サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

途上なやつら
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/06/07
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-004621-6
  • 国内送料無料

紙の本

途上なやつら

著者 まさき としか (著)

母親に置き去りにされた純矢があずけられたのは、正体不明の「絵に描いたようなデブ」である歌子のもと、落ちこぼれの大人ばかりが居候するボロ家だった…。【「BOOK」データベー...

もっと見る

途上なやつら

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母親に置き去りにされた純矢があずけられたのは、正体不明の「絵に描いたようなデブ」である歌子のもと、落ちこぼれの大人ばかりが居候するボロ家だった…。【「BOOK」データベースの商品解説】

どうやら僕はあの女に捨てられたらしい−。母親に置き去りにされた純矢があずけられたのは、正体不明の「絵に描いたようなデブ」である歌子のもと、落ちこぼれの大人ばかりが居候するボロ家だった。書き下ろし長篇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

まさき としか

略歴
〈まさきとしか〉1965年東京都生まれ。2007年「散る咲く巡る」で第41回北海道新聞文学賞を受賞。ほかの著書に「夜の空の星の」「熊金家のひとり娘」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/07/11 21:55

投稿元:ブクログ

小学生が主人公、さて読めるかな?
予想外に(-_^) 引き込まれて読了。

不思議な魅力の歌子さん宅に、只今、自立不可能な居候が集まって暮らす。 それぞれの家族の話。

歌子さんの魅力の秘密が 謎のまま、そこが残念です。

2014/10/03 09:30

投稿元:ブクログ

―第1章 夏―

どうやら僕はあの女に捨てられたらしい。

この一文から物語は始まります。
小学5年生の純矢はがサマーキャンプから帰ると
母親はおらずアパートはからっぽ。
置き手紙には
「・・これからは親戚の家で暮らしてくれる?・・」とあります。
書かれた地図から、万知田歌子の家へと向かいます。
そこには亀山太助、江口、歌子の母の政江も住んでいました。
純矢も加わり5人の奇妙な居候生活が始まります。
歌子と政江の気持ちのズレ
純矢と母親の価値観のズレなども面白く読みました。

2015/02/02 17:27

投稿元:ブクログ

自分にとっては非日常な人たちだけど、壁一枚隔てた先にはありそうな日常。
きっとどこかで目にしている人たちと風景。
私もまだまだ途上中。

2016/04/20 09:42

投稿元:ブクログ

小学生の純矢は、母カレンに置いて行かれ、預けられたのは歌子さんの家だった。

歌子さんは奇抜なファションの無愛想な巨漢で
家には歌子さんのお母さんの政江さん、居候の太助と江口さんが暮らしていた。

無職だった世間知らずでお人よしの太助。
会社の倒産、ホームレスへの転落、プライドを捨てられない江口さん。
食欲旺盛な老人、政江さんが繰り返す戯言、歌子さんの双子の花子さんの正体。
デブで冴えない人生を母のせいにしようとした、美容師の道を諦めかけた美留久。

うまくいかない現実を、何かのせいにして
現実逃避していた人たちが、歌子さんの家で共同生活をしていくうちに
本来の自分を認めていくまで。

歌子さんが抱えていたもの。

本当の歌子さんは自殺していたけれど、
母政江がショックでそれを認めたくなくて
死んだのは花子さんだと記憶がすり替えられて
花子さんはそれからずっと歌子さんになりすましている。みたいな。

双子の話ってちんぷんかんぷんになる!
久々に面白いな―と思えた本に会えたわ)^o^(

2014/08/27 16:54

投稿元:ブクログ

母親に置き去りにされた小5の純矢。
歌子さんという親戚の家で暮らすことになる。
その歌子さん、見た目が強烈個性的で、何も聞かない反面、余分なことは話さずの謎の人。
家にはなぜか「ダメな大人の見本」のような居候たちまでいる。

小5にして公務員志望、食べたものをいちいちお金に換算する妄想貯金、ものの見方も俯瞰的でドライな純矢。
そういう考え方になった背景を想うと悲しくなるのだけど、防風林の花子さん(幽霊)を怖がったり居候の太助が出ていくことに怒ったりするところに子供らしさが見えて少しだけほっとする。

居候たちや、歌子さんにライバル心(?)を抱く実留久ちゃんの抱えてきたそれぞれの過去とこれから。
どのお話も痛みを伴うものだけれど、歌子さんの隠された秘密・雅江さんとの関係がなんとも辛い。
純矢とは親戚だからというよりも、お互いの母親への感情や関係がシンクロしているからなんだか似ているのかもしれない。

純矢の母親のカレンは、ただただひどい母親だなぁと思うけれど、彼女の年齢が衝撃的でひっくり返って驚いて、そんな感情も飛んでいった(笑)

純矢にとって、母親を赦さなくていい選択の提示は救いになっただろうけど、きっと字面の通りにはならない。と思う。
大人になって母親を想う時、彼もまた迷子の顔になるのだろう。歌子さんのように。

2014/09/06 15:52

投稿元:ブクログ

まだ5年生なのにねぇ、本当はまだまだ親に甘えたい
年齢だろうに・・・ダメな母親を間近で見てたからか、
ずいぶんシッカリした子ねぇ純矢くん。

歌子さんも個性的で謎な人。無愛想さに威圧感がある。
住むところのない人を拾って(?)、黙って養ってる
ところには優しさも感じるし・・・。
居候たちもそれなりに気ままにやってるみたい。
不思議な感じ。

2015/08/20 21:15

投稿元:ブクログ

この小説は好きなタイプだった。
生活感があって、ダメな人ばっかで、不幸だけど、暗いだけじゃないし、最後は小さく変わろうとしていて、光がみえる感、良かった。
途上なやつらだなぁ。