サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

一私小説書きの独語 随筆集
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110682-2
  • 国内送料無料

紙の本

一私小説書きの独語 随筆集

著者 西村 賢太 (著)

韓国の書店で受けた衝撃。地震から一年後の決意。敗北感を抱いた、同年の漫画家。私小説や藤澤清造への思い。横溝正史原作の映画について。そして、自らの半生。新無頼派の第三エッセ...

もっと見る

一私小説書きの独語 随筆集

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

韓国の書店で受けた衝撃。地震から一年後の決意。敗北感を抱いた、同年の漫画家。私小説や藤澤清造への思い。横溝正史原作の映画について。そして、自らの半生。新無頼派の第三エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

韓国の書店で受けた衝撃、地震から一年後の決意、敗北感を抱いた同年の漫画家、私小説や藤澤清造への思い…。横溝正史原作の映画から自らの半生まで。静謐のなか、日々を綴ったエッセイ集第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西村 賢太

略歴
〈西村賢太〉1967年東京都生まれ。「暗渠の宿」で野間文芸新人賞、「苦役列車」で芥川賞を受賞。他の著書に「小銭をかぞえる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/28 22:17

投稿元:ブクログ

☆☆☆3つ

どうやらわたしはこの作家西村賢太がザクザクと出す新刊を今のところ全部読んでいるようだ。

『苦役列車』という本が塵芥まみれ賞を捕ったのはいつだったろう。
もう数年前の様な気がする。なのに未だにその塵芥のおかげでその後なにがどうなったのかに少しづつ触れながら進んでいく私小説ならぬ、今回はノンフィクション・エッセイらしい。

でもなんも変わらんぢゃないか。書いていることと文体は蛻(もぬけ)のいっしょ!
実生活も私小説もいっしょなのだ。という片文本人も「どっちがどっちでもイイヤ、あははは」と思っているのだろうなぁと感じた。

そしてわたしはなぜかそのどうでもいい本を読んでいる。今は別に他に読む本がなくて困っているわけでもないのになぁ。なんだか読んでるとある種の安心を感づる様なところがあるのだ。基本的に字は少ないし、ゆったりとした装丁なので直ぐ読み終えるし。

西村賢太の作品をづっと読んできて、やっと覚わった2つの漢字。それは「編輯(へんしゅう)」と「慊い(あきたりない)」 である。だが特には何の役にも立たない。すまぬ。

表紙がイイ。これは神保町あたりの古書店の並びなのだろうか。仔細はさぱりとわからぬが、手前にある「A型」に柱をもったガードレールといい、これはイイ!!

こんなものまで載せなければ本に成らないのかい、と思いながら、最終章近辺の横溝映画解説が存外に良かったりする。わからないものだ。再び、すまぬ。

2014/08/23 04:00

投稿元:ブクログ

女体に対する思いは灼けつけんばかりのものがあった。一日も早くマラを然るべきところに突き込む行為を成し遂げたくてジリジリとしていた。著者は最も学歴重視の風潮が昂まっていた時代の中卒。進学しないことを知ったクラスの皆から既に人生の落伍者と嗤われる。せめてものこととして女体ぐらいは進学した同級生よりも早く知りたかった。買淫を急いた理由はこの一心。弱冠15歳の決断が当時は矜持の立脚点となり著者を支えた。本作は私小説で脚色した部分と事実とを比較できる趣向となっている。筋も結末も分かっていながら読ませてしまう筆力にただただ驚懼。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む