サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. 脱!スマホのトラブル LINE フェイスブック ツイッターやって良いこと悪いこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

脱!スマホのトラブル LINE フェイスブック ツイッターやって良いこと悪いこと
脱!スマホのトラブル LINE フェイスブック ツイッターやって良いこと悪いこと 脱!スマホのトラブル LINE フェイスブック ツイッターやって良いこと悪いこと
  • みんなの評価 5つ星のうち 1 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/06/13
  • 出版社: 武蔵野大学出版会
  • サイズ:19cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-903281-24-7
  • 国内送料無料

紙の本

脱!スマホのトラブル LINE フェイスブック ツイッターやって良いこと悪いこと

著者 佐藤 佳弘 (著)

カキコの危険、アップロードの危険、サイト利用の危険…。スマホの利用者が直面する危険をあげ、「何が危険なのか?」と「どう対処すべきか?」を、できる限り専門用語やむずかしい言...

もっと見る

脱!スマホのトラブル LINE フェイスブック ツイッターやって良いこと悪いこと

1,350(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カキコの危険、アップロードの危険、サイト利用の危険…。スマホの利用者が直面する危険をあげ、「何が危険なのか?」と「どう対処すべきか?」を、できる限り専門用語やむずかしい言い回しを避けて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • ◎第1章「カキコの危険」
  • ◎第2章「メール、メッセージの危険」
  • ◎第3章「アップロード(掲載)の危険」
  • ◎第4章「ダウンロードの危険」
  • ◎第5章「サイト利用の危険」
  • ◎第6章「人体・健康への危険」
  • ◎第7章「その他の危険」

著者紹介

佐藤 佳弘

略歴
〈佐藤佳弘〉東北大学卒業。東京都立高等学校教諭などを経て、(株)情報文化総合研究所代表取締役所長、武蔵野大学教授。学術博士(東京大学)。著書に「わかる!伝わる!プレゼン力」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/08/05 18:23

投稿元:ブクログ

PVのダウンロードは著作権法に違反しない。
ネット通販はクーリングオフがない。
とにかくここに出ている内容は全て要注意。

2014/10/08 02:13

投稿元:ブクログ

見開き2ページで、様々な問題を解説。多岐にわたる項目があげられているが、それぞれコンパクトにスマホのトラブルがわかるようになっている。

2016/06/27 16:50

投稿元:ブクログ

帯文:”スマホは・・・危険!?” ”子供たちが被害者・加害者にならないために!”

目次:第1章 カキコの危険、第2章 メール,メッセージの危険、第3章 アップロード(掲載)の危険、第4章 ダウンロードの危険、第5章 サイト利用の危険、第6章 人体・健康への危険、第7章 その他の危険、column コラム

2014/10/24 23:58

投稿元:ブクログ

スマホ使用者からすれば、書いてあることは当たり前のことが多かったように思う。しかし、現代の若者、特にスマートフォンを持ち始めた未成年者は実践でスマホの使い方を覚えているのが現状だ。この一冊をスマホの危険性を語るきっかけとして使ってもよいのかもしれない。

SNS・ツイッター・フェイスブック・ブログ ランキング

SNS・ツイッター・フェイスブック・ブログのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む