サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕は友達が少ない 7(MF文庫J)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-066414-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕は友達が少ない 7 (MF文庫J)

著者 平坂 読 (著)

羽瀬川小鳩の誕生日パーティーも無事に(?)終わり、ふたたび学園祭に備えての活動を開始する隣人部のメンバーたち。紆余曲折の末、文化祭の出し物の内容は映画作りに決定し、脚本は...

もっと見る

僕は友達が少ない 7 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕は友達が少ない 7

626(税込)

僕は友達が少ない 7

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「僕は友達が少ない 7」が含まれるセット商品

僕は友達が少ない (MF文庫J) 全11巻完結セット(MF文庫J)

僕は友達が少ない (MF文庫J) 全11巻完結セット

商品説明

羽瀬川小鳩の誕生日パーティーも無事に(?)終わり、ふたたび学園祭に備えての活動を開始する隣人部のメンバーたち。紆余曲折の末、文化祭の出し物の内容は映画作りに決定し、脚本は夜空が担当することに。だが、やたらと小鷹との過去の関係を強調する夜空と他の女子部員たちとの間に不穏な空気が流れ始める。そんなおり、小鷹と星奈との間にも実は『特別な関係』があったことが発覚し、さらには隣人部のジョーカー、志熊理科までもが動き出す。大人気残念系ラブコメディ第7弾。リア充たちの祭典を前にして物語はついに佳境を迎える…かも。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現実とは戦って勝ち取るもの

2015/08/20 15:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

志熊理科のスカートが5センチ短くなった。理科は本気だ。また、新キャラとして生徒会役員の遊佐葵、日高日向が登場する。

 羽瀬川小鷹の妹・羽瀬川小鳩の隣人部による誕生会が終了し、小鷹は家族以外から祝われる誕生会の素晴らしさに気づいた。やっぱり友達は良い。隣人部の活動を頑張って、友達が出来ても大丈夫なようにしよう。改めてそう思う小鷹だったが、それに対し理科は何かを言いたいようだ。そう、それは読者の言葉でもある。
 学園祭の企画として、隣人部も何かをやろうということになった。紆余曲折の上、小鳩のクラスが映画を作るというので、それに触発されて映画撮影することになった。脚本は、以前、星奈レイプものを書いてきた三日月夜空が担当!しかし予想外に、柏崎星奈も納得の感動の出来栄えだ。楠雪村や高山マリアにも良い役を割り当てて、理科の技術を利用すれば、そこそこのものにはなるはず。だが、そこで高山ケイトの一言から、思わぬ疑惑が発覚する。


 ラブコメの主人公はなぜ鈍感か?それは何も気づかない方が、彼らにとって都合の良い展開が待っているからだ。選択をしてしまえば未来は収束し、あまたの可能性はひとつに絞られる。それを回避するための手段が、鈍感であることなのだろう。

 三日月夜空は小鷹と幼なじみであった過去にこだわる。柏崎星奈は理想の自分が生きる未来を夢想する。だから夜空は星奈と小鷹の間に過去のつながりの事実が発覚した時に動揺したし、星奈はそれが流されても自分で未来をつかみ取る自信があるから拘らない。
 そして志熊理科は現在を生きることに妥協せず、常に最良の選択を目指し続ける。理科だけは感情に流されず、空気を読まず、言いたいことを言う。それは彼女が強いからであり、今の小鷹には彼女のその強さに対抗できるだけのスキルがない。

 もはや何も気づかないふりをして生きられる楽園の時間は過ぎ去った。あとには選択の時間が待っているだけだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/24 21:54

投稿元:ブクログ

誕生日も無事終了して、次なるは文化祭。

映画、というまさかの選択。
そしてまさかの落ち(笑)
罰が『私は遅刻しました』並の、話にしか
出てこないような罰!w

地味に幼馴染枠の彼女があざとくなっております。
そして実は幼馴染だった彼女…の、父親の方が
非常に面白い事になってます。
どんな速度で走ったのでしょうか…見たいw

名前付きで、新キャラが2名ちょこっと出てきました。
そのうちまた出てくる、というフラグでしょうか?
体育祭の初っ端、で話は終了していますが
屋上での2人は…。
多分、恐れている事は、あれ、かと。

2015/03/06 06:08

投稿元:ブクログ

小鳩ちゃんとマリアがひたすら微笑ましくて可愛い。ずっとつっこみたかった核心に理科ちゃんが触れてくれたので、今後の展開が気になるところです。小鷹くん色んなところでフラグ建てすぎてて誰に転がるのやら…

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む