サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. プログラムは技術だけでは動かない プログラミングで食べていくために知っておくべきこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

プログラムは技術だけでは動かない プログラミングで食べていくために知っておくべきこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/05
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-6523-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

プログラムは技術だけでは動かない プログラミングで食べていくために知っておくべきこと

著者 小俣 光之 (著)

プログラマとして活躍するためには、「技術力」以外の「プログラマとしての仕事力」こそが大事。長年プログラマとして仕事を続ける著者が、見たこと・経験したことなどをもとに、そう...

もっと見る

プログラムは技術だけでは動かない プログラミングで食べていくために知っておくべきこと

1,814(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

プログラムは技術だけでは動かない ~プログラミングで食べていくために知っておくべきこと

1,814(税込)

プログラムは技術だけでは動かない ~プログラミングで食べていくために知っておくべきこと

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

プログラマとして活躍するためには、「技術力」以外の「プログラマとしての仕事力」こそが大事。長年プログラマとして仕事を続ける著者が、見たこと・経験したことなどをもとに、そうした力を身につけるヒントを示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小俣 光之

略歴
〈小俣光之〉日本シー・エー・ディー株式会社代表取締役社長。プログラマ。ネットワーク関連の製品・特注品の開発を中心に仕事をしている。著書に「プログラミングでメシが食えるか!?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/21 16:48

投稿元:ブクログ

購入。

プログラマは技術だけ磨いていればいいという人が多いらしいが、そんな人たちに向けて、技術はあって当たり前、その上で仕事として成立させることの大切さを説いている。

第1章にある「使う人のことを考えたプログラミング」のくだりはシステム開発などに携わっている方々に読んでもらいたい内容だった。他の章は著者の経歴の詳細版のようなもので、興味のある部分をつまみ食いしておけばいいように感じた。
販売することの大変さや知ってもらうことの大切さはどの業種でも通ずるものだろうから、プログラマだけでなく、どんな人でもうなずける部分のある本だと思う。

2015/02/02 21:23

投稿元:ブクログ

 SEの苦労話だけではない、別の視点でのプログラム稼業について述べられた本。ネットワーク技術等、知らないことだらけではあるが、顧客への姿勢や、協業、立ち上げなど、メカ系でも参考になりそうな視点はあった。細かい確認をどう効果的に実施するか?といった問題提起もあるので、何を考えていけばいいか、ということがすこし入手できてよかった。

2014/12/21 11:43

投稿元:ブクログ

最初の3ページ読んだところで、捨ててしまいたくなった。
理由は、単なる個人の考えであり、見方を変えれば、間違っていると感じたから。
ただ、読み終わってみたところ、やはり成し遂げた人の考えたことである。至る所で経験談をもとに考えを補足しており、なるほどなと感じさせられる。
最後の最後まで、一貫して考えが曲がらない本であったが、暇なときに読むにはいいと思う。

2014/07/28 15:32

投稿元:ブクログ

 目的を達するには手段は選ばず。自分の自己主義な世界を押し付けるのではなく何を欲しているのかそれを見極められることがそのだけではに含まれるのだろう。

 物事を進めていく前庭には根本的な下地も必要なのではないかとも感じる。技術がなくてはうまくいかず技術だけでも動かないとても微妙なバランスが必要だ。

 結局は自己満足で終わるかそうでないかで勝負がつくそういうわけかな。

2014/06/19 23:20

投稿元:ブクログ

タイトルにプログラムと入っているが、プログラムの話はほとんどなく、自らの体験談をもとにしたビジネスの仕方について話した本。

この内容なら、多分プログラムを商売にしていなくても、それ以外の技術系の人でも当てはまるはず。

個人的には説教臭い感じが鼻について、あまり楽しめなかった。

2014/10/02 19:51

投稿元:ブクログ

「オタリーマン」のもうちょい社交的な感じか。個人の経験としてのIT業界あるあるという感じで、手軽な読み物ではあるが何か具体的に役に立つというものでは無いだろう。

2014/07/27 16:15

投稿元:ブクログ

製品開発、多重請負を含む受託そして派遣とプログラマとしての経験を積みつつ営業やマーケティングにも触手を伸ばし現在はプログラミングする社長として活躍する著者がプログラマに贈る指南書だ。

『「指示通り作ればよい」というプログラマの時代から、「プログラマが自らビジネスに関与していく」時代になったと言えるでしょう。「プログラムを作ることができる」という自分の特殊技能ををもっと誇りに感じ、積極的にビジネスに関わっていく姿勢が、これからのプログラマに求められるでしょう。」』は全く持って同感。

著者が作って売れなかった製品として挙げているなかに、「Web負荷試験ツール」というのがあったが、これは私も同じようなものを自社で使うテスト用に作ったことがある。製品として売るなどとは考えが及ばなかったので、欲しいと言われてあげてしまいましたが。。。元プログラマにはあの作る喜びを思い出させ、復帰を企てたくなる一冊でもある。

2016/04/03 20:37

投稿元:ブクログ

2014年刊。この1行◆【引用メモ】仕事でのコミュニケーションでは、相手の問題を指摘しなければならないことがあります。当然、逆に指摘されることもあります。そのような時の「相手をいらつかせないような指摘の仕方」「感情コントロールができるかどうか」がポイントだと思うのです。(中略)基本的には「背景をきちんと説明すること」でしょう。「この指摘はあなたの人格を否定しているのではなく、業務として必要なことだから」という「基本的にあなたの協力に感謝しているうえでの指摘」という気持ちを伝えることが大切です。(p.91)

2014/06/29 23:03

投稿元:ブクログ

いつも著者さんのブログを読ませてもらってて、その方が書いた本ということで手に取ってみました。

自分も以前はプログラマだったのですが、畑違いではありますが共感する点が非常に多かったです。

私の場合はゲームプログラマだったので、ディレクターが求める最終目標は「面白いゲーム」「遊んで楽しいゲーム」という点。要求された仕様よりもより良いアイディアが浮かんだらそれ“も”提案しましたし、技術的に難しい要求があったら「できない」と一蹴せずに代案を、できれば原案よりももっと「面白い」「楽しい」と思われる案を必ず提案していました。

私はプログラマとしては三流以下の技術と知識しかありませんでしたが、それでもそれなりに評価してもらえたのは、そうした姿勢にあったと思っています。

結局のところプログラムは商品なので、顧客が求めるアウトプットが出せなければそれには価値が全くないわけなんですよね。もちろん趣味で作るものは別ですが、売り物として作るプログラムだったら買ってくれる人や評価してくれる人の視線を無視することは出来ないのは必然。

ともすると独りよがりなプロダクトになりがちなプログラムという分野。プログラマ自身が所謂「オタク」的な気質が強くて、自己満足的な価値観に陥りがちなのかもしれませんが、でも人に使ってもらってこそのプログラム。使ってくれる人が喜んでくれることこそが一番の評価だと思うんですよねー。

その点を再認識させられたと同時に、ビジネスマンとして食って行くにはどうすべきかという点について、自分が意識していなかった多くの点を学ばさせてもらいました。プログラマ以外の人にとっても、プロフェッショナルなビジネスマンとしてどうあるべきかを知るきっかけになる一冊になると思います。

2014/10/12 07:38

投稿元:ブクログ

受託開発においても見積りを行う前にまずプロトタイプを作成し、技術的な課題をクリアできていること、お客様に動作を見てもらえ仕様的な話ができることなど、自分の仕事でも使えそうな話が書かれていた。
頭のなかでのプログラミングでなく、常に改善、お客様の要求を考えたプログラムを実際に作成する、これは日々の業務が効率よくこなせていない人にとって、とても高いハードルと感じた。

2015/08/09 11:35

投稿元:ブクログ

プログラマに限らず一般的な仕事論として読める内容だった。いくら技術力が高くても「どうやって実現したか?」は自己満足でしかなく「何を解決したか?」が重要というのは言われれば当たり前だけど陥りがちだなぁ。相手をイラつかせない・自分がキレないコミュニケーション術も参考になった。

2014/11/22 23:10

投稿元:ブクログ

ちょうど自分がその世界で過ごした時期とほぼ一致しているので、臨場感があって身を持って分かることが多い。
確かにな~と納得することも多いが、今の時代の現役にどれだけ響くか・・・

2015/05/14 22:13

投稿元:ブクログ

プログラマの記録。
ウォーターフローが推奨されてる世の中だけど、現実はアジャイル的なところが多いのではと思っていたら、そんなことが書かれてました。
プログラミング経験が浅くてソフトウェア開発に携わる方であれば、読む価値あると思います。
歴戦の勇士的な方々にはおーそうですかくらいにいわれるかもしれないてすね。

2014/11/23 23:27

投稿元:ブクログ

著者の経験談にはなるが、自分の周囲の技術者も同じことを言っているので目新しい内容ではなかった。メーカーも含め技術力だけで食べてける時代が終わった。今後日本で作るだけの人の市場は減っていくのが目に見える。販促まで考えないといけない。作りたいなら語学を学び東南アジアに移住も視野に入れなければいけないと思う。

2016/02/21 18:25

投稿元:ブクログ

読み終わったー\(^o^)/
技術以外の仕事力についての書籍。
対話力・広報力などなどが必要なんです。

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む