サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

「自分」の壁(新潮新書)
「自分」の壁(新潮新書) 「自分」の壁(新潮新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/16
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-610576-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「自分」の壁 (新潮新書)

著者 養老 孟司 (著)

「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい−。「バカの壁」から11年、養老孟司が脳、人生、医療、死、情報化社会等、多様なテ...

もっと見る

「自分」の壁 (新潮新書)

799(税込)

「自分」の壁(新潮新書)

648(税込)

「自分」の壁(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい−。「バカの壁」から11年、養老孟司が脳、人生、医療、死、情報化社会等、多様なテーマを語り尽くす。【「TRC MARC」の商品解説】

「本当の自分」よりも「本物の自信」を。「自分とは地図の中の矢印である」「仕事とは厄介な状況ごと背負うこと」―脳、医療、死、情報化社会、仕事等、多様なテーマを語り尽くす。目からウロコの一冊。【商品解説】

著者紹介

養老 孟司

略歴
〈養老孟司〉1937年神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。同大学名誉教授。著書に「唯脳論」「バカの壁」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー114件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

自分の壁

2014/08/04 21:25

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニーミネン - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間が意識的に作らなかったものと向き合うことの大切さ(=なるべく自然に接すること)を筆者は一貫して訴えている。自分の意識がすべてで、何もかもできると錯覚している我々ではあるが、昆虫一匹創れない存在であることを忘れがちである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いいと思う

2014/06/21 11:49

10人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:E(c) - この投稿者のレビュー一覧を見る

いいよ!
まだ、読んではいないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分探しは無駄!~人生の達観者の思索

2014/08/31 10:34

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

養老氏の「壁シリーズ」を、4作目にして初めて読みました。
 「自分」と他者を区別する「壁」とは何か。自然(生物学的見地)・政治・医療・ネット情報等の様々な視点からエッセイ風に思索していきます。そして、「なにかにぶつかり、迷い、挑戦し、失敗し、ということを繰り返すことになります。しかし、そうやって自分で育ててきた感覚のことを、「自信」というのです(221ページ)。」で終わりました。
 ・・・?「あれっ!この本は自己啓発本だったけ?」と、まえがきに戻って納得しました。「この本のテーマは、最近考えていること、といってもいいと思います。最初の主題はいわゆる「自分」という問題です。残りはなんとなくそれに絡んだ、さまざまな話題です」ということで、「自分」にかかる思索が、多様な切り口で語られていますので、ボーと読むと論点がわからなくなります。また賛同できる意見、できない意見が混在している本でした。

 私は前半の「自分の確立だの個性の発揮だのは、やはりそうたいしたものではない(28ページ」「個性を持って、確固とした「自分」を確立して、独立して生きる、などといった考え方が、実はまったく現実味のないもの(60ページ)」とし、共生の世界で育ってきた日本人にとって、「自分探しは無駄」と一刀両断にした意見にはまったく同意します。 
 ただ、賛同できる意見ばかりではありませんでした。例えば、「政治はまじない程度」とし無関心を煽っています(第7章)。愚かな政治は、結果として我々の生活に跳ね返ってきます。仮に政治に期待しないとしても、養老氏ほど枯れてしまったらダメですね。

 結局のところ、「自分探しなんて時間の無駄であり、世間との関わり合いの中で自分を鍛えなさい」というのが結論でしょうか。話題が豊富で、飽きさせない筆致。たいへん面白かったので、他の「壁シリーズ」も読んでみようと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/12 11:37

投稿元:ブクログ

モノを見る視点って多様的であればあるほど面白いものです。ところが多くの人は(私だって)自分の物差しと自分の視点が「常識」のように思っちゃいます。物差しは2次元的にものを計るけど、世の中はもっともっと多様的で3次元はもちろん、価値だって全然直線的じゃないって思わないといけないのでしょうね。
この本では、自己と言う領域の拡大を示唆してくれています。自己って自己なんだけど、実は大きな地図の中での矢印なんだと(お釈迦様の手の上のような話だなあ)。
でも、全体的にはもう少し内容的にこなれていたらもっと面白かったような気も。読む側も整理しながらよまないと、胆の部分を確実に手に出来ないような印象もありました。

2014/12/20 19:31

投稿元:ブクログ

これは面白く読めました。前に読んだ2冊に比べてですが。
内容も比較的主題に沿っています。
著者本人の実体験等が綴られていて、なるほど~と思いました。

2015/09/07 01:04

投稿元:ブクログ

エッセーという感じでさくさく読めます。
ちょっと前にアウトデラックスに出演されていて、
その時にも「制御できないもの」の話をなさっていた。

毎日Yahoo!知恵袋を見ると、「高校生です、私には
夢がありません」なんて悩みをよく見る。
そういう人にこそ読んで欲しい。
「就職活動で何十社も落ちてうまくいきません」という学生さんにも読んで欲しい。

2014/07/01 22:14

投稿元:ブクログ

激しく同意する部分も、同じくらい反発する部分も、すべて内包しているけれど絶対に面白い。「老後は子供の世話にならない、とは、子供を育てない(育児放棄)と同じ理論」「情報収集=メタメッセージも同時に収集している」「世間を良くしたい、と本気で考えるなら、まず世間に入らねばならない」変わりゆく世間のなかで、平衡感覚と、確固たる矢印であるところの「自分」を持ち続けた人だけが提言できる諸説を、若輩者も垣間見られる至福の本。

2015/10/01 10:37

投稿元:ブクログ

「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。

著者の主張する「参勤交代」はかなり無理がある提案だと思いますが、「自分探し」なんてムダなこと、というのは読んでいて気分が楽になります。

日本文化は欧米に比べると、世間で「自分」を主張していないけど、その分「思想は自由」だという考えは、とても納得できたし面白かった。
また、「政治は生活と関係ない」というのも、面白い考え方だと思った。

2015/03/29 13:08

投稿元:ブクログ

「自分」というものを確固としたもの、世界と切り離されたものとして、立てれば立てるほど、そこから出て行ったものに対しては、マイナスの感情を抱くようになる。さっきまで便はお腹の中にあった「自分」の一部だった。その時には別に汚いなんて思いません。でも、出て行った途端に、とんでもなく汚いものに感じられる。
世間に押しつぶされそうになってもつぶれないものが個性。本当の自分。
「世界とつながっている」と考えてみる。そう考えれば、福島第一原発の事故も、エネルギーの問題も自分自身の問題だと捉えざるをえなくなります。
ときに前提を疑うということが大切。前提を考えるということは、自分で骨組みを作る、ということにもつながります。
親孝行は、子どもに対して「お前はお前だけのものじゃないよ」ということを実は教えていた
どの程度の負担ならば自分の「胃袋」が無事なのか、飲み込む前に明確にわかるわけではありません。なにかにぶつかり、迷い、挑戦し、失敗し、ということを繰り返すことになります。しかし、そうやって自分で育ててきた感覚のことを、「自信」というのです。

2015/06/14 19:04

投稿元:ブクログ

オリジナリティを求めても仕方がない。世間と折り合うことを知る。世間並みを身につける

政治問題化して緊張した状態では、何か発言するといつも「どちらの味方なのか」だけで判断されるようになる。どちらでもない、という立場が許されなくなってしまうのです。

成果主義を突き詰めていけば、当然のことながらあまり仕事ができない人は不要になる。でも、結果的には自分たちの持っているマイナスを単に社会につけ返すだけです。

たいていの人はふらふら生きているものです。目の前のことをやるので精一杯。ただし、その精一杯をやっていくうちに時折世の中に役立つ、世の中を変えることにつながることも出てくる、それくらいでいいのではないでしょうか。

人間の脳は墜落をしようとします。
現実を単純化して考えようとする、ということです。ネットやケータイのようにノイズが少ない情報は、脳に取っては楽です。だからみんながそれを好むわけです。

得意なことだけをやると、不得意な面をどこかに置き去りにしていくことになる。それは何か具合が良くない。

2014/07/31 20:36

投稿元:ブクログ

つらつらいろんなテーマについて述べられてる。参勤交代制度だとかぶっ飛んだ提案があったり、全体に統一した主張みたいのが見当たらないのが物足りない気がしたんだけど、まぁそれすらも本書が訴えたかったことなのかも。
メタメッセージってのが面白かった。例えば新聞で取り上げられる順番に重要性をリンクさせて考えてしまったりだとか。
世間だとか自然だとかの一部としての自分をもっと意識してみて、個を主張する必要があるんかってのが大きなテーマだと思うけど、どうなでしょうね。

2014/08/05 18:58

投稿元:ブクログ

哲学的な所もあるが、基本的に昆虫や解剖学者として生きてきた中で学んだ事を中心に自分中心で考える現代の問題について書いている。

「お前は、お前だけのものではない」と言う考えが希薄になり、自分が良かったら他人がどう思っても関係ない、迷惑かけても構わない。そして、自分なんて価値が無いから死んでも構わないと考えて起こした事件を
ニュースで見ると、なんて馬鹿なんだろう。と思ってしまうが、この本を読んでいると、自分もその考えが全くない分けではないと感じた。

印象に残ったのは自分とは、地図の現在位置を示す矢印位の役割でしかないと言う話。
脳卒中になった脳神経解剖医の体験で、自分が固体から液体になる感覚についてはなしている。境界線があいまいになっていくと言う事の様だが、非常にインパクトのある話だが、実際に自分の感覚として分からなかった。

また死には3種類あると言う話の中で、一人称の死、二人称の死、三人称の死についての説明で私達にとって「死」とは二人称の死だけだと言う話はなるほどと思った。

2015/05/24 13:43

投稿元:ブクログ

養老さんの本は頷ける点が非常に多く、共感も大きいため、自分は養老さんに似た人間なのかなぁと思っていた。しかしこの本を読んでそれが全く違っていたことに気がついた。養老氏は「奇人」という言葉を使う。うまく社会のルールになじめない人、それが「奇人」。そういう人は生きづらい事にまっちゃうわけだ。従って一般の人は、「楽」をするには世間に合わせることをする。しかし、養老氏はその「楽」を嫌う。「楽」でない道を選ぶことで、そこに「自分」が現れる。「自分」を探す必要はない。いわゆる世間とのずれが自分なのだと。うーむ、魔から鱗。

2016/06/22 09:20

投稿元:ブクログ

「壁」についての考察。日本には「壁」の権威がいるじゃないか!と、とうとう3冊目。

この本は「壁」というより日本人考察のようなもの?先生、なんか難しいんですけど?
元祖(バカの壁)に比べると壁が良く見えなくなってきた・・・と読み進めたけれど、終わりに近づき大団円。次第に雲が晴れて、わかってきた(ような気がする)。

濃いぃ性質の家族を念頭に浮かべるとわかる。
どんなに厳しく躾しても、どんなに世間の波が冷たくて荒くても、その時々に応じて変わる人としての自分の対応の一方で変わらない、治らない性質を持つ我々。
なるほどー!それが個性って言うんだ。

突出した性質を自分の中に求めなくても、言葉の通じないような外国行って自分探しをしなくても世間の波に負けずに生きてさえいれば、それが個性なんだ。ちゃんと輝きだす。

センセイのこの本のしめくくり、最後の言葉
“そうやって自分で育ててきた感覚のことを「自信」というのです”

感動。この気持ちを感動と言わずに何と言おう。「壁」を乗り越えられた感、満載です。
(まだ壁はそびえてるけど)

2014/09/01 08:18

投稿元:ブクログ

久しぶりに図書館ではなく書店で購入しました。
養老先生の本ははじめてです。
バカの壁で有名な先生ですが、
私の認識では 池田清彦先生の虫取り友達 というイメージです。

さて、
池田先生の本を読んでいると、養老先生の本はわかりやすいです。
池田先生の本は本当に難解で、完全に理系!な感じがしますが、
養老先生は理系なんでしょうが、わりと文系の考え方に近いので入り込みやすいです。
池田先生が理系虫取りオタクなのに対して、養老先生は文系虫取りオタクだと思います。
理系のオタクは自分がオタクであることを知っていても特に興味がなく、
文系のオタクは自分がオタクであることに若干〜最大級の劣等感みたいなものを抱いてます。
たぶん。(仮説)
そう思って読み進めると、オタクの苦悩が伝わってきます。(あ、そういう本でないです。)

特に面白かったのは、
ネオダーウィン のことです。
ダーウィンの進化論なんて、常識中の常識で、まさかダーウィンに異論を唱える人がいるなんて、池田先生の本を読むまで知らなかったんですが、確かにおかしいんです。納得いかない部分が所々あるんです。
そこが欧米人と日本人の違いです。
日本人は、へー、ほんとだ〜。ダーウィン、おっかしい〜

(そんな軽いもんじゃないんですけど)


で済むんですが、欧米人はそうはいかない。
なんてことを言うんだ!!!
ダーウィンをうっかり否定すると、もう欧米諸国では生きていけないことでしょう。

それがどういう感性の違いなのか。西洋人、東洋人、日本人。
良い、悪いではないんです。結局。2択ではないんですよ。(かといって3択でもないんですよ)

西洋は町並みが統一されていて美しいけど、日本ってバラバラで好き勝手な家を建ててるでしょ?
その意味もこれ読んでわかりました。

ね、興味が湧いてきましたでしょ?
聞けば納得。

あと、医師の近藤誠さんの「がんと戦うな」のことに関した記述も
池田先生の考えと照らし合わせて読むとおもしろいです。

そうそう、自分探しの旅をしている「おじゃる丸」の「ふらふらのケンさん」。
この本を読ませてあげたい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む