サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/19
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/538p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-5023-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか

著者 ケイン岩谷ゆかり (著),井口 耕二 (訳)

スティーブ・ジョブズが亡くなったあとの、ティム・クックをトップとする新体制のアップルは、どのような道を歩んでいるのか、また、今後どのような道を歩んでいくのか。厳しく切ない...

もっと見る

沈みゆく帝国 スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

沈みゆく帝国

2,160(税込)

沈みゆく帝国

ポイント :20pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スティーブ・ジョブズが亡くなったあとの、ティム・クックをトップとする新体制のアップルは、どのような道を歩んでいるのか、また、今後どのような道を歩んでいくのか。厳しく切ないアップルの真実を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

アップルCEO、ティム・クックが名指しで批判した話題作!
「Haunted Empire」の日本語版。

元ウォール・ストリート・ジャーナルのエース記者であり、
スティーブ・ジョブズの肝臓移植をスクープした著者が、
約4年、200人以上に取材を重ねて明らかにした真実。

iPhone、iPadなど世界を驚かすイノベーションを次々生みだした偉大な企業、アップル――。
カリスマ創業者、スティーブ・ジョブズは自らとアップルをクレイジーな反逆者と位置づけ、
体制に逆らうイノベーターと見せてきた。
しかし、いつしかアップルは追われる立場となり、横暴な巨人と言われるようにもなる。

アンドロイドとの競合、特許闘争、今は亡き天才・ジョブズの影、
地図アプリへの非難、中国からの反発、生まれないイノベーション、きしむ社内――。

人々を魅了する帝国は苦悩し、輝きを失いつつあるのではないか。
このまま、沈んでいってしまうのか。

日本生まれ、米国育ちのジャーナリストが、米国、英国、中国、台湾、日本などで
約200人に取材した事実からアップルの過去、現在、未来を徹底的に明らかにする。【商品解説】

目次

  • 著者 まえがき
  • 序章 かつて私は世界を統べていた
  • 第1章 去りゆくビジョナリー
  • 第2章 ジョブズの現実歪曲
  • 第3章 CEOは僕だ
  • 第4章 在庫のアッティラ王
  • 第5章 皇帝の死
  • 第6章 ジョブズの影と黒子のクック
  • 第7章 中国の将軍と労働者

著者紹介

ケイン岩谷ゆかり

略歴
〈ケイン岩谷ゆかり〉1974年東京生まれ。ジョージタウン大学外交学部(School of Foreign Service)卒業。ジャーナリスト。ロイター、ウォール・ストリート・ジャーナル等に勤めた。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.4

評価内訳

2015/05/15 07:45

投稿元:ブクログ

ジョブスの伝記とかぶっている内容が多く通常の読了断念。ざっと速読しただけだが、ジョブスがいなくなったアップルからはもうイノベーションは生まれない。だからアップルは落ち目だといったことが書かれた本。あえて読まなくても良かった。

2014/09/01 00:39

投稿元:ブクログ

スティーブ・ジョブズ亡き後のアップルがどうなるかについての本。著者は日系の女性敏腕記者で、しっかりとした取材に基づいた本(日本語もできるが、本書は英語で書かれて、翻訳者により翻訳された)。ジョブズが肝臓移植手術をしていたのをスクープしたのが著者だという。アップル社から反論があって話題になったが、単にセンセーショナルさを求めた本ではない。ジョブズ後のフォックスコンの工場の労働環境の問題や、Samsungとの不毛な特許争いが関係者への取材を通して詳しく解説されている。

ティム・クックはうまくやっているが、「アップルの未来を描く人物としてクックが最良の人物なのか」というのが著者の疑問となる。たとえば第6章のタイトルは「ジョブズの影と黒子のクック」である。ジョブズがいる間は彼らは完璧な補完関係にあり、うまく行っていた。そして、ジョブズ亡きあと、幹部の間での綱引き含めて問題は鬱積している。実際にアップルを辞めてGoogleに行くものも多いらしい。

ジョブズは、クックへのCEO職の引き継ぎに際し、「僕だったらなにをしただろうかと考えないでほしい。ただ、正しいことをすればいい」とアドバイスをしたという。正しいこととは果たしてなんだろうか。会社の業績としては素晴らしい結果を出し続けている。起業価値もジョブズ後も増加している。それでも、著者は凋落の気配を見る。それは著者が過去その取材対象としてSONYの影を見ているからなのだろうか。「スティーブ・ジョブズ亡きあと、アップルは偉大な企業でいられるのか」と帯に書かれているが、正しくそれがわれわれすべてが知りたいところだろう。そして、結果として時がそれを教えてくれるにしても、先にそれを知りたいのだ。

2014/09/28 23:24

投稿元:ブクログ

ジョブズまで、を描いた本は多数あるが、ジョブズ後はなかなか分かりにくい。アップルに対しては悲観的な見方に終始しているので好き嫌いがはっきり分かれそうな内容ではあるが、最近の動向がよくまとまっており読みやすい

クリステンセンによると、大企業では創造的破壊が起きにくい。既存の製品の改良を際限なく続け、やがてそれはプラトーに達する(iphone にこれ以上の解像度もメモリーも速度も、向上すればもちろんありがたいが、製品の魅力をとても高める、というものではない)。そうしているうちに、粗悪な後追いとして出てきたもの(アンドロイド)がより一層のスピードで改良を続け、先行者を駆逐してしまう。ここで、ソニーが挙げられているのはややショックだが、アップルも同じ道を辿っているという。

ジョブズはクックに「僕だったらなにをしただろうかと考えないでほしい。ただ、正しいことをすればいい」と言ってCEOを引き継いだそうだが、クックはやはりビジョナリーではないと感じている人が多数だろう。失敗に対して容赦がないので、イノベーションが起こりにくい。
ジョナサン・アイブのデザインこそがアップルをアップルたらしめているものだと思うのだが、、、新体制になってからは、アイブがユーザーインターフェースも担当することになったそうで、次の製品を期待をもって待ちたい。

・カリフォルニアの州法では、新車は6ヶ月以内にナンバープレートを取得しないといけないので、6ヶ月ごとに同じ車をリースし、新車に乗り換えることでナンバープレートのない状態をずっと維持している。

2014/08/23 14:05

投稿元:ブクログ

ジョブズ復帰のアップルの最も大きな改革は、在庫整理と規格の統一、サプライヤーの重視など、「アタリマエのこと」をやり遂げたことで、これらは「良い戦略悪い戦略」に書かれている。

ジョブズやクックの人格やエピソードはアップル帝国の存立とほとんど関係ないと思われるし、中国工場の悲惨な労働現場の実態も、アップル一社の問題とはいえない。

いまいち焦点が合わないのに、非常に長い。

ノン・フィクションを謳い、しかし物語でまとめているテクストに、私が最近激しく嫌悪感を持っているからこういう感想になるのかもしれない。

2015/02/08 21:17

投稿元:ブクログ

すごい情報量。
Appleファンには耳の痛いエピソードばかりだが、否定できない。
Appleは筆者の言うように、かつて偉大な創業者を無くしたソニーのような普通の会社になってしまうのだろうか。

2014/07/30 08:05

投稿元:ブクログ

大作ですが、ティムクックのアップル七転八倒操縦物語と言うべきか。自分も会社のトップになって10年になるけど、経営トップは決断することが仕事のほとんどだと思います。経営(マネジメント)はナンバー2でも出来ますが、大きな決断はトップしか出来ないし、理屈では無いと思える今日この頃です。

2014/07/19 12:45

投稿元:ブクログ

(ジョブズが亡くなってから)一部の転職は「G2G」(Good to Great)と呼ばれている。ジム・コリンズが書いた『ビジョナリー・カンパニー2―飛躍の法則』の略称と同じだが、こちらは「グーグルへ行く」(Go to Google)の意味だ。

2014/09/27 20:26

投稿元:ブクログ

500ページ超もあるジョブズが死ぬまでと死んでからについてのアップルについての本。著者の名前が日本人っぽいので元から日本語で書かれた本かと思ったら翻訳本だった(アメリカ育ちだけど、日本語は分かるよう)。
ジョブズの車にはナンバープレートがついていなかったということを初めて知った。州法で購入後6ヶ月以内に取り付けるよう定められているようなのだけど、ジョブズは6ヶ月ごとに乗り換えていたらしい。ジョブズだからこそできることだな・・・。それと、ジョブズはWWDC2010でWi-Fiをすべて切るように言っていたらしい。いろいろすごいなこの人は。手術をすぐにしていれば今でも死なずに生きていただろうか(こればかりは、アホだろジョブズと思った。菜食主義とかはり治療ってなんだよと)。なお、死ぬ直前の最後の言葉は「うわぁ。うわぁ。うわぁ」だったとのこと。もうそれは言葉といっていいのかどうか・・・。苦しんで亡くなったんだろうなということが分かって悲しい・・・。
この本を読んで、フォックスコンという会社がすごいということが分かった。自殺者も出てるようだし、低賃金だと嘆いてる人もいるようだけど、これだけの規模の会社があるのかと驚いた。福利厚生も悪くなさそうだし、賃金や就業時間も改善していっているらしい。創業者のテリー・ゴウという人はアジアでは超がつく有名人なんだそう。知らなかった・・・。
たいして、サムスンはいろいろひどいと思った。製品はすごいのだろうけど、思想がいろいろひどそう。ただ、やっぱりこの会社もなんだかんだですごい。この本を読む限りではサムスンがアップルにとっての最大のライバルのようにも思えた。まあ、長いこと裁判で戦ってるしそう見えるのもしかたないか。なお、2012年末において世界のスマホ市場におけるサムスンのシェアは40%近くなのにたいして、アップルは25%なんだとか。日本にいると全くもって実感できないけど。
なお、ジョブズと違って現CEOのティム・クックはあまりお金を使わないようで、家も普通の広さだし車も中古らしい。下着はセールで買うのだとか。それと、ずっと独身でガールフレンドもいないよう。ゲイというウワサもあるらしく、ゲイ・レズビアン向けのアウト誌という雑誌のマニュアルパワー50というので3年連続1位なのだとか。なお、本人はゲイという噂を肯定も否定もしていないらしい。
最後の外村仁さんの解説は半分近くが著者についての話だった。すごい人らしい。なお、この本の原著はティム・クック自身が「ナンセンス」というコメントを出してるよう。話題になったんだろうなぁ。
アップルといえば先日、iPhone6が発売されて、iOS8も発表されたわけだけど、iOS8は不具合ばかりでまたもや「ジョブズがいたら...」とかなんとか言ってる人をよく見ますが、ジョブズがいなくなってからずっとこんな調子なんだろうなということがこの本を読んで実感しました。来年にはずっと噂になっていた腕時計型端末が発売されるわけだけど、どうなることやら。よくよく考えたら、ある意味Apple Watchがジョブズの死後初めての新製品となるのか。まあ、これだけ話題になってるうちはまだいいんだろうけど、これからど��なっていくか。

2014/10/10 10:26

投稿元:ブクログ

断片的には知っていた裏面がよくまとまっていると思うが,若干重複感が否めない箇所もある。

p.68の「ゴシラ」は「ゴジラ」のことか?
固有名詞なので「深せん」でなく「深圳」と書いて欲しかった。

2015/05/31 15:27

投稿元:ブクログ

ジョブズ後のアップルが輝き続けられるのか。タイトル通り、著者はその未来に否定的。兎にも角にも、世間を驚かすような製品を出せるかに尽きるだろう。

2014/09/14 11:54

投稿元:ブクログ

2014年6月刊。原題は "Haunted Empire"。500ページの大作。
一言で言うと「ジョブズのいない今のアップルはヤバい」という本。
前半はジョブズ晩年までのアップルの歴史を(一部では公式伝記よりもリアルに)描き、後半はクック体制になってからのアップルの「うまくいっていないこと」を、綿密な取材を元にザクザクと深堀りしていく。
巻末の訳者あとがきと、外村仁氏の解説がよかった。

◆【引用メモ】ジョブズは摩擦上等だったが、クックは協力関係とチームワークを大切にする。クックの方向性に応じて経営人の力関係にも変化が生じた。アイブに加え、キューや新しい Mac ソフトウェアのチーフ、クレイグ・フェデリギなど、頭がよくて気さくな人々の発言力が増す。ほかの経営幹部とどなり合いのけんかをすることで有名なシラーはトーンダウンし、落ちついたチームプレイヤーになった。(p.240)

2015/03/25 00:48

投稿元:ブクログ

ジョブズ亡き後2年間のアップルの動向を追うのに最適な一冊。沈みゆく、と題されてはいるものの、殊更に貶めている筆致ではなく、取材や事実関係に基づいた内容なのも良い。

執筆にあたり著者はソニーの落日を少なからず意識したという。イノベーションで世界を席巻した両企業の対比、そういう観点で読んでも面白い。

2015/01/24 15:24

投稿元:ブクログ

著者は敏腕記者で、ジョブスの様態や新製品をすっぱぬいた経歴を持つ。著者も日本語を使えるらしいが、英語が原著でそれを翻訳者が訳している。

一言で言えば、ジョブス亡き後のアップルという会社の2年間の興亡史であり、かなり悲観的記述が多いためか、アメリカのamazonのレビューは★1つか5つの両極端が多いそうである。CEOのクック、デザイン面のアイブ、多くの優秀な人材が、中国の工場の限界やサムソンとの裁判などで、少しずつアップルが疲弊していく姿がよくわかる。

今後、どのようになるのかはまだまだわからないが、現時点では神話化されたアップルの成長伝説はなかなか厳しいものである可能性もあると認識した方が良いと思った。しかし、500ページの大作を読むのには、少々骨が折れた・・。

2014/10/25 11:00

投稿元:ブクログ

たらたらと長々と話が続いて、後半まで集中が続かなかった。もう少しコンパクトにまとめることが出来ると思うんだけど・・・ で、果たしてこの先どうなりますやら

2014/11/17 22:26

投稿元:ブクログ

スティーブ・ジョブス亡き後のアップルの凋落の傾向を「沈みゆく帝国」と評し、ジョブス時代の詳細な調査から、その後を継ぐティム・クックをはじめとする副官たちのパーソナリティ、そして台頭するサムスンなどのライバル企業との市場競争を描きます。

まず、綿密な調査に基づくアップルのこれまでと現状分析については、知らないことが多く勉強になりました。そして「アップル=ジョブス」といった見方が未だに主流であるなか、これほどティムクックをはじめとするアップル全盛を支えた人々にフォーカスした日本語情報は多くないと思います。
最近カミングアウトが話題になったティム・クックのパーソナリティを知る上では貴重な一冊でしょう。
またサムスンとの訴訟の詳細も描かれており、新たな発見でした。

しかしその上で、少し冗長だとは感じます。序盤はジョブスについてある程度知っていれば既知の内容が多く、かつ長ったらしい。また、後を継いだティム・クックはこの本の至る所で批判の的となっていますが、その根拠が感情的に思えます。

アップルが著者の言うようにこのまま沈みゆくのかどうかはわかりませんが、日に日に読む価値が薄れてくる本なんじゃないかと思います。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む