サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

他人の思考の9割は変えられる
他人の思考の9割は変えられる 他人の思考の9割は変えられる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/05/23
  • 出版社: マイナビ
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8399-4980-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

他人の思考の9割は変えられる (マイナビ新書)

著者 與良 昌浩 (著)

「他人の思考は変えられない」はウソ。意図的に環境を変えることによって、人の考えはいくらでも変わる。企業風土改革に取り組んできた著者が、「他人の思考を変える方法」について解...

もっと見る

他人の思考の9割は変えられる (マイナビ新書)

918(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

他人の思考の9割は変えられる

617(税込)

他人の思考の9割は変えられる

ポイント :5pt / 紙の本より301おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「他人の思考は変えられない」はウソ。意図的に環境を変えることによって、人の考えはいくらでも変わる。企業風土改革に取り組んできた著者が、「他人の思考を変える方法」について解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

與良 昌浩

略歴
〈與良昌浩〉1974年生まれ。早稲田大学卒。人と組織の目的の創造および実現を支援する会社「株式会社もくてき」を設立し、代表取締役に就任。「ハタモク(働く目的)」主宰。日本橋学館大学非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/24 09:04

投稿元:ブクログ

「環境」を変えることで「他人も変わる」という趣旨の本である。「他人は変えられない」という言葉で思考停止している頭に新鮮な風を送り込んでくれた。
自己啓発本でよくある「他人は変えられない。自分は変えられる。」へのアンチテーゼというよりは、より良く自分が変わる時に「環境」に着目しそこに働きかけるという趣旨である。
某大手通信会社でのプロジェクトの話はイロイロな意味で興味深いのだが、何よりもハイ・パフォーマンスを出す人材についての考察に基づく本書には説得力がある。実際、問題を起こす人は自分で決めていないためエピソードの記憶がないのは実感する。
一番怖いのは、ほっとけば落ち着くところに落ち着く、悪くなるのだ。リーダーは「エントロピーの増大」の方向から秩序を生み出すことが求められる。そういう意味ではこの本は良い指南書であると思える。

2015/02/06 00:19

投稿元:ブクログ

えーと、まっとうなチームモチベーションについての本で、人間心理に関する本では無かった。表題はちょっとセンセーショナルにしたかったのだと思います。

***以下抜き書き**
・私が戦略コンサルタントだった頃、ある大手通信会社の人事制度構築プロジェクトでコンピテンシーベースの人事制度を策定しました。職種ごとに、常に成果を出す人(杯パフォーマー)と、平均的な社員50人にインタビューをして、違いがあるのか、あるとすれば何か、を分析しました。
事実確認法という手法を使ったのですが、これは「ここ数年で一番達成感のある仕事は何ですか」という質問からスタートします。その内容が出てきたら「それはどんなことから始まりましたか」「それが始まったとき、何を感じ、どう考え、何を行いましたか」「そして次に何を感じ、どう考え、何を行いましたか」といった事実を確認するための質問を繰返していきます。これを続けていくと、途中で違いが見えてきたのです。
ハイパフォーマーは事細かにすべてのシーンを覚えていました。数年前のことにもかかわらず、「そのとき誰々さんがこう言ってきたから、私はこう思ってこう判断したんですよ」と細部まで覚えている人までいました。
…はたしてこの違いはどこから生まれてきたのでしょうか。それは、ひとつひとつの判断ポイントにおいて「主体的に自分事として決めてきたかどうか」の違いでした。

・一人20分~1時間程度、4~8人グループで「ジブンガタリ」をしてもらう。
「小さい頃の自分」「これまでの人生で苦労したことや嬉しかったこと」「家族の話」「なりたかった職業」「好きなこと、嫌いなこと」「思い出に残っているエピソード」「人生の転機」「何を大切にして生きてきたか」「なぜこの会社に入ったか」など。ある程度語ったら周りの人が質問したりしながら、その人を主人公にして語り合う。
…だまされたと思って一度やってみてください。職場のメンバーの人生を知った状態で仕事をしていると、相手への思いやりが生まれ、日々の言動の理由や背景がわかるようになり、仕事も進めやすくなります。

・企業風土改革の現場などで、私は千人以上の働く人たちに「あなたは、何のために働いていますか?」と質問してきました。あくまで感覚値ですが、7~8割の人が「考えたことがない」「生活のため」と応えました。一方、残り2~3割の人はその人なりの考えを堂々と語り、その言葉や表情から明らかに彼らが仕事を楽しんでいることが伝わってきました。

・対話の場で話される内容を4つの領域に分けてマネジメントする。
縦軸は「抽象的」か「具体的」か、横軸は「本題」か「脱線」かで区切る。
「抽象的」→例えば?→「具体的」
「抽象的」←つまり?←「具体的」
「本題」→他は?→「脱線」
「本題」←そもそも?←「脱線」

2015/03/15 22:15

投稿元:ブクログ

他人を変えるには、環境を用意すること。
成功の反対語は失敗ではない。成功のプロセスが失敗。
尊重しえくれる、貢献している、成長している、つながっている
働くモチベーションパターン:アントレプレナー、クラフトマン、サラリーマン、サポーター
HowとWhyの4象限
上下30歳の友人を持つ
変わるためには、時間を変える、環境を変える、付き合う相手を変える
成功↔失敗 ではなく 失敗→成功

2015/01/27 22:02

投稿元:ブクログ

企業風土改革に取り組んできた著者が、「他人の思考を変える方法」について解説。
タイトルはちょっと怪しく感じたが、企業の管理職であれば実践したいノウハウがたくさんあると思う。

2015/07/09 14:14

投稿元:ブクログ

読みやすさ  :★★★★★(とても読みやすい)
分かりやすさ :★★★★★(とても分かりやすい)
内容の充実度 :★★★★★(大満足)
全体のまとまり:★★★★★(よくまとまっている)
費用対効果  :★★★★☆(買って読む価値がある)
読後感    :★★★★☆(モチベーションがあがる)

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む