サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. イラク戦争は民主主義をもたらしたのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

イラク戦争は民主主義をもたらしたのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/07/10
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/203,40p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-07833-3
  • 国内送料無料

紙の本

イラク戦争は民主主義をもたらしたのか

著者 トビー・ドッジ (著),山岡 由美 (訳)

憲法制定と選挙。民主的制度の構築は進んだが政治は腐敗と暴力の渦中にある。責任はどこにあるのか。イラクは再び中東の火種となるのか。イラク戦争の「戦後」がわかる簡潔な一冊。【...

もっと見る

イラク戦争は民主主義をもたらしたのか

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

憲法制定と選挙。民主的制度の構築は進んだが政治は腐敗と暴力の渦中にある。責任はどこにあるのか。イラクは再び中東の火種となるのか。イラク戦争の「戦後」がわかる簡潔な一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

開戦から丸10年。国際的関心が薄れる間も、イラクは着実に一定方向へ進んできた。そして今、新たな独裁化に向かっている可能性がある。「まるでシェイクスピア劇のような」その展開を高い客観性と分析力で報告したとして、本書は『エコノミスト』誌の2013年ベストブックスに数えられた。著者は国際戦略研究所シニアフェロー(中東政治専門)。イラク戦争総括としてベストかつコンパクトな一冊。【商品解説】

目次

  • 序/地図 第1章 暴力の推進要因 第2章 反体制暴動から内戦へ――暴力の担い手たち 第3章 アメリカの政策と対暴動ドクトリンの復活 第4章 行政と軍事的能力の再建 第5章エリート間の排他的な取り引きと新しい独裁主義の高まり 第6章 攻守の逆転――中東におけるイラクの役割の変化 結論 

著者紹介

トビー・ドッジ

略歴
〈トビー・ドッジ〉ロンドン大学東洋アフリカ研究学院より博士号取得(イラク政治)。国際戦略研究所シニア・コンサルティング・フェロー(中東地域)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス国際関係学部教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/02 16:13

投稿元:ブクログ

国家が消滅すると社会的なものであるt行政のものであるとを問わず、権威機構の能力と正統性が急速に消失する。それまで国家の政治経済が機能していた地理的領域は拡大すると同時に収縮する。国家が行政能力と強制力を失うために国境の意味が薄れていく。

体制転換後に作られた国家は脆弱であり、このことが紛争の根源をなしている。国軍を解体したため、占領軍で利用できる兵員がいなくなり、イラク南部と中部に治安の真空状態が生まれた。この真空にさまざまな勢力、内線の発生に責任を負うべきものたちが入り込んだ。

2015/02/13 08:54

投稿元:ブクログ

原題:IRAQ: From War to a New Authoritarianism
著者:Toby Dodge(政治学、イラク政治)
翻訳:山岡由美

【目次】
序――未来の展望
主権国家イラク/戦後の安定性を測る/不安定状態と暴力の原因/中東地域および地球規模でのイラクの重要性/岐路に立つイラク

第1章 暴力推進要因
イラクに内戦を引き起こした社会文化的要因/2003年以後の国家の脆弱性/エリート間の取り引きと戦後の政治/小括

第2章 反体制暴動から内戦へ――暴力の担い手たち
暴力の循環――2003年-07年/暴力を行使しているのは誰か/反体制暴動/暴力と勝者の平和/小括

第3章 アメリカの政策と対暴動ドクトリンの復活
対暴動ドクトリン以前のアメリカのイラク政策/対暴動ドクトリンの再発見/対暴動ドクトリンのイラクへの適用/「安バール覚醒評議会」「イラクの息子たち」「部族反乱」/ムクタダー・サドル、「特別な集団」への攻撃、マフディー軍/古典的な対暴動政策とその実践/小括

第4章 行政と軍事的能力の再建
軍隊の再建/米軍撤退後の治安機関/宗派のポリティクスと治安機関/マーリキーの権力拡大/行政機関の能力/2003年に始まった国家の再建/行政機関の現状/小括

第5章 エリート間の排他的な取り引きと新しい権威主義の高まり
エリート間の取り引きを打破する試み/2010年、再び排他的な取り決めが結ばれる/抑制不能なマーリキーの権力/マーリキーへの抵抗――首の挿げ替えを企てる/マーリキーの統治戦略とアラブの春/小括

第6章 攻守の逆転――中東におけるイラクの役割の変化
アメリカの影響/イラクとイラン/イラクとトルコ/イラクと湾岸諸国/イラクとシリア/小括

結論
暴力の要因と内戦再燃の脅威/民主主義の挫折と権威主義への移行/地域大国の勢力を抑えるもの/戦後の人道的介入

謝辞

イラク戦争後の国家建設をどう捉えるのか  山尾大
訳者あとがき 
原注
索引

外国の政治・行政 ランキング

外国の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む