サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. システムインテグレーション崩壊 これからSIerはどう生き残ればいいか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

システムインテグレーション崩壊 これからSIerはどう生き残ればいいか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/05
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:19cm/210p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-6522-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

システムインテグレーション崩壊 これからSIerはどう生き残ればいいか?

著者 斎藤 昌義 (著)

国内需要は先行き不透明。案件の規模は縮小の一途。下落する単価…。SIerはこれからどうすべきか? 現実を整理したうえで、これからのSIビジネスのあるべき姿、そしてポストS...

もっと見る

システムインテグレーション崩壊 これからSIerはどう生き残ればいいか?

1,814(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

1,814(税込)

システムインテグレーション崩壊 ~これからSIerはどう生き残ればいいか?

ポイント :16pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国内需要は先行き不透明。案件の規模は縮小の一途。下落する単価…。SIerはこれからどうすべきか? 現実を整理したうえで、これからのSIビジネスのあるべき姿、そしてポストSIビジネスへのシナリオを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

斎藤 昌義

略歴
〈斎藤昌義〉ネットコマース株式会社代表取締役。産学連携事業やベンチャー企業立ち上げのプロデュース、営業組織改革支援、ビジネス・コーチングに従事。「ITACHIBA(異立場)会議」を企画・運営。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.5

評価内訳

2014/06/08 20:02

投稿元:ブクログ

「現行の」システムインテグレーション事業が崩壊することをメッセージしている本書。
どう生き残るかについていくつか示唆していたが、うちの会社の取り組みが思ったよりそのシフトに沿っていたことに驚いた。
とはいえ、課金スキームや要件と実装の関係性の変化に関する顧客教育という、大きなハードルをまだ越え切れていないので、うちの会社としてもシフトはまだまだだと思うけど。
アジャイルを推奨する文脈があったが、伝統的な情報システム管理スキーム(ウオーターフォール型ベース)が、運用に組み込まれている会社がどこまで許容(変化)できるかが、今後の課題かと思う。
開発スピードが加速し、運用混じりの検証が継続的に(サイクリックに)進み、どこまで実現すればよいかの線引きを都度明示できるような、CIOや情報システム部門担当者なんて、どれくらい増えるんだろうか・・・?
「アジャイル開発を請け負いで」と主張する意図はわかるけど、過渡期である当分の間は、顧客理解に必要なリソースが凄そうだなあ。
ベンダー(クラウドインテグレータやクラウドアダプター)の営業やPMも、かなりの力量を持たないとハンドリングできないし。
行きつくところ、人材(Skilled resource)の変革が根底課題ってことになるのかな。
うむむ。。。

2015/01/03 01:05

投稿元:ブクログ

☆3
システムを売るのではなく、実現する顧客価値を売るという考え方に同意だよ。
自分たちのどこに顧客が価値を見いだしてくれているのかを再認識し、ぶれないように得意分野で魅せていきたいと思ったよ。また、顧客の既知の課題に寄り添うだけでは足りず、未知の課題を指摘し提案できる営業が必要、という点も同感だよ。どんな業界でも、きっとそんな仕事人が増えつつあるんだろうなと思う。

2015/04/04 22:59

投稿元:ブクログ

人事にとっても必要な要素がたくさんあってとても面白かった。

「アジャイル開発は、『業務上必要性が高い機能やプロセスを選別し、優先順位を決めて、そこにリソースを傾注することで、必要なシステムのみを作り上げよう』という考え方です。結果として、短期間、高品質での開発が実現します。」
「アジャイル型請負開発では、ビジネス価値、つまり、「業務を遂行するうえでなくてはならないプロセスを実現する機能」に絞り込んで開発すべき対象範囲を決めていきます。『必要かどうかわからない』『あったほうがいいかもしれない』というものは、対象から外します。」
「アジャイル開発は、システム開発の手法じゃないんです。システム開発の現場での働き方なんです。だから、そういう職場を作らなきゃいけない。それがなくて、手法だけ取り入れても、アジャイル開発なんてできません。」
「かつて『ソリューション』であったものは知れ渡り、何をどのように手に入れればいいか、優位性や差別化の視点を第三者にゆだねる必要はなくなりつつあります。『ソリューション』もまた、コモディティ化が進みつつあるのです。そうなれば、あとは価格や技術力を値踏みし、自分たちにとって最適なベンダーを選択し、組み合わせればいいだけの話です。ソリューション営業で差別化できる時代は終わり、次のステージに移らなければ、営業はその役割を果たせなくなります。」
「『変革という課題を快活するのだから、ソリューション営業と変わらないのでは」という意見もあるかもしれません。たしかに、広く解釈すれば大差ありませんが、両者の本質的な違いは『ニーズや課題が、既知か未知か』にあります。
「手段であるテクノロジー要素のひとつひとつがどんなに優れていても、プロセスの断片が正しくても、全体として事業目標を達成させるためのデザインがないビジネスは、お客様に魅力を感じてもらえません。新規事業のプロジェクト責任者は「ビジネスデザイナー」でなければなりません。」

2015/03/02 00:55

投稿元:ブクログ

タイトルについて、SIビジネスが無くなるということではなく、顧客価値と一致しないSIは崩壊するという意味と理解した。

クラウド・アジャイル・OSSといった、使い古されつつも、活用され尽くしていないキーワードを、顧客価値の向上・創造のための道具として語っている点が自分には新しかった。

SEの大部分がユーザ企業へ所属するアメリカと、SI事業社へ所属する日本の違いなど、様々な壁はある物の、工数を人日で計算する仕事の害悪は顕在化しているので、価値のある内容だった。

2015/02/07 10:44

投稿元:ブクログ

『納品をなくせば、、』とセットでざっと読む。こちらの本はシステム導入環境と、情報システム予算の考え方にも章を割いている。
あとは、自社の現在の顧客対応と並行していかにシフトしていくかを考えるのみ。

2015/03/25 23:16

投稿元:ブクログ

「ソリューション営業」は終わり「イノベーション「営業」でなければならないとかいい言葉はいっぱいあったが、個人的にアジャイルとかスパイラルという言葉に嫌悪感があるので★は1個しか付けられなかった。

アジャイルとかスパイラルがなんで嫌いかというと、濃霧の中突き進むシステム開発の方便として使われるから。
家を建てる時に、まずリビングを作って、次にキッチン、と順番に作っていく人はいないはずなんだけどな。
某国では出来上がってからエレベーターがないことに気が付いたマンションがあるらしいが。

2014/07/10 12:33

投稿元:ブクログ

技術的にとがる(クラウドでコスト削減、モバイルファースト開発とか)か、業務的にとがる(顧客以上に顧客の業務に詳しい)とか、求められる付加価値のハードルがあがってきているのを感じた。

2014/11/24 22:16

投稿元:ブクログ

既存のシステムインテグレーションでは生き残りは難しく弊害もあるので、 どのように変わっていかなければならないかという本。

そういった状況で、徐々にシステムインテグレーションも変わっていくとは思うのですが、金融、公共分野では今のままのシステムインテグレーションが残ってしまうのではないかとも考えました。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4777968.html

2014/06/16 01:34

投稿元:ブクログ

要するに、自分たちのやり方を前提にビジネスを行うのではなく、顧客にとっての価値を高めるという観点で、仕事のやり方を変える(ひいてはそれが自分たちにとってもためになる)というお話か。

話としては面白いけど、契約とか予算とかの制度的にどうにもならない面もあるから、いまいち現実味のある話として読むことができなかった。

2015/01/06 11:37

投稿元:ブクログ

ユーザサイドへの、エンジニアの雇用比率があがらないと。でもそうなるためには、Specialistの横の移動が当たり前に。

2014/09/30 19:22

投稿元:ブクログ

まあ、連載読んでる人は、焼き直しなので、新鮮味ないかもしれませんね。

私は連載読んでないので、充分楽しめました。

クラウドによるサービス
アジャイル
等々
ビジネスモデルは、変わる部分とそうでない部分とを、併せて進めないとですね

分かりやすい図解も多いので、Kindle以外で読むのが良いかも

2014/07/16 08:33

投稿元:ブクログ

20140716 タイトルに惹かれて買ってしまった。同じ環境にいる人間の一人として共感できる部分が多い。読んでこれからどうするか考えて行動まで行かないと食って行けなくなるような気がしました。後はそれぞれの意識の問題かも。

2016/05/04 14:38

投稿元:ブクログ

先輩の勧めで読了。面白すぎてスイスイ読んでまいました。SI業界に従事してる人は読んで損なしな良本です。感じるところは人それぞれかと思いますが。

2015/11/25 00:08

投稿元:ブクログ

変化の激しさに対応するためにアジャイル開発を。
IT投資が、減る中クラウドやOSSでコストを抑えることでその分IT投資を。
作るから利用するにシフトを。
お客様のCEOに近い立場で。

何年か前から海外で流行ってるものがそのままきた感じ。
流れがまとまっておらず読みにくかったですが、言ってる内容はそのとおりでした。

2014/06/08 19:52

投稿元:ブクログ

SIビジネスに内在していた構造的な問題がテクノロジーの変化により露見しSIビジネスは崩壊する。そこでポストSIビジネスを成功させる五つのカギとして、サービスビジネス、クラウドビジネス、OSSの活用、グローバル対応、新たな役割と存在意義を挙げ、その方向性を指し示す。

うがった見方をするとご自身のコンサルティングビジネスのマーケティングとも取れなくも無いがm(_ _)m、基本的な方向性としては著者のご講演を拝聴したりブログで勉強させて頂いていることもあり全く違和感は無い、また、SI企業が陥りそうな「できない理由」にくぎを刺しているところなど、著者の豊富なコンサルティング経験をならではと言える。

ひとつ気になったのは次に引用する部分、この日本文化を尊重するあまり、悪しき部分最適がまかり通って企業そして日本経済の全体最適が阻害されているのではないだろうか。
『「現場の主体性に大きく依存し、現場を信頼する」日本と、「現場は管理統制の対象と考える」欧米のどちらがいいか、悪いかといった、優劣の問題ではありません。文化の違いです。ただ、この違いを理解せず、システムの選定を進めることは、結果として大きな失敗を招くことになります。』

中小零細のSI企業は元々薄い利益で食い繋いできたところも多く、資金力、人材などは厳しいところが多い、その場合は本書でも言及されていますが、他社との協業、共創などが有効な手段になりそうです。もし身近にそのような会社が無い場合はIT企業のNPO団体などに加入するという方法もありますね。

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む