囲碁を話のキーとしてはいても、物語の重心は息子と母親の間の葛藤。
一人称で訥々と繰り返される主人公である彼の独白は、きりきりと痛ましいのだけれど、少しばかり、重すぎるように感じました。敵が周りにいるのではなく、自分が高い壁を作っているというのは、彼の境遇を思えば理解はできるのですが…。
エピソードほとんどが「壁を作る」「自覚する」「内省する」の繰り返しばかりなので、少し辛く思いながら読んでいました。コーラの話は少しホラー化と思いました…作者的に。
それでもユニークな友人の力添えもあって何とか踏み出していき、ようやく、ほっとしたものでけしてした。
終盤にきっぱり別れを選択した母子の姿は痛ましいし、母親はやはり身勝手だと感じてやみません。あの対局時に集中力を乱した理由、というのを考えると、「優先するもの」が違っていただけということになるのでしょうが、その意識は、あまりにも、残酷だと思うのでした。
彼がこの別れ以降、真っ当に進んでくれることを思うばかりです。

2014/09/09 12:37

投稿元:ブクログ

母に捨てられ施設で育った慶吾の孤独。ただ一人の友人香田の強引な明るさにも、なかなか心を開いていくことができない。もどかしく、切なく、ジリジリと心を煎られるような気持ちで、一気に読み終えてしまった。

「本の雑誌」で北上次郎さんが取り上げていた場面は、本当に素晴らしい。慶吾が、自分が施設育ちであることを香田に告げて、その反応を待ち受けるところだ。傷つくまいと心を固い鎧で覆っている慶吾が不憫で、また、あっけなくヒョイと壁を越えてくる香田がほんとにいいヤツで、何度も読み返したくなる。

そうなんだけど…。諸手を挙げて良かったーと言う気持ちにならないのはどうしてだろう。読み終わってしばし考え込んでしまった。たぶん私は、慶吾の母に引っかかっているのだと思う。その行動にどうしても納得がいかない。彼女が本当に慶吾を「捨てた」のだったら、わかる。そうでないならあまりに不自然じゃないだろうか。

彼女が再婚を告げる場面、また、慶吾の彼女北村さんが慶吾をなじる場面、あまりに残酷で、つらい。それだけ感情移入してしまったということだけど。

2014/08/11 10:10

投稿元:ブクログ

お母さんに捨てられた子供が成長するストーリー。でも、なぜお母さんが捨てるに至ったかを考えると、ちょっと凄い。このお母さん視点での話しも読みたくなる。

2014/09/30 23:14

投稿元:ブクログ

囲碁に魅せられた母親に捨てられた少年の物語。とても繊細に生きているせいか自分を抑えている姿がもどかしい。会話一つでそこまで考えるのかというくらい考えてから発言するなど小説では成立するかもしれないが何だかテンポが良くない気が。面白さはあるのだが肝心の母親の状況と心情がよくわからずラストは共感しづらかった。

2014/07/31 13:13

投稿元:ブクログ

母に捨てられた過去と囲碁。
囲碁を全く知らないせいか、囲碁描写だけではうまく感情の機微が読み取れず・・・
最後がありがちな感じで終わってしまったかな。

2014/11/24 15:33

投稿元:ブクログ

え棋士を目指す話じゃないんだ、しかも暗いよとかツッコミながらもぐいぐい読ませるリーダビリティはなかなか、なかでも香田との友情シーン(ちとホモくさもあったが)は良かったです。

ただ母親の方がだな。

いやまこの母親が自分が母親になる資格がないと思ったかどうか知らんが慶吾を捨てるところまではまだいいんだよまだ、でも何の社会的制裁も受けずにその後結婚して幸せですってのが意味がわからない。

別に不幸になってればいいってもんじゃないとはいえだ、一人で暮らしてるならまだそれなりに納得できたのだけどなー。

2014/08/22 15:58

投稿元:ブクログ

囲碁には知的でクールな印象を持っていたが、それに加え、碁石の冷たい手触りや碁盤に打たれたときのコツという音にモノクロームの色彩などなど、囲碁にまつわるイメージが孤独な主人公の心象をうまく象徴していて、カチンとしたものが心に残る。施設の園長先生や好意を抱いてくれる職場の女性との関係では、素直になれない頑なな主人公だが、一歳年下の友人の存在が心を開いてくれる。一番主人公の心に引っかかっているお母さんが幼い主人公を捨てた経緯については、おそらく書きだした時点での作者の意図通りにはいかなかったように思え、少し残念。

2014/07/18 23:28

投稿元:ブクログ

母親に捨てられた経験から、人を信じることができず、何事もネガティブな捉え方をする青年が、天真爛漫な友人と過ごすうちに少しずつ成長していく。碁石と写真のモノクロームがタイトルの由来。
主人公が引きずっていた突然捨てられた理由は、最後に明かされる。が、やはり母親の行動は安易な責任放棄にしか見えない。もう少し、母親の立場を掘り下げて描いて欲しかった。

作者の作品では、「夏光」と「四龍海城」がいい。

2014/07/16 01:05

投稿元:ブクログ

乾ルカ作品初読み。
初読み作家が増えております(笑)
囲碁のことはよくわからないけれど捨てられた子供と捨ててしまった母親がお互いに相手と自身に赦しを与えるストーリー。
幸せでなければ赦し合うことなどできないのかもしれない。