詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. かもめのジョナサン 完成版

かもめのジョナサン 完成版

  • 発売日:2014/06/30
  • 出版社:新潮社
  • サイズ:20cm/170p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-505805-0

  • 国内送料無料

かもめのジョナサン 完成版

リチャード・バック (著), 五木 寛之 (創訳), ラッセル・マンソン (写真)

紙書籍

1,404 ポイント:13pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

1970年に発表されてから、しばらくはまるで反響がなかったが、数年後から爆発的に読まれ始めた伝説の作品『かもめのジョナサン』。飛ぶことの歓びを追求したために、仲間から追放...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

1970年に発表されてから、しばらくはまるで反響がなかったが、数年後から爆発的に読まれ始めた伝説の作品『かもめのジョナサン』。飛ぶことの歓びを追求したために、仲間から追放された一羽のカモメが、やがて…というこの物語は、全世界で4000万部以上、日本でも260万部を超える大ベストセラーとなった。長い歳月ののち、著者R・バックが自家用飛行機の事故で九死に一生を得たことをきっかけに、新たな最終章が加えられ、「完成版」が刊行された。そのPart Fourは驚愕の内容を持つが、断固として未来を語り、“自由を求めよ!”と我々を深く励ます。【「BOOK」データベースの商品解説】

「飛ぶ歓び」「生きる歓び」を追い求め、やがて精神世界の重要さに気づいたジョナサンだが、彼が消えた後、弟子のかもめたちはジョナサンの神格化を始め…。幻の最終章、ついに公開。五木寛之渾身の「創訳」による完成版。【「TRC MARC」の商品解説】

伝説のかもめが帰ってきた! 幻の最終章、ついに世界公開。全世界で四千万部を売ったベストセラーへ新たに加えられた奇蹟の最終章――。「飛ぶ歓び」「生きる歓び」を追い求め、やがて精神世界の重要さに気づいたジョナサンだが、彼が消えた後、弟子のかもめたちはジョナサンの神格化を始める。教えの形骸化、自由の圧殺、やがて……。いま開かれる、自由と意志と救いの扉。五木寛之渾身の〈創訳〉が、あなたを変える。【商品解説】

著者紹介

リチャード・バック

略歴
〈リチャード・バック〉1936年米国イリノイ州生まれ。元米空軍の戦闘機パイロット。除隊後、曲芸飛行家や整備士として働いた。著書に「イリュージョン」など。

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

第4章が加えられて

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

1970年この作品が発表された頃
アメリカ西海岸のヒッピーたちが、ひそかに回し読みしていて
それが何年かのうちに、少しずつ広がってゆき、

そして、大ブームを引き起こす。
アメリカの出版界で、最大の発行部数を示した
『風と共に去りぬ』を軽く追い越したというレジェンド。

第3章まで、一気に読み完結したと頭で切り替える為に、一度休憩をとり再び読み始める。
第4章があるかないかでは本当に随分違う。
なぜ、40年以上経った今、ここが加えられたのか必然的に感じる。

たくさんのコトバを受け取り、不思議な寓話を読んでいるようで
頭がぼんやりしながら、幸福感に包まれる。
ジョナサンは、ヒーロー。神様ではない。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(70件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 懐かしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/02/08 15:39

評価5 投稿者:Fuming - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだのははるか昔。。。今も手元に大事にとってあります。黒柳徹子さんが朗読したのが印象に残っていますが、ディテールはすっかり忘れていました。今回改めて読み返して、懐かしさで一杯に。新たな最終章が加わったことがいいのかどうか。。正直私としては、それほど印象が違う感じもしませんでしたが、やはり好きな本であることに変わりはありません。電子書籍で入手出来てよかったと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どこがどう変ったか?という興味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/30 11:18

評価4 投稿者:Toyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔読んだ本と完成版がどう違うのか、それだけの興味で、というのがいまいち動機不純だが、改めて読み返してみるのも悪くはなかろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

part 4の意味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/02/25 01:02

評価4 投稿者:kakkun - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人にとってはことさら珍しくもない道を究める意味が西洋の読者には新鮮であったからこそアメリカでベストセラーになったのであって、1970年にpart4まで出しているとそれほど読まれる本ではなかったのかもしれない。五木寛之氏はpart4で物足りなさを解消し満足したようだが、part3までであったからこそ当時は意味があった本だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ブーム

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/18 00:33

評価3 投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に刊行された時は、大層なブームを巻き起こし、それに釣られて買ってしまった読者が多いのではないか。「やもめのジョナサン」なる流行語まで飛び出したものだが、その割に印象に残らなかったのはなぜだろう。今回は、五木氏が補足的な部分まで付け足しての出版だが、相変らずシックリとこない。原作にかけているものがあるのか、あるいは翻訳の問題か。むろん、当方の好みや読解力かもしれないのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2014/08/14 18:10

ずーっと前、高校生の頃、先生に勧められて読んだ。
当時は、このお話をどう受け取ったらよいのかわからなかった。
その、わからなさがずっと心にひっかかっていたこの本。
完成版が出た今、満を持して再読。
当時感じられなかった「ロマン」みたいなものを、大人になった今、このお話から感じたし、考えたいことがいろいろ湧いてきた。
大人の人、特に男の人の方が深く味わえる本なのではと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/06/28 19:25

4部目が新たに付け加えられた「完全版」です。

20年以上前に、「かもめのジョナサン」を読んだのは、兄のオススメだったからだったと思います。
まあでも、面白いけど胡散臭い話だなあというのが、そのときの正直な反応です。

解説の五木 寛之の感想と同じ感じです……というか、モヤモヤとした気持ちが、五木解説を読むことでいくらかスッキリ考えられるようになった感じです。
これは、今、モヤモヤした感想があると、岡田 斗司夫の解説聞いてある程度スッキリさせているのとよく似ているなぁ。
この20年、あんまり成長はしていないのかもしれません。

今回、4部目がはいって、あぁ、これは必要だなぁと感じました。
モヤモヤの原因も分かりました。

「かもめのジョナサン」っていう話は、あくまでも、大乗を否定する話なんですよねぇ。
でも、そのときのわたしの思いとしては、どこかに大乗的な考え方が正しいという思いがあった。それが、最近は、ちょっとわたしも大乗的な考え方から離れつつあります。
そして、4部ば入ることで、それがさらに明確になっています。

うーん。
大乗からだんだん離れつつあるのは、大乗がどうしても人を支配する思想だということに気づいてきたからでもあります。
それが、自分の課題でない限り、他人の責任を誰も背負うことはできないし、背負うべきでもないと思うのです。

そして、今も昔もかわらずに、カモメの写真は、かわいい。それでいいのかも。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/09/07 23:54

何度も読み返したし、原書も読んだカモメのジョナサンの完成版が出たと言うことで、手に取る。
既に書かれていたが公開されていなかったPART4が40年経った今、加えられたとのこと。

頭からゆっくりと読み、慣れ親しんだPART3までを読み終え、ドキドキしながらPART4へ。

カモメのジョナサンは、私の好きな本には上がらない作品で、好きか嫌いかと言われたら、好きでも嫌いでもある、と答えるだろう作品。
でも、PART4が最初からついていたら、きっと何度も読み返さないし、好きじゃないと答えるものだったと思う。

何度も読み返し、愛着を持ってしまった今、付け加えられたPART4にあざとさを感じてしまう…
PART4があるとないとでは、全く違うメッセージの作品になってしまう。

でも、ジョナサンが飛行を極めた時、師に言われた言葉
「もっと他人を愛することを学ぶことだ。」は、毎回、私の心に刺さる。

この機会に久しぶりに手に取れたことには感謝。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/07/27 15:49

「人生を変えた一言」的な言葉が多く知的好奇心を高めたい時など、これまで何度も開いてきた本、「かもめのジョナサン」
その完成版。
リチャード・バック氏の序文からもう感激で、手持ちの古い本を一緒にめくり始める。
そしてこの新たなる完成版をまた蔵書の一つに加えることのうれしさに包まれる。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/07/25 22:24

以前の版を読んだのはいつだったか。何年ぶりだろうか。こんなにも有名な本なのに、爽やかな読後感だけが残って話の結末はすっかり忘れていた。リチャード・バックが自身の飛行機事故をきっかけに発表した最終章を新たに加えた完成版が発売されると知って読まずにはいられなかった。
空を飛ぶことだけに魅せられた変わり者のカモメ、ジョナサン・リヴィングストンは群れから追放され、孤独の中でひたすら飛行技術を磨き続け、やがて新たな次元の世界に飛び込むことになる。そうして飛ぶことを極めたジョナサンは若いカモメたちにその技術を伝える役割を果たすようになる。

新しく加えられた最終章では、その後のカモメの群れに起こった変化を描く。消えたジョナサンの神格化と偶像化が始まり、飛ぶ事への純粋な探究心は失われていく。そのカモメの群れの姿は多くの宗教や社会集団でよく見られることの批判であろうか。それを救うにはやはり「イエスの復活」が無くてはならないのだろうか…。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/09/28 00:36

最終章が追加され、作後40年を越えて完成版となったことを知り、今さらながら初めて読んだ。素晴らしい本だと思う。論理社会にうまく馴染めず、サリンジャーやヘッセを夢中で読み、現実と精神世界のバランスと両立が今より全然とれず、二者択一でしか考えられなくて苦しんでいた若い頃を思い出した。

達観というのが相応しく、本来の平安、真理は自分の中にしかない。

禅や仏教思想がもろで、西海岸のヒッピーたちから火がついたのも頷ける。

訳者の五木寛之は40年経って理解が深まったというか丸くなったというか、合わせてつけられている1974年版のあとがきは訳者として大丈夫かというほど誤認識が激しい。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/06/29 14:05

1970年に出版された「かもめのジョナサン」、本書はその完成版です。通常版と同じ五木寛之による創訳で、40年ぶりに最終章が付け加えられたのです。

新たに加えられた第4章は、まえがきによると元々書かれていたものの作者本人の意思によってお蔵入りにしたものだということです。

リチャード・バックがお蔵入りにした未来の物語をもう一度語ろうとした背景には、9.11以降のテロとの戦いでアメリカの「自由」が失われようとしていることへの懸念があるのかもしれません。

まえがきで、40年前のリチャードは現在のリチャードに語りかけるのです。

「あんたのいる二十一世紀は、権威と儀式に囲まれてさ、皮紐で自由を扼殺しようとしている。あんたの世界は安全になるかもしれないけど、自由には決してならない。分かるかい?」

それはファンタジーかもしれません。でも、40年前のリチャードが語った言葉は、決して対岸の火事ではないような気がします。


新しい第4章では新キャラクターのアンソニーが登場します。彼は地域の幹部生徒に向かって言うのでした。

「あなたの偉大なジョナサン師は、ずっと昔にだれかがでっちあげた神話です。世界のありのままを見ることに耐えられない弱虫が信じるおとぎ話じゃありませんか」

とても当たり前だった真実のようなものは、いつの間にか賢い人たちによって思想になるのでしょう。

そしてその思想はいつの間にか僕たちを縛る鎖となってしまうのです。

このようにしなければならない、このように考えなければならない、このようにするやつは○○だ、このように考えるやつは○○だ……。

イスラム教が悪いわけでもなければキリスト教が悪いわけでもない、白人が悪いわけでもなければ黒人が悪いわけでもない、男が悪いわけでもなければ女が悪いわけでもない、朝日新聞が悪いわけでもなければ産経新聞が悪いわけでもない、そんな勧善懲悪の二元論的な世界観こそが「神話」であり「おとぎ話」にすぎないのに、どうして多くの人はそんな「おとぎ話」を信じて、本当のことを語っている「おとぎ話」をバカにするのでしょうか。

「神話」や「おとぎ話」はいつだって、「神話」や「おとぎ話」を否定していたはずなのに。


ああ、でもそんなことは難しく考えすぎなのかもしれません。

この素敵な「おとぎ話」を、現実の政治のくだらない「おとぎ話」の中で語ろうとするなんて。

作者はきっと、この新しく付け加えられた物語を楽しく読んでもらえればそれでいいのでしょう。

ジョナサンにとって飛ぶということが、何よりもただ楽しいことであるのと同じように。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/07/31 17:02

Part4については散々言われていて読むのが怖かったのですが、読後感は思ったよりも悪くなかったです。
ジョナサン・リヴィングストンというかもめの生き方を見て、自分はどうだろうと振り返るのもいいですし、結局なんだったのさ? と思うのもいいと思います。
私は好きです。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/09/07 13:31

高校の同級生がいつもカモメのジョナサンで読書感想文を書いていた。
そしてあたしもとうとう読む日がやってきた。

書き加えられたPart4
かなり象徴的というか…
宗教的なものの的を射てると思った。
考え方ではなく、人を崇拝し始める。
占いなんかもそうじゃないのかなってあたしは思っちゃうんだけど。
まぁおもしろかったです。
五木寛之訳。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/11/25 06:01

図書館にあり、名前は知っているけれど読んだことはなかったなと、借りた。
こんなにスピリチュアルな本だとは思わなかった。
「至高の存在」
むこうの人は好きだな…。
「もっと飛びたい」を追求するジョナサンの姿も良かったけれど、そんなジョナサンを「追放」したり、今度は「崇拝」したり(でも新しい飛び方を試そうとはしない)する群の描写が風刺がきいて面白かった。
日々の単調な行動にばかり捉われていて、「〜したい」を忘れてはいけないなと思う。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/10/22 20:31

4章が追加された完全版。ジョナサンが神格化されると聞いていたのでどんな結末になってしまうのかと恐る恐る読んだけれど、読んでよかった。
自由の本当の意味をずばり突き付けてくる4章でした。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.